ホームページで集客できない、確認すべき7点とは?

ホームページで集客できない、確認すべき7点とは?

ホームページ集客できないときに、確認すべき7点を説明します。読者対象は、ホームページ集客がうまくいっていない方です。単なる集客方法ではなく、集客できない原因をハッキリさせ、それに見合った解決策を説明しています。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページ集客の、基礎知識をまとめました。

なぜ、ホームページで集客できないのか?

あなたは、「ホームページで集客できないのはなぜだろうか?」と疑問をもったためにこのページをご覧のことと思います。苦労して作ったホームページなのに、反応が弱くて集客できないのでは、気持ちだけでなく経営的にもつらいですよね。

では、なぜガンバって作ったホームページなのに、集客できないんでしょうか? 実は、ガンバって作ったのが原因なんです。というと頑張りを否定してしまうので、もう少し正確にいうと、間違った頑張り方をしているんです。

そこで、あなたはどこを間違ってしまっているのか、詳しく説明しましょう。

集客できない時に、確認すべき7つのポイント。

それでは、確認すべきポイントをご紹介します。集客に影響の大きいものを7つ挙げますので、しっかりと頭に入れてください。

原因を特定する。

最初に原因を特定しましょう。ここでは2種類の原因を挙げますが、実はどちらも本質は同じあるところに気づいてください。

1.デザインだけに力を入れている。

非常に多いのが、デザインだけに力を入れている場合です。おそらく、ホームページを作成されている大半の方が、「ホームページと言えばデザインだ!」と考えています。ところが、それでは集客できないんです。なぜなら、デザインは検索順位やアクセス数などとあまり関係ないからです。

デザインは、ホームページを開いてみて初めて目に入るものです。つまり、アクセスした後に効果があるものなのです。集客とは、アクセスを稼ぐことですから、デザインをどれだけ頑張ってもアクセスが増えることはありません。

ではどうするのかと言えば、ホームページを開く以前の部分、つまりデザインとは全く別の部分でアクセスを増やすことを考えなければいけないのです。

2.技術的な仕掛けなどに力を入れている。

技術的な仕掛けなどに、力を入れているホームページも非常に多いです。例えば、トップページでスライドショーのように画像が切り替わったり、メニューの表示にアニメーションを使って凝ったことをやっている場合などです。残念ながら、こちらも集客にほとんど影響しません。

なぜなら、技術的な仕掛けもデザイン同様、アクセス後にホームページを開くことで初めて目に入るものだからです。こちらの場合もアクセスした後の話なので、アクセスを増やすための対策ではないのです。だから、どう頑張っても集客できないのです。

ではどうするのかと言えば、こちらもデザインと同様にホームページを開く以前の部分、つまりデザインとは全く別の部分でアクセスを増やすことを考えなければいけないのです。

解決策:アクセスルートを対策する。

考えていただきたいのが、ホームページへのアクセスルートです。つまり、閲覧者がホームページへアクセスするときに、どこからどうやってたどり着くのかを考えてほしいんです。アクセスルートにはいくつかの種類があります。

  1. 検索
  2. ネット広告
  3. SNS
  4. 紙媒体(新聞・雑誌・チラシ)、電波媒体(テレビ・ラジオ)
  5. 口コミ

これらのうち、どれに力を入れれば告知として適切なのかを考える必要があるわけです。ザックリ言うと、多くの方が知っているものであれば検索が適します。趣味性が高いものであればSNSが効果的です。専門的なものであれば、従来の媒体の方が有利でしょう。

このように、どこにターゲットとなる人がいるのかを考えて、そこに対して告知するわけです。あなたのビジネスのターゲットはどこにいますか? まずそこを考えましょう。

1.検索で上位表示させる。

一般的に知られている商品やサービスであれば、ホームページを検索で上位表示させることを考えてみてください。

SEO対策を行う。

SEO対策をしっかり行ってください。SEO対策とは検索で上位表示されることを狙うものであることはご存じでしょう。なぜSEOなのかといえば、検索で上位表示されないとアクセスを増やせないからです。あなたのホームページを見つけてもらうためには、必要な対策です。

具体的な方法としては、とにかくユーザーに役立つ情報を提供するしかありません。というのも、決定的な方法論が無いからです。確実に言えることは、検索は何らかの問題を抱えた方が、解決策を求めて行うものであるということです。

つまり、ユーザーが必要としている役立つ情報の提供こそがSEO対策になるのです。実際に、当サイトではあるページが不動の1位表示をしていますが、それはまったく解決策が無かった検索ワードに対して完璧に答えたからです。もちろん、変な小細工は一切していません。

正確にユーザーのニーズに応えたページを作ってください。方法論が確立されていない以上、申し訳ありませんが、現状ではそれしか言えないのです。

タイトルの付け方を工夫する。(SEO対策の強化)

SEO対策を強化する目的で、タイトルの付け方を工夫しましょう。この場合のタイトルとは、HTMLタグのtitleを指しますが、このタイトルが検索結果のリンクとして表示されます。つまり、魅力的なタイトルを付けていないと、目につかずクリックされにくいのです。

各ページで事実上のキャッチコピーとして働きますから、タイトルの工夫は非常に重要なのです。おそらく多くの方は、「キャッチコピーなんて考えられないよ」と思われるでしょう。しかし、それはカッコいい言葉を考えようとするから難しいのです。

本来キャッチコピーとは、「あなたの解決策はここにあります!」ということを伝える言葉です。したがって、ページ内容が役立つことを伝えればそれでよいのです。例えば、腰痛を改善するために3つのことを習慣づける必要があるという趣旨を、ホームページに書いたとします。

するとタイトルは、「腰痛の改善は、たった3つの習慣づけが決め手!」みたいな感じです。伝えたいことをそのまま言葉にしているだけですよね。このように、タイトルをキャッチコピーと捉えて、アクセスしたくなるように工夫しましょう。

要約文の書き方を工夫する。(SEO対策の強化)

もう一つSEO対策を強化する目的で、要約文の書き方も工夫しましょう。要約文とは、HTMLタグのmeta descriptionのことを指します。こちらも検索結果の一覧に説明として表示されます。検索結果の一覧にはリンクが並びその下に説明文が出ますよね、それがdescriptionの内容です。

なぜ要約文を工夫するのかというと、リンク文字(タイトル)で惹きつけられたユーザーが要約文を読んで、アクセスするかどうかの最終判断をするからです。つまり、実際にクリックするかどうかの判断基準として利用されるわけです。

そこで、要約文の書き方が重要になります。ですがそんなに難しいことはありませんので、ポイントを押さえてください。

  • キーワードを含める
  • 誰が対象なのか明言する。
  • ページの一番の目玉となる部分を紹介する。

基本的にはこれだけです。キーワードを含めるのは、検索ワードと一致しているところが太字になるので、目立つからです。また、ユーザーは自分に関係があると読む気になるし、目玉を紹介することで「他よりも自サイトの方が内容が良いよ」と差別化するわけです。

このように、要約文もしっかり工夫して、SEO対策をさらに強化しましょう。

2.ネット広告も検討する。

検索で上位表示が見込めない場合は、ネット広告も検討する必要があるでしょう。なぜなら、ネット広告は検索ワードに合わせて、目につきやすい位置にリンクを表示するからです。つまり、極端な言い方をすれば、検索ワードをお金で買うということです。

こうすれば、狙った検索ワードで自サイトのリンクが上位表示できますから、集客効果が高くなります。しかし、広告は注意しないと莫大な費用が発生してしまいます。広告はクリックされるだけで費用が発生するので、問い合わせに結び付かなくてもコストはかかるのです。

コストに関して折り合いがつくようであれば、ネット広告を利用するのも一つの方法ですよ。

3.SNSを活用する。

アクセスを増やすためには、SNSの活用も検討してください。ただし、これには条件があって、基本的には『趣味性が高い商品』を扱っていることがポイントです。なぜなら、SNSは日常会話が中心だからです。日常の会話で自然に出てくる話題に合致した商品なら、SNSとの相性は良いです。

また、もう一つポイントがあって、単なる売込みは避けてください。日常会話に突然コマーシャルが入ったらおかしいですよね。したがって、SNSでは何らかの『気付き』のある文章を投稿するようにしてください。そのほうが興味を持ってもらえる可能性が高いですよ。

このように、SNSを活用する場合は「趣味性」と「気づき」という点に注意してください。

4.紙媒体や電波媒体による広報を考える。

もし、あなたの商品が誰も知らないものであったり、プロやマニアなどある特定の方に向けたものであれば、従来の紙媒体や電波媒体も活用してください。なぜなら、ネットは検索が中心なので、知っていることでないとホームページにたどり着かないからです。

あなたも、自分が知らないことを検索することなどあり得ませんよね。したがって、誰も知らない商品をホームページで紹介したいのであれば、目に触れやすい紙媒体や電波媒体による広報が重要なのです。ホームページだからと言って、ネットに固執するとうまくいきませんよ。

5.口コミも重要です。

現代はネットが発展したからこそ、口コミが重要になっています。なぜなら、ネットにはウソの情報が氾濫しているからです。ようするに、人々は信頼できる情報を探しているわけですね。そんな時に信頼が置けるものとして、口コミが登場するわけです。

ネットの口コミ情報もありますが、リアルなコミュニケーションによる口コミも案外と多いですよ。「とてもじゃないけれどこのホームページじゃダメでしょ」という会社でも繁盛していることがありますが、それは口コミで次から次へと仕事を獲得している場合がほとんどです。

さすがに口コミはコントロールできませんが、決して侮らないでください。ポイントは、お客様の期待以上のサービスを提供して、喜んでもらうことに尽きますよ。

このように、ホームページであっても口コミというアナログなやり方で、集客できる場合もあることを知っておいてください。

まとめ:アクセスルートをしっかり把握しましょう。

いかがでしたか? ホームページで集客できないときに、確認すべき7点を説明しました。

原因を特定する、アクセスルートを対策する、検索で上位表示させる、ネット広告も検討する、SNSを活用する、紙媒体や電波媒体による広報を考える、口コミも重要です、などの7点がありましたので、ご理解いただけたのではないかと思います。

気付いていただきたいのは、集客だと思ってやっていたことが、実は集客にほとんど影響しないことである点です。確かに中身を作るのは重要ですが、アクセスを増やす目的で行ったのでは効果がありません。重要なことは、自サイトへのアクセスルートを知ることです。

自サイトへのアクセスはどのように来るのか、まずそれを把握しましょう。そのためには、どんな人がどのような悩みを抱えているいのかを理解することが必要です。ぜひ、お客様の立場に立って考えてみてください。きっと解決策が見えてきますから。

以上、「ホームページで集客できない、確認すべき7点とは?」と題してお話ししました。