ホームページ集客の効果、知っておきたい7つのポイント。

ホームページ集客の効果、知っておきたい7つのポイント。

ホームページ集客効果で、知っておきたい7つのポイントを説明しました。ホームページ集客の効果について知りたい方に適しています。効果が期待できるものについてだけでなく、不向きなものも詳しく説明しているからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページの基礎知識まとめ

ホームページ集客の、効果を知る意味とは?

あなたは、「ホームページ集客って、本当に効果があるのか?」と疑問に思われて、このページをご覧になっているのではないでしょうか。確かに、ホームページを作ったはいいけれど、反応が薄くてお問い合わせが来ないという話も聞くと思います。

これは、ホームページに効果が無いのではなく、『もともと期待できない効果』を求めてしまっている可能性が高いと思われます。そこで、どのようなことであればホームページ集客の効果が期待できるのか、または期待できないのかを詳しくご紹介しましょう。

ホームページ集客の効果について、ポイントをご紹介。

それでは、ホームページ集客の効果について、ポイントをご紹介します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通してください。

新規開拓ができるか?

ホームページ集客では、新規開拓の効果が期待できます。なぜなら、インターネット上は対象範囲が広く、潜在的なお客様を掘り起こしやすいからです。ホームページを広告として考えると、地球規模で広報できますので、対象範囲が極めて広いことがわかりますね。

すると、一部地域ではニーズが少なくても、世界的な範囲であればニーズを持った方を掘り起こせます。御社が扱っている商品や情報を必要としている方と、出会える確率が高くなりますね。もちろんそのためには、どのように情報を発信するか、効果的な戦略を立てなくてはいけません。

ポイントは、ターゲットにしたい方のニーズを正確につかむことです。すると、潜在的な顧客に行きつくことができるので、新規開拓の効果が期待できるでしょう。

自社製品を広めることができるか?

ホームページ集客では、自社製品を広める効果が期待できます。なぜなら、ホームページを広告として使うことで、検索ユーザーの目に触れるからです。こちらの場合も、全世界を対象に広告できるので、いろいろな方の目に触れる機会が増えるのは確実ですね。

ただし、注意しなくてはいけないのが、検索に対する考え方です。多くの方が、会社名や商品名での検索を考えています。しかし、そのような検索があるということは、すでに名前を知っているという前提になります。知らない名前を検索することなどないですから、矛盾しているわけです。

したがって、検索ユーザーがどのような検索を行うのか、しっかりと研究することが必要です。すると、自社製品を広める効果が期待できるでしょう。

直販で商品が売れるか?

ホームページ集客では、直販で商品が売れる効果が期待できます。なぜなら、検索ユーザーは自分の欲しい商品を探しているからです。こちらの場合も、やはり検索によって全世界を対象に商売ができるので、需要を掘り起こすことができます。

注意すべき点としては、メーカーの直販ということであれば、価格の問題があります。小売店と違って、定価で販売していることが多く、価格的にまったく魅力が無いことがほとんどです。つまり、価格を小売店並みに安くするか、メーカー直販ならではの特典や安心感が必要です。

したがって、直販ではメーカーならではの訴求点を持ってください。このようにすれば、直販で商品が売れるという効果を、期待できるでしょう。

お問い合わせを獲得できるか?

ホームページ集客では、お問い合わせを獲得できます。なぜなら、検索ユーザーはホームページを見ることで、知りたいことや疑問に思うことが出てくるからです。知りたいことや疑問があれば、当然お問い合わせをすることになります。

こちらの注意点は、お問い合わせが欲しいからと言って、情報量を少なくしてしまうことです。なぜなら、お問い合わせは、興味を持ったときにするものだからです。情報量が少な過ぎると、興味を持つまでに至りません。人は、わからないものには近づこうとしないんです。

したがって、情報はできるだけ公開してください。ズバリ、例外を聞いて来るのが、お問い合わせですよ。このようにすることで、お問い合わせの獲得という効果が期待できるでしょう。

サンプルの申し込みが来るか?

ホームページ集客では、サンプルの申し込みが来ます。なぜなら、電話やはがきに比べてサンプルの申し込みが簡単だからです。また、検索ユーザーは商品を探しているので、興味が湧くものに出会えば、サンプルを取り寄せたいと思うのが普通です。

この時の注意点は、どれだけサンプルの魅力をわかりやすく説明できるかです。これは、単なる商品説明にならないように、ユーザーにとってのメリットを説明するようにしてください。なぜなら、サンプルを取り寄せるのは、メリットを確認するためだからです。

このように説明の工夫によって、サンプルの申し込みが来るという効果が期待できるでしょう。

体験会の申し込みが来るか?

ホームページ集客では、体験会の申し込みが来ます。なぜなら、こちらの場合も電話やはがきに比べて体験会の申し込みが簡単だからです。また、ホームページでは体験が不可能なのもであれば、体験会への申し込みはかなり高い確率で来るでしょう。

こちらの注意点は、非常にユーザーが動きにくいオファーであるところです。なぜなら、申し込み自体はホームページですが、体験会の会場まで足を運ばなくてはいけないからです。別の場所へ行かなくてはいけないという、面倒臭さを克服できるような説明が必要です。

このように高度な説明ができれば、体験会の申し込みが来るという効果は、十分期待できます。

新商品を広めることはできるか?

ホームページ集客では、新商品を広めることは難しいでしょう。なぜなら、知らないものを検索する人はいないからです。世の中に無いものを検索することなど、なかなか考えられませんから、新商品を広めるというのは簡単なことではありません。

しかし、方法が無いわけではなく、従来からあるもので近い存在のものがあれば、そこから突破口を開くことができます。例えば、スマートフォンが無かった時代の場合、携帯電話の説明から入り、パソコンのような機能を持った製品があるということで誘導するわけです。

なお、特殊な商品であれば、ホームページではなく別の媒体を使って、ピンポイントで情報を提供すべきでしょう。なぜなら、特殊な商品はごく一部の人にしか需要が無いので、その方の目に触れるメディアを利用すべきだからです。

このように新商品を広める効果は、高度な戦略を立てることで期待できる場合もあります。しかし、ホームページで新商品を広めることは、基本的には難しいと考えてください。

まとめ:万能ではないので、効果の有無を見極めましょう。

いかがでしたか?

ホームページ集客の効果について説明しました。新規開拓ができるか、自社製品を広めることができるか、直販で商品が売れるか、お問い合わせを獲得できるか、サンプルの申し込みが来るか、体験会の申し込みが来るか、新商品を広めることはできるか、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、ホームページ集客は、ものによって効果の有無があります。効果が期待できるものはホームページを利用し、効果が期待できないものは、新聞・雑誌の広告やテレビラジオなどの CM を活用するなど、別の方法を考えるべきでしょう。

また、ホームページを作成するだけでは、集客の効果が得られません。ホームページ集客は、入念に戦略を立て、十分な作り込みをすることで可能になります。だからこそ、ランディングページのような専用ページを用意することも多いわけです。

このように、ホームページ集客は万能ではありませんので、効果の有無をしっかりと見極めて取り組んでください。それが、ホームページ集客で失敗しない秘訣ですよ。

以上、「ホームページ集客の効果、知っておきたい7つのポイント。」と題して説明しました。