《ホームページ担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ホームページで集客できない、間違っているのはココだ!

ホームページで集客できない、間違っているのはココだ!

ホームページ集客できない時に、知ってほしい間違いを説明します。読者対象は、ホームページ集客がうまくいっていない方です。問題点がホームページの作り方ではなく、別のところにあることを理解しやすく説明しています。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページの基礎知識まとめ

なぜ、ホームページで集客できないのか?

なぜ、頑張って作ったホームページなのに、集客できないんでしょうか? ホームページ集客がうまくいかない方は少なくないと思いますが、実は頑張ったのが原因なんです。もう少し正確にいうと、間違った頑張り方をしている可能性が高いんです。

おそらく多くの方は、いろいろな技術やデザインなどを学びながら、ホームページを作成していると思います。しかし、それでは集客できないんです。なぜなら、ホームページ作りをどれだけ頑張っても集客には結びつかないからです。

つまり、ホームページ作りではなく、もっと別のところを頑張る必要があるんです。そこで、どんなところを頑張って作ればいいのか、詳しく説明しましょう。

ホームページで集客できない時に、知ってほしいポイント。

それでは、ホームページで集客できない時に、知ってほしいポイントを説明します。どこに問題があるのか詳しく説明しますので、しっかりと頭に入れてください。

「ホームページ作成=ホームページ集客」ではありません。

「ホームページ作成=ホームページ集客」ではないことをご存知ですか? これは、間違える方が非常に多いんですが、ホームページを作っても集客にはならないんです。なぜなら、ホームページは自社が行っているビジネスを、そのまま表現するものだからです。

集客力のあるビジネスを行わないと、ホームページ集客は不可能であると言えます。少なくとも、インターネット向きの集客方法を考えてそれをホームページに表さないと、そもそも集客できません。ホームページは単なる媒体なので、それ自身に集客力があるわけではないんです。

したがって、最初に取り組むべきは、ホームページに書く内容を作ることです。何となく会社や商品の説明をするのではなく、明確に意図をもって集客に取り組まなくてはいけません。もっと言えば、ネットの技術ではなく、集客の技術や知識が必要なんです。

つまり、表面的なところだけ作ったのでは、ダメだということなんですね。

このようなことから、「ホームページ作成=ホームページ集客」ではないと、最初に説明させていただきましたが、具体的には何をすべきなんでしょうか? それは、「閲覧者が興味を持つ情報や商品を発信する」ことに尽きるでしょう。

閲覧者は、何に興味を持つのか?

ところで、どうしても「ホームページはビジュアルが重要」であるとか、「技術的に凝らなくてはいけない」といったことを考えてしまいますよね。しかし、閲覧者が興味を持つのは、ホームページに書かれている内容ですので、内容によって集客力に影響が出るんです。

よく考えてみてください。あなたがホームページを見て問い合わせをするときに、「デザインが良いからこのサイトで問い合わせよう!」と思うでしょうか? 違いますよね。例えば、「このサイト安いなあ」とか「信頼できそうだ」と思うから問い合わせますよね。

つまり、閲覧者が興味を持つような内容をしっかり発信しないと、集客にならないんです。誰も興味を示さない内容をどれだけ飾っても、やっぱり誰も興味を持ってくれないわけですね。なので、ホームページ集客では、ホームページ作成ではなく内容作成が重要なんです。

このように、「ホームページ作成=ホームページ集客」ではなく、「発信内容の作成=ホームページ集客」であることに気づいてください。

ホームページ集客では、何をすればいいのか?

では、ホームページ集客では、何をすればいいのでしょうか? これは、先ほども触れたように、集客できる内容を作る必要があります。しかし、「集客できる内容って何?」と疑問を持たれる方が多いと思います。そこで、内容の作り方についてポイントをお話ししましょう。

やるべきことは、『集客戦略の構築』です。この場合の集客戦略とは、どのように集客するのかを具体的に示すことです。例えば、以下のようなことを検討します。

  • 商品ニーズを把握する。
  • メインにする商品を選定する。
  • ターゲット(集客対象となるお客さん)を絞る。
  • 訴求点や差別化ポイントといった売り方を考える。
  • 集客商品を検討する(販売ではなく問い合わせがほしい場合)。

それぞれが何をすることなのか、ピンとこな方もいらっしゃると思います。そこで、それぞれについて基本的なことを説明しましょう。

商品ニーズを把握するのは、売れない商品を並べても意味が無いからです。そして、ニーズがわかれば、自社が販売するどの商品をメインにすればよいかがわかります。すると、それを購入するであろうターゲットも分かり、どのような売り方をすればよいのかも見えます。

また、高額商品やサービスの場合は、無料サンプルや体験会・見学会など、集客商品でワンクッション置く必要があります。こうしないと、いきなり購入ではハードルが高すぎるからです。このように見ると、集客戦略作りの項目は、すべてが一連の動きの中にあることがわかるでしょう。

つまり、なんとなく誰にでも当てはまるような内容ではいけないんです。簡単に言うと、ある特定の悩みを持った方に向けて情報発信するんです。こうすることで、ぼんやりしていた内容が非常にはっきりし、メッセージ性が強くなるので集客力が高まります。

このように、ここまでしっかりと内容を詰めてからホームページに載せないと、集客できるわけがないんですね。なので、ホームページ作成以前に、集客戦略を作るべきなんです。

事実上、経営戦略の見直しです。

このような形で、集客戦略を構築します。もちろん、実際にはかなり細かいことも出てきますが、大まかに言うとこのようなポイントになるでしょう。最低でもこのようなことが決まっていないと、内容は作れませんので、しっかりと戦略を練る必要があります。

したがって、Web担当者だけで判断できないことも出てくるでしょうから、経営会議や営業会議などを開いて、会社全体として考える必要があるかもしれません。すると、「これはかなり面倒なことになるぞ」と思うかもしれませんが、そこまでやらないとホームページ集客はできないんです。

集客戦略が構築できないとホームページ集客は不可能ですので、いろいろと面倒があるかもしれませんが、絶対端折らないでいただきたいと思います。

具体的にはこちらで詳しく説明していますので、参考にしていただければと思います。

ホームページで集客する時に、知っておきたい必須の知識を説明します。読者対象は、ホームページ集客の初心者ですが、プロが読んでも気づきがあると思います。ホームページ集客の、極めて重要なポイントを説明しているからです。

ホームページ集客とは、集客戦略を表現することです。

ここまでの説明でお分かり頂けたと思いますが、ホームページ集客とは、集客戦略をホームページに表現することなんです。したがって、何の戦略もないのに、どれだけ一生懸命ホームページを作っても、集客できないのは当たり前なんですね。

例えば、「信頼」をウリにしてホームページを作っても、多くの閲覧者が「安い」ことを望んでいれば、全く見当違いの内容ですよね。どんなにホームページ作成を頑張っても、「信頼」を訴求している限り、「安い」ことを望んでいる多くの閲覧者は振り向いてくれません。

中には、「信頼」に心変わりする方も多少いるかもしれませんが、期待はできないでしょう。ニーズに合わない内容をどれだけ飾り立てても意味は無いのです。このような理由から、冒頭で『「ホームページ作成=ホームページ集客」ではありません』、と少々大げさに説明したわけです。

すると、技術のある方がホームページを作っても、ホームページの制作会社に依頼しても、集客できないことに気づくのではないでしょうか。どちらの場合でも、ホームページを作ることには長けていても、ホームページ集客に必要な集客戦略が作れるわけではありませんからね。

このように、ホームページの内容である集客戦略がしっかりしていないことが、ホームページで集客できない根本的な原因なんです。なので、まずはホームページに表現するための内容づくりから、見直してみてください。

閲覧者の心を理解してください。

実は、ここまでの説明でもう一つ注目していただきたいことがあります。それは、閲覧者の気持ちを理解しようとしているところが、すべての説明の共通点だということです。具体的には、自社の伝えたいことを伝えるのではなく、閲覧者の知りたいことを伝えています。

なぜなら、ホームページ集客は閲覧者が増えれば、それで集客というわけではないからです。その先にある、問い合わせや購入に結び付かなければ意味がありません。そしてそのような実際の行動に移るためには、心が動く必要があるのです。

心が動くためには、閲覧者自身が抱える問題の解決が間違いなくできることを、伝えることが最低限必要です。そしてより確実に行動させるためには、閲覧者の期待を超えた情報やサービスの提供が絶対条件です。そのためには、徹底的にニーズを洗い出さなくてはいけないのです。

閲覧者は、自身の予想を超えたサービスや情報が提供されれば心が動かされ、かなり高い確率で行動に移るでしょう。だからこそ、内容づくりに注力するんです

閲覧者の心を理解して、実際の行動に移ってもらえるように、努力を惜しまないでください。

まとめ:ホームページ集客は、内容づくりが重要です。

いかがでしたか? ホームページで集客できない時の、間違いポイントを説明しました。

今回説明したのは、「ホームページ作成=ホームページ集客」ではありません、閲覧者は何に興味を持つのか?、ホームページ集客では何をすればいいのか?、事実上の経営戦略の見直しです、ホームページ集客とは集客戦略を表現することです、閲覧者の心を理解してください、などでした。

お気づきいただきたいのは、ニーズに沿わない内容をホームページで表現しても、集客できない点です。そして、ニーズに沿った内容を作るためには、集客戦略をしっかり構築しなくてはいけないことも理解してください。集客戦略は、ホームページ集客の原点です。

ホームページで集客できないのは、「内容に問題があるからだ」ということを認識して、ホームページ作成ではなく内容づくりに力を注ぎましょう。それができれば、ホームページ集客はうまくいきます。ぜひ正しいやり方で集客に取り組んで、成果をあげていただければ幸いです。

以上、「ホームページで集客できない、間違っているのはココだ!」と題してお話ししました。

ホームページ集客ができず、お困りの方へ。

集客サイトの作り方を、個別指導しています!

※ 経験豊富なWeb集客の専門家が、親身に対応させていただきますよ。

とりあえず相談してみませんか? 今なら相談無料です。 ⇒ 無料メール相談

「集客サイトの個別指導ってどんなことをするの?」と思われた方、こちらのサイト診断をご利用されてはいかがでしょうか。サービスの一部が、無料で実際に体験できますよ。

サイト診断