問い合わせの多いホームページ、3つの成功ポイント!

問い合わせの多いホームページ、3つの成功ポイント!

問い合わせの多いホームページにする、3つの成功ポイントを説明します。対象は、問い合わせを増やしたい初心者ですが、上級者でも気づきがあると思います。ユーザーの獲得から問い合わせまでの流れを説明しているからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページ集客の、基礎知識をまとめました。

なぜ問い合わせの多いホームページは、見た目が平凡なのか?

あなたは「問い合わせを増やしたい!」という想いから、このページをご覧のことと思います。ところで、問い合わせが多いホームページとはどのようなものか、想像がつきますか? 実は、おしゃれなサイトでもかっこいいサイトでもなく、見た目が非常に平凡なサイトです。

見た目が平凡なのに問い合わせが多い理由はただ一つ、内容が良く出来ているからです。つまり、問い合わせを増やすときには、ホームページそのものを変えるのではなく、書かれている内容や構成を変えなくてはいけないのです。ポイントは次の3つです。

  1. アクセスを増やす
  2. 集客用ページへ誘導する
  3. 集客用ページで問い合わせを促す

つまり、検索で自サイトにたどり着いたユーザーを、いかにして集客用ページへ誘導するかが問い合わせを増やすポイントとなります。では、これらのポイントをどのように作り込めば問い合わせが多くなるのか、詳しく具体的にご説明します。

問い合わせの多いホームページにするためのポイント!

それでは、問い合わせの多いホームページにするためのポイントを説明しましょう。

1.アクセスを増やすための戦略を練る

問い合わせの多いホームページにするためにまず必要なことは、アクセスを増やすことです。少なくとも、アクセスがほとんどないのでは、問い合わせを増やす以前の話です。したがって、いわゆる検索エンジン対策(SEO)を行って、アクセスを増やしましょう。

基本的にはニーズがあって、かつ検索ユーザーの役に立つ情報を発信することが大前提となります。そのためには、検索ワードを調べて種類とボリュームを把握することが必要です。というのも、ユーザーの検索意図を把握する唯一の方法だからです。

ただし、問い合わせを増やすことが目的なので、アクセスが増えるなら何でもよいというわけではありません。例えば、工務店のホームページなのにおいしいスイーツのページを作ってアクセスを増やしても、ほとんど問い合わせは期待できません。

なぜなら、全く無関係の内容だからです。ユーザーは問題や欲求の解決策を求めていますから、関連した情報を提供しないと、問い合わせに誘導するのは難しいのです。したがって、自サイトに関係のある内容のSEO対策ページを作りましょう。

もちろん、SEO対策ページは数ページではなく、作れるものなら数十でも数百でも作ってください。それだけアクセスを増やす可能性が高くなりますよ。

参考 SEO対策については、こちらで詳しくご覧いただけます。

SEO対策の方法、知っておくべき7つのポイントを説明します。読者対象は、ホームページを検索で上位表示させたい方です。SEO対策の技術的な方法だけでなく、コンバージョンに影響する内容についても説明しています。

2.集客用ページへの誘導を強化する

自サイトにアクセスしてきたユーザーを、集客用ページに誘導します。集客用ページとは、一般的にランディングページと呼ばれるページを指します。入力フォームのある、申し込みや問い合わせ専用ページのことですが、ここに閲覧者を集めるということです。

なぜなら、問い合わせを受け付けられるのは、入力フォームのある集客用ページだけだからです。積極的にユーザーを集客用ページへ誘導しましょう。集客用ページを自ら探すユーザーは少ないですので、積極的に誘導しないと集客用ページの閲覧数は伸びないのです。

具体的には、全ページからワンクリックで集客用ページへ移動できるように、リンクを作っておく必要があります。また、各ページでのリンクの位置は本文が始まる前か終わった後です。少なくとも、サイドカラムの中に紛れ込むような形だけはしないでください。

リンクの位置を間違えると、明らかにクリック率が下がりますよ。また、リンクの文言は『クリックすべき価値がある』ということが伝わるように考えてください。なぜなら、どんなに誘導しても価値を感じてもらえなければ、クリックされないからです。

このように、いかにして各ページから集客用ページへ誘導するかを考えるのです。1ページ読まれようが10ページ読まれようが、それはたいして重要ではありません。大事なことは、集客用ページへの誘導であると、頭に入れてください。

3.集客用ページで問い合わせを促す

ユーザーを集客用ページへ誘導できたら、今度は問い合わせを促しましょう。なぜなら、集客用ページに誘導しただけでは、問い合わせに結び付かないからです。これは、多くのサイトで間違っているのですが、入力フォームがあるだけでは全く不十分です。

考えていただきたいのですが、「お気軽にお問い合わせください」と書いてあるだけのフォームに、個人情報を入力したいと思いますか? 今の時代、個人情報の開示はよほどの魅力が無い限り、誰も行いません。ちょっとしたコメントとフォームだけで、魅力を感じるわけがないのです。

そこで、以下のような点に気を付けて、いわゆるランディングページに仕上げてほしいのです。

  1. ユーザーの抱える問題や欲求を明確にする。
  2. それを解決できる商品や情報を用意する。
  3. その魅力を確実に伝える。
  4. 他所では手に入らないものであることを伝える。
  5. 今すぐ手に入れるべき理由を伝える。

ポイントを説明すると、「あなたが抱える困りごとの解決策が、このページにります。」ということを説明するわけです。特に重要なのは、魅力の伝え方です。ユーザーに対して、単純に解決策の特徴を伝えても、魅力としては感じてもらえません。

ユーザーは、解決策がどのようなものかを知りたいのではなく、解決策によって自分がどうなるのかを知りたいのです。したがって、このような場合はベネフィットを説明してください。ベネフィットを説明すれば自分にとっての利益がわかるので、魅力が圧倒的に伝わりやすくなります。

このように、ベネフィットを伝えることが問い合わせを促します。特徴を山ほど伝えても魅力としては感じられず、問い合わせを促すことにはならないのです。もちろん、強引に勧めても効果はありませんのでご注意ください。

まとめ:ホームページの内容を、ユーザーの解決策にすること!

いかがでしたか?

問い合わせの多いホームページについて、3つの成功ポイントを説明しました。アクセスを増やすための戦略を練る、集客用ページへの誘導を理解する、集客用ページで問い合わせを促す、などのポイントに絞って説明しましたので、ご理解いただけたのではないかと思います。

ホームページの成功ポイントでご理解いただきたいのは、デザインや小手先のテクニックでは問い合わせにつながらないということです。ユーザーは解決策を求めてホームページにアクセスするわけですから、その期待に応えることが最も重要なのです。

すると答えは一つ、内容をユーザーにとって役立つものに変えるしかありません。そして、役立つことを伝えるためにはベネフィットによる説明が必要です。なぜなら、どんなに役立つ情報を提供していても、それが伝わる伝え方をしなければ意味が無いからです。

問い合わせの多いホームページにするためには、役立つ内容に変えると同時に、それをうまく伝えるやり方も実践しなくてはいけないことを忘れないでください。

以上、「問い合わせの多いホームページ、3つの成功ポイント!」と題して説明しました。