ホームページの閲覧数を増やす、7つの超重要ポイント。

ホームページの閲覧数を増やす、7つの超重要ポイント。

ホームページ閲覧数を増やす、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、ホームページのアクセスが伸び悩んでいる方です。検索結果への対策と、閲覧開始後の対策に分けて、閲覧数の増やし方を説明しています。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページの基礎知識まとめ

なぜホームページの閲覧数を、増やすことが重要なのか?

あなたは、「ホームページの閲覧数を増やしたい」と考えて、このページをご覧になっていると思います。確かに、閲覧数(アクセス)を増やすことは非常に重要です。なぜなら、SEO対策の効果を最大限に引き出すために必要な、重要なアクセス施策だからです。

SEO対策は検索結果の上位に表示させる施策ですが、あくまでもそれだけの施策です。したがって、検索ユーザーにページを読んでもらうためには、さらに別の施策が必要になります。ホームページの閲覧数を増やす施策が重要なのは、そこに理由があるわけです。

では、どのようなやり方が必要なのかというと、検索ユーザーに対する心理的な対応です。つまり、技術的な話ではなく、心に訴える必要があります。なぜなら、読みたいと思うかどうかは、ユーザーの気持ちが影響するからです。

そこで、どうすればホームページの閲覧数が増えるのか、詳しく説明しましょう。

ホームページの閲覧数(アクセス)を増やす、7つのポイント。

それでは、ホームページの閲覧数(アクセス)を増やすポイントを説明します。ポイントは7つありますので、頭にしっかりと入れてください。

閲覧数を増やす、基本的な考え方とは?

最初に、閲覧数を増やすにあたっての、基本的な考え方を説明します。閲覧数を増やすには、大きく分けて2つの流れがあります。

  1. 検索結果の一覧で、選ばれるようにする。
  2. 閲覧を開始した後の、フォローをする。

1の「検索結果の一覧で、選ばれるようにする。」という施策は、差別化という意味があります。なぜなら、検索結果には多数のページが表示されるからです。つまり、ライバルが多いということなので、自分のページが選ばれるように、工夫する必要があります。

また、2の「閲覧を開始した後の、フォローをする。」という施策は、直帰させないという意味があります。なぜなら、せっかく選んでもらったのだから、みすみす逃したくないわけです。つまり、さらにもう1ページ読んでもらうという工夫をします。

このように、いうなれば入口と出口に対して対策をするという考え方です。

これから具体的な説明をしますが、まずは「検索結果の一覧で、選ばれるようにする。」施策についてご覧いただきます。

ホームページのタイトル(title)を見直す。

真っ先にやってほしいのが、タイトルの見直しです。ここでいうタイトルとは、HTMLの titleタグで囲まれている部分のことを指します。WordPressの場合は、エディタの最上部にあるタイトルのことです。この、タイトルを見直す必要があるということです。

なぜなら、検索の一覧にリンクとして表示され、ユーザーの目に最初に飛び込んでくる文字列だからです。つまり、タイトルに何を書くかで受ける印象が全く違ってきます。したがって、タイトルの出来がよくないと、目に入った瞬間に「読みたい!」と思えないのです。

具体的な書き方ですが、狙っているキーワードは先頭に持ってきて、その後にキャッチコピーのように言葉を続けます。例えば、うどんの記事を書いているからといって、『うどんの記事』というタイトルではあまりにも味気なくて、魅力を感じないでしょう。

せめて「うどんのおいしいお店をご紹介!」ぐらいにはすべきでしょう。このように、内容を的確に表現しながら、興味を引くようなタイトルになるよう工夫してください。

ホームページの説明文(description)を見直す。

次にやってほしいのが、説明文の見直しです。説明文とは、HTMLの metaタグのdescriptionに書かれた内容のことを指します。WordPressの場合は、エディタの最下部にある抜粋のことです。この、説明文を見直す必要があるということです。

なぜなら、説明文は検索結果のリンクの真下に表示されるからです。つまり、リンクについての説明なので、クリックするかどうかの判断基準として読まれます。したがって、ページについてわかりやすく説明していないと、「読みたい!」と感じてもらえません。

続いて具体的な内容ですが、簡潔にページ内容を表すように、以下のようなポイントを押さえた要約文にしてください。

  • 何を説明したページなのか?
  • 誰を対象としているのか?
  • 一番の売りはどこなのか?

といったようなことを説明すべきでしょう。なぜなら、単なる要約文だけにしてしまうと、興味がわかず読みたいと思えないからです。

ところで、説明文はタイトルとセットで考えるようにしてください。なぜなら、タイトルで引きつけられた検索ユーザーが、説明文を見て読む(リンクをクリックする)に値する内容なのかどうかを判断しているからです。このような感じで、説明文を見直してみましょう。

続いてここからは、「閲覧を開始した後の、フォローをする。」施策について説明します。

コンテンツを分かりやすくする。

コンテンツは、できるだけ分かりやすくしましょう。コンテンツとは、ホームページの内容のことですが、分かりにくいとユーザーが読むのを途中でやめてしまうからです。閲覧を途中でやめてしまうということは、続けて他のページを読む可能性が低くなってしまいます。

したがって、最後まで読んでもらえるようにするには、とにかくわかりやすくする必要があります。具体的には、次のようなポイントがあるでしょう。

  • ユーザーが必要としているテーマか?
  • 難しい表現が使われていないか?
  • 文章の論理構成がおかしくないか?

上記の3点は、最低限押さえておく必要があると思います。

特に重要だと思われるのは、ユーザーが必要としているテーマであるかという点です。なぜなら、知りたいことがあってユーザーは読んでいますので、思ったものと違えば、当然途中で閲覧をやめてしまうからです。他の2点はライティングテクニックの話ですので、難しくはないでしょう。

このように、コンテンツを分かりやすくすることで、閲覧途中の離脱をできるだけ抑え、さらにもう1ページ読んでもらうというやり方ができます。

コンテンツの発リンクを増やす。

発リンクを増やすということも考えてください。これは、文章中の重要語句や、分かりにくい言葉にリンクを設定して、他のページで詳しく説明するという意味です。なぜこうするのかというと、言葉が理解できないことを理由に離脱するユーザーを、減らすためです。

基本的には、難しい言葉を使わないほうが良いわけですが、それでも重要な語句は使わざるを得ない場合があります。そのような場合は、言葉そのものをリンクにすることで、「分からない方はリンクをクリックしてください」というメッセージにできます。

テクニックとして、リンク先を自サイト内のページにすれば、さらに別のページを読んでもらうことが可能です。つまり、自動的に閲覧数が増えるわけです。また、しっかりとした説明であれば、ユーザーの満足度を上げられますので、さらに「読みたい!」と思ってもらえるでしょう。

このように、あらかじめ語句そのものをリンクにしておくことで離脱するユーザーを減らし、自サイト内で移動させることが可能です。つまり、発リンクを増やすことで、閲覧数が増えるわけです。

コンテンツを、気付きがある文章にする。

コンテンツは、気付きがある文章にすべきでしょう。気づきというのは、「なるほど!」と思うことを指します。単なる説明ではなく、理解に感動が伴うということです。なぜこのようにするのかというと、感動があれば、さらに別のページを読もうと行動しやすくなるからです。

つまり、人を動かす原動力は「感動」だということです。気づきのある文章を書くことで、感動が生まれ、さらに「別のページをもっと読みたい」という想いに駆られるために、閲覧数が増えるわけです。具体的には、一般には語られていないことを伝えられれば、気付きになるでしょう。

例えば、「キリンは首が長い」とすれば一般的な話ですが、「キリンの首は、昔はそんなに長くなくて、馬ぐらいの長さだった」と説明すれば、あまり一般的ではない話になります。つまり、気付きがある文章になるわけですね。

このように、コンテンツは気づきがある文章になるよう、工夫してください。明らかに閲覧数が増えてきますよ。

無理やり気付きを作ろうとして、ウソを書くのはやめてください。何の得もありませんから。ちなみに、キリンの話は本当だそうですよ。

コンテンツの下部で、関連ページを紹介する。

ぜひやっていただきたいのが、コンテンツの下部で関連ページを紹介することです。これは文章の最後に、関連したページのリンクを設置するということです。なぜこのようにするのかというと、文章を読み終わった後に、さらにもう1ページ読んでもらうためです。

良い文章であれば、さらに関連した文章を読みたくなるものですが、その際に閲覧者に探させてしまうと、途中でその熱が冷めてしまう可能性があります。そこで、読んでほしいページを、こちらから先回りして紹介してしまうということです。

人によっては、「読みたいなら探すでしょう」と思うかもしれませんが、「こちらがおすすめです」と提示されれば、思わず興味を持ってしまうのが人間です。もちろん、無理をする必要はないでしょうが、関連したページがあるのなら紹介してください。

このように、コンテンツの下部で関連ページを紹介することで、さらにもう1ページ読んでもらえる可能性が高くなり、閲覧数を増やせますよ。

まとめ:気づきのある、良質なコンテンツを提供しましょう。

いかがでしたか?

ホームページの閲覧数を増やす、7つの超重要ポイントを説明しました。閲覧数を増やす基本的な考え方、タイトルを見直す、説明文を見直す、コンテンツを分かりやすく、コンテンツの発リンクを増やす、気付きがある文章にする、下部で関連ページを紹介する、などがありました。

一般的には、SEO対策だけに注目が集まりますが、これはあくまでも検索結果で上位に表示されるだけなので、アクセスを増やすという考え方が必要です。なぜなら検索ユーザーに、表示されたリンクをクリックしてもらい、1ページでも多く読んでもらいたいからです。

したがって、検索結果で自サイトを選んでもらうことと、閲覧を開始したユーザーに対するフォローが必要なのです。そして最も重要なのは、ユーザーに気付きがあるような、良質なコンテンツを提供することです。そこを忘れなければ、きっと閲覧数が増やせるでしょう。

以上、「ホームページの閲覧数を増やす、7つの超重要ポイント。」と題して説明しました。