《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

ホームページ集客ができない、チェックすべき7点とは?

ホームページ集客ができない、チェックすべき7点とは?

ホームページ集客できない時に、チェックすべき7点を説明します。読者対象は、ホームページ集客がうまくいっていない方です。どこに問題点があるのか、ホームページ本体以外の部分についても詳しく説明しています。

なぜ、ホームページで集客できないのか?

なぜ、頑張って作ったホームページなのに、集客できないんでしょうか? ホームページ集客がうまくいかない方は少なくないと思いますが、実は頑張ったのが原因なんです。もう少し正確にいうと、間違った頑張り方をしている可能性が高いんです。

おそらく多くの方は、いろいろな技術やデザインなどを学びながら、ホームページを作成していると思います。しかし、それだけでは集客できないんです。なぜなら、ホームページ作りをどれだけガンバっても集客には結びつかないからです。

つまり、ホームページ作りそのものだけでなく、もっと別のところも頑張る必要があるんです。そこで、どんなところを頑張って作ればいいのか、詳しく説明しましょう。

ホームページ集客ができない時の、チェックポイント7点!

それでは、ホームページ集客ができない時に、チェックすべきポイントを説明します。どこに問題があるのか詳しく説明しますので、しっかりと頭に入れてください。

ホームページ集客を勘違いしていませんか?

「ホームページ作成=ホームページ集客」ではないことをご存知ですか? これは、間違える方が非常に多いんですが、ホームページを作っても集客にはならないんです。なぜなら、ホームページは自社が行っているビジネスを、そのまま表現するものだからです。

集客力のあるビジネスを行わないと、ホームページ集客は不可能であると言えます。少なくとも、インターネット向きの集客方法を考えてそれをホームページに表さないと、そもそも集客できません。ホームページは単なる媒体なので、それ自身に集客力があるわけではないんですね。

したがって、最初に取り組むべきは、ホームページに書く内容を作ることです。何となく会社や商品の説明をするのではなく、明確に意図をもって集客に取り組まなくてはいけません。もっと言えば、ネットの技術ではなく、集客の技術や知識が必要なんです。

つまり、表面的なところだけ作ったのでは、ダメだということなんですね。しっかりとした集客戦略を考えてホームページ集客に取り組みましょう。

参考 集客戦略については、こちらのページが参考になります。

Web集客の戦略、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、Web集客に必要な戦略の立て方を知りたい方です。戦略の立て方について説明しただけでなく、ユーザーを理解することが重要である点を詳しく説明しています。

検索で上位に表示されていますか?

まず、最も最初に考えることとして、検索結果で上位表示されているのか確認してください。なぜなら、意外と見落とす方が多いからです。ホームページを公開したら、自然とアクセスが集まると思っている方が少なくありませんが、まずそのようなことは無いでしょう。

よく考えてください、あなたはどうやってホームページを見ますか? 検索したり、直接アドレスを入力したりしますよね。アドレス入力や、サイト名・会社名で検索する人は、すでによく知っている方ですから、新規のお客さんではありません。

もし、新規の方を狙っているのであれば、検索に対する考え方を変えなければいけません。例えば、ラーメン屋さんであれば、「麺屋○○」みたいに店名ではなく、「○○市 ラーメン屋」のような検索ワードで上位表示しなくてはいけません。

したがって、お客さんが検索しそうなキーワードで上位表示するように考えて、それに対応したページを用意しておく必要があるんです。このような考え方で、アクセスを増やす努力をしましょう。

デザインは内容に合ったものになっていますか?

果たして、デザインは内容に合ったものになっているでしょうか? デザインを何とかすれば集客できると思っている方が少なくありません。すると、奇抜なデザインや派手なデザインなどにする場合が多いのではないでしょうか。

確かに、デザインである程度の影響は出ますが、それは0.001%ぐらいの微々たるものですので、力を入れるところではないんです。もし敢えてデザインで何とかしたいと思うのであれば、内容を引き立てるようなものにしてください。

例えば、葬儀屋さんのホームページを明るく派手なものにするわけにはいかないでしょうし、パチンコ屋さんのホームページを落ち着いたものにして良いのかも疑問です。つまり、デザインそのもので集客アップできるわけではないんですね。

色合いなども含めて、デザインは内容の邪魔をせず引き立てるようにする程度で十分ですので、変にこだわらないように気を付けてください。

キャッチコピーは機能していますか?

キャッチコピーはちゃんと機能しているでしょうか? 具体的には、心をキャッチできるかどうかですが、そのためには作り方がポイントになります。多くの方が、なんとなくかっこいい言葉を並べればよいと思っていますが、それでは全く機能しません。

例えば、「未来を創造するソリューション」みたいなことが書いてあっても、ほとんど意味がありません。大事なことは、読んだ瞬間に「このサイトなら自分の欲求が満たされそうだ」と思ってもらうことなんです。(未来を創造するソリューションがほしいと思っている方がいれば別ですが)

したがって、より具体的な言葉が必要なんです。「経営が楽になる」とか「収益がアップする」とか閲覧者の考える欲求(または問題の解決)が、実現することを伝えなくてはいけないんです。もちろん「○○が安く買えます!」といったような言葉でもよいでしょう。

このように、キャッチコピーは閲覧者の欲求が満たされることが、どれだけうまく伝えられるかを考えるところがポイントです。

情報が不足していませんか?

基本的なことですが、情報が不足していないでしょうか? 例えば、会社概要が詳細に作ってないということが意外とあります。すると、「会社概要なんて見ますか?」と思われる方もいますが、実はかなり頻繁に見られます。なぜなら、信用できる業者かどうか知りたいからです。

もちろん、会社概要だけではなく、他にもさまざまな情報発信が必要です。商品についての紹介ページだけでなく、使い方・メンテナンス・修理・保証など必要と思われることは、できる限り発信してください。面倒に思ったり、出し惜しみはしないようにしましょう。

というのも、ほとんどの閲覧者は商品そのものよりも、その周辺の情報をほしいと思っています。したがって、「こんな情報まで必要かな?」と思うような初歩的なことでも、ホームページを作って情報発信してください。実は、多くの方があなたの商品をよくわかっていませんよ。

売り手はすべてを知っているので、どうしても初歩的なことまで頭が回らないようです。基本中の基本のような情報でも、しっかり発信して、閲覧者の理解が進むように工夫しましょう。

訴求点がずれていませんか?

閲覧者に対する訴求点がずれていませんか? 先にキャッチコピーの話をしましたが、閲覧者に対して何を訴えるかが、非常に重要です。なぜなら、訴求点がずれていると、どれだけうまく伝えても興味を持ってもらえないからです。

例えば、「うちのラーメンは安くて量が多い!」という訴求点だったとします。確かに魅力的だと思いますが、もし多くの方が「高くて少なくてもいいから、おいしいラーメンが食べたい」と考えていたとすれば、大きく外していることがわかりますよね。

すると訴求点としては、「高いのには、理由がある。本当にうまいラーメンを食べませんか?」のようにして、高い代わりにめちゃくちゃおいしいということを伝えるべきです。もちろん、こだわり続けて商売が成立するのであれば、それでもかまいません。

しかし、集客アップを図りたいのであれば、ニーズのある最大公約数に寄せるしかないでしょう。本当にニーズをつかんでいるのか、訴求点を点検してみてください。

興味が湧くような表現をしていますか?

興味が湧くような表現をしているでしょうか? これは、多少テクニック的な話になりますが、表現方法によって伝わり方が大きく変わるからです。どんなに素晴らしい内容であっても、表現方法が悪いと、その素晴らしさが全く伝わらないこともあるということなんですね。

では、具体的にどのような表現方法が必要なんでしょうか。閲覧者が興味を持つのは、自分の目的が達成できる内容です。すると、多くの方は「きっと商品について詳しく知りたいはずだ!」とお考えになると思います。しかし、それは少し違います。

確かに、商品知識が豊富な専門家やマニアであれば、商品特徴を詳しく知りたいと思うでしょう。しかし、ほとんどの方は「商品によって自分はどうなるのか?」を知りたいんです。簡単に言えば、商品やサービスを購入することで、幸せになるのかどうかを調べているんですね。

このように、商品から得られる利益のことをベネフィットと言います。ベネフィットが感じられる内容を用意すれば、閲覧者に興味を持ってもらえることがお分かり頂けるでしょう。

参考 ベネフィットについては、こちらで詳しく説明しています。

ベネフィットとは何か、わかりやすく説明します。読者対象は、ベネフィットとは何か意味を知りたい方です。単なる言葉の意味説明では終わらず、例文や表現方法、ホームページでの重要性についても詳しく説明しています。

まとめ:ホームページ集客は、内容づくりが重要です。

いかがでしたか? ホームページ集客ができないときの、チェックすべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページ集客を勘違いしていませんか?、検索で上位に表示されていますか?、デザインは内容に合ったものになっていますか?、キャッチコピーは機能していますか?、情報が不足していませんか?、訴求点がずれていませんか?、興味が湧くような表現をしていますか?、などのポイントでした。

お気づきいただきたいのは、ニーズに沿わない内容をホームページで表現しても、集客できない点です。検索に対する考え方も、訴求点の見直しも、ニーズをベースにして考えています。何を売るかではなく、『何が望まれているか』を基本に考えるようにしてください。

ホームページで集客できないのは、「内容に問題があるからだ」ということを認識して、ホームページ作成ではなく内容づくりに力を注ぎましょう。それができれば、ホームページ集客はうまくいきます。ぜひ正しいやり方で集客に取り組んで、成果をあげていただければ幸いです。

以上、「ホームページ集客ができない、チェックすべき7点とは?」と題してお話ししました。