ホームページで集客できないときに、確認すべき7点。

なぜホームページで集客できないのか?

ホームページ集客できないときに、確認すべき7点を説明しました。ホームページの集客がうまくいかず、悩まれている方にご覧いただきたい内容です。集客できない原因だけでなく、解決策も具体的に説明しているからです。

なぜ、ホームページで集客できないのか?

あなたは、「相当ガンバったホームページなのに、なんで反応が薄いんだろうか?」と疑問をもってこのページをご覧のことと思います。苦労して作ったホームページなのに、ほとんど反応が無くて集客できないのでは、気持ちだけでなく経営的にもつらいですよね。

では、なぜガンバって作ったホームページなのに、集客できないんでしょうか? 実は、ガンバって作ったのが原因なんです。というと頑張りを否定してしまうので、もう少し正確にいうと、間違った頑張り方をしているんです。

そこで、あなたはどこを間違ってしまったのか、詳しく説明しましょう。

確認すべき間違いポイントは、7つあります!

それでは、確認すべき間違いポイントをご紹介します。典型的なものを7つ挙げましたので、しっかりと頭に入れてください。

ターゲットが明確ではない。

ターゲットは明確になっていますか? ターゲット、つまりどんな人を対象としたホームページなのかが重要です。なぜなら、ターゲットを絞らないと、ぼんやりとした説明しかできないからです。例えば、「みなさん」と語りかけると、非常に抽象的な話になります。

しかし、「○○にお困りの方」と語りかけると、○○に関して具体的な話ができます。つまり、ターゲットが明確になると、話が具体的になるので、説明をする側も受ける側もとても分かりやすくなります。なので、ターゲットを明確にすべきなんですね。

ところが、薄い内容にすると多くの人を対象にできるので、どうしてもそちらへ流れてしまうのではないでしょうか。しかし、対象が多くても反応が無いのでは意味がありません。勇気が必要だと思いますが、ぜひターゲットを明確に絞って、濃い内容の説明を行ってください。

検索で上位表示されない。

ホームページは、検索で上位表示されていますか? なぜなら、検索で上位表示されないと、アクセスを増やすことができないからです。いわゆるSEO対策のことですが、これを行わない場合は、テレビやラジオの CM、各種広告などで宣伝するしかありません。

もちろん、資金があればそれでも構わないでしょう。しかし多くの方は、「ホームページを使って経費を節約したい」と考えていらっしゃるでしょうから、本末転倒です。なお、SEO対策と言われると技術的なイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。

詳しい話は長くなるので省略しますが、ポイントは話題の選び方と目の付け所です。アクセスを増やすということも、ぜひ視野に入れてください。

役に立つ情報を発信していない。

あなたのホームページは役に立つ情報を発信していますか? 役に立つ情報とは、ズバリ言うと『お客様の問題を解決する情報』です。なぜこのような情報発信なのかというと、お客様は「自分が満足すること」この1点にしか興味がないからです。

ここを多くの方が間違えて、会社や商品のことばかり発信してしまいます。「私たちは、こんなことができます」とか「この商品はこんな特徴です」など、自分たちのことばかりを説明しても、お客様は興味をしましません。これでは、なにも伝わらないんですね。

では、どのような説明が良いのかというと、お客様目線に立った説明です。例えば、お客様が『軽いバッグ』を求めるのは、疲れないからです。したがって説明は、「軽いバッグです」ではなく、「疲れないバッグです」になりますね。

このように、お客様目線で説明することで、役に立つ情報として受け入れてもらえます。

お客様目線は、ベネフィットと近い意味ですので、こちらも参考になります。
商品説明のコツ、魅力が伝わるベネフィットとは?

情報が不足している。

あなたのホームページは情報が足りていますか? お客様に役立つ情報を提供するのは当然なんですが、それが量的にも足りているか考えてみてください。なぜなら、どんなにすばらしい内容でも、お客様が物足りなさを感じてしまったら、去ってしまう可能性が高くなるからです。

確かに、コンパクトにまとめるというのはとても重要ではありますが、それは冗長な文章にしないという意味であって、大事な情報を削るという意味ではありません。また、説明文が長くなると、読んでもらえないんじゃないかと思いますよね。

しかし、お客様にとって本当に必要な内容なら、読んでもらえます。読み手の立場に立って、わかりやすく丁寧に文章を書けば、確実に伝わりますよ。必要な量の情報を惜しげもなく提供すれば、きっと「ここまで教えてくれるのか!」と感心してもらえますから。

頻繁に更新していない。

ホームページは頻繁に更新していますか? もっともよくないのは、作ってそのまま放置している場合です。なぜなら、更新が無いホームページでは、信用できないからです。例えば、3年ぐらい更新されていないホームページで、お問い合わせをしたいと思いますか?

あなたもきっと古い最終更新日を見たら、「3年前の日付だ、この店やってるの?」と思ってしまいますよね。これでは信用できず、ちょっとしたお問い合わせもしたくないでしょう。購入などもってのほかではないでしょうか。

ホームページは内容を少しずつ更新していくものです。新しいページを追加するのは、もちろんやってください。既存ページでも、言い回しを変えるとかお客様の声を増やすとか、時間をかけて育てていってほしいんです。そうやって、お客様の信頼を得られるようにしていってください。

デザインに頼っている。

あなたのホームページは、デザインに頼った集客をしていませんか? そう言われると「えっ、ホームページと言えばデザインでしょ。」と思われるかもしれません。確かに、有名な企業のホームページは見た目に優れたデザインですから、そう思うのも無理はありません。

ところが、大したことのないデザインのサイトが、集客できている例はいくらでもあります。つまりデザインは、集客への影響がさほど大きくないんです。貢献度でいえば、2割ぐらいでしょう。たった2割のためにお金と労力をかけるのは、非常に効率が悪いです。

では、残りの8割は何かと言えば、中身の作り方です。ここまで説明してきたことは、すべて内容の話でしたが、集客はデザインではなく中身だから、内容の話ばかりだったんです。もし、デザインだけを考えていたとしたら、中身重視に方針転換してみてください。

ツールだけに頼っている。

ツールだけに頼った集客をしていませんか? いわゆる集客ツールというものがありますが、これは使い方が重要です。なぜなら、ツールを使ったら集客できるというわけではないからです。こんなことを言うと、「えっ、じゃあ何のための集客ツールなの?」と思うかもしれませんね。

もう少し具体的にいうと、集客ツールはお客様のところに情報を届けやすいのが利点です。しかし、どんな情報を載せればよいのかは、自分で考えるしかないんです。ツールを使っても、中身が伴っていなければ、集客できるわけがありませんよね。

集客ツールを使うだけでは、集客にならないということを理解して、どんな情報を届けるのかを考えるようにしてください。ツールは届ける情報の中身が大事ですよ。

まとめ:お客様のためのホームページを目指すこと!

いかがでしたか?

ホームページで集客できないときに、確認すべき7点を説明しました。ターゲットが明確でない、検索で上位表示されない、役に立つ情報を発信していない、情報が不足している、頻繁に更新していない、デザインに頼っている、ツールだけに頼っている、などの7点がありました。

気付いていただきたいのは、中身の重要性で、どれだけお客様のための情報を用意できるかが、ポイントです。ホームページの内容が、本当にお客様のためになっているのか、今一度、考えてみてください。きっと、自分たちの主張だけになっていることに、気付きますよ。

お客様のための情報を用意するということは、お客様のことを考えるということです。これを契機として、お客様のためのホームページを目指していただければ幸いです。

以上、「ホームページで集客できないときに、確認すべき7点。」と題してお話ししました。