《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

問い合わせを増やすには、この9点が重要です!

問い合わせを増やすには、この9点が重要です!

問い合わせ増やすには、重要な9点があることを説明します。読者対象は、Webの問い合わせを増やしたい方です。問い合わせフォームの作り方だけでなく、問い合わせの流れに沿って必要な対策を詳しく説明しています。

問い合わせを増やすには、どんな知識が必要なのか?

「問い合わせを増やすには、どうすればいいんだろうか?」と疑問を持たれたために、あなたはこのページをご覧になっていると思います。問い合わせの増加というと、一般的には入力フォームの工夫を考える方が多いようですが、実はそれだけでは不十分なんです。

なぜなら、問い合わせに関係するのはそれだけではないからです。具体的には、流れを知ると理解できると思います。

  1. バナー(リンク)をクリック
  2. 問い合わせページを閲覧
  3. フォームに情報を入力
  4. 問い合わせボタンをクリック(問い合わせ完了)
  5. 自動返信メール送信

このように、ザックリ考えても5段階の流れになります。つまり、5つの流れそれぞれに対して何らかの対策を講じなければいけないということなんです。

そこで、問い合わせを増やすにはどのような対策をすべきなのか、流れに沿ってお話しします。

問い合わせを増やすポイントは、9つある!

それでは、問い合わせを増やすために知っておくべきポイントを説明します。ポイントは9つありますので、しっかりと頭に入れてください。

1.クリックしたくなるバナーを作る

クリックしたくなるバナーを作る必要があります。バナーとは、問い合わせページへの誘導を行うための画像です。では、なぜバナーが重要なのかというと、そもそも閲覧者を問い合わせページに誘導できなければ、問い合わせという行為自体が行われないからです。

つまり、閲覧者に問い合わせの第一歩を踏み出させるためには、バナーがしっかりしていないとまずいんですね。するとバナーで重要になるのが、言葉による魅力的な説明と、それをどこに配置するのかというポイントです。

言葉による魅力的な説明

バナーには言葉による魅力的な説明が必要です。なぜなら、何の魅力もないのではクリックしたいと思えないからです。つまり、「問い合わせはこちら」という言葉だけでは、問い合わせページに誘導できないんです。クリックするだけの理由が必要なんですね。

では、魅力とは何かというと、『確実に答えが返ってくる』ことでしょう。問い合わせは、聞きたいことがあって行うわけですから、担当者や専門家がちゃんと答えるということを、伝えなくてはいけないわけですね。例えば、以下のような文言です。

  • この道○○年の専門家がお答えします。
  • 見つからなければお探しします!
  • 今なら、○○も無料で診断します!

間違いない証拠であるとか、今すぐ問い合わせるとお得とか、具体的に魅力を伝えましょう。

このように、バナーに必要なのは魅力的な言葉です。確かに、見た目が優れたバナーを作れば目立たせることはできるものの、興味を持ってもらえません。バナーは言葉で魅力的に説明することで、問い合わせページに誘導しやすくなり、問い合わせを増やすことに貢献できますよ。

バナーの配置を最適化

バナーは配置の最適化が重要です。ここで言う配置の最適化とは、バナーを最もクリックされやすい位置に置くことを指します。具体的にどこに置くのかというと、文章の前や後にバナーを置くとよいでしょう。なぜなら、バナーが最もクリックされる位置だからです。

これは、統計的にクリックされやすい場所として広く認知されています。では、なぜ配置の最適化が重要なのかというと、バナーを認識してもらえなければクリック以前の話だからです。バナーが閲覧者の目に入らない状況では、お問い合わせページがあることに気づいてもらえません。

このように、バナーをクリックされやすい場所に置くことで閲覧者の目に入りやすくなり、魅力的な文言も生きてきます。すると、問い合わせページへ誘導しやすくなるので、問い合わせを増やすことに貢献するのは間違いないでしょう。

2.問い合わせページを用意する

問い合わせページはぜひ用意しましょう。ここで言う問い合わせページとは、入力フォームを備えた専用ページのことを指します。では、なぜフォームを備えた専用ページが必要なのかというと、入力をできるだけ簡単にして、「面倒くさい」という心理的なハードルを下げるためです。

例えば、メールアドレスがあるだけだと、自分で文面を考えてメールを書かなくてはいけません。すると、何をどこまで書けばよいのか悩むことになるんです。ところが、フォームが用意されていると問い合わせに必須の情報だけを入力すればよいので、非常に簡単でしょう。

さらに、悩み事など問い合わせたいことを説明しなくてはいけないので、「何と書けば伝わるだろうか?」とか「こんなことを聞いて返事が来るだろうか?」といった、疑問も生じます。このような場合も想定して過去の事例を掲載すると、より一層わかりやすくなりますよ。

このように、問い合わせページを用意することで面倒くさいという心理を抑えるので、問い合わせを増やすうえで非常に有益なんですね。

参考 問い合わせページの詳しい作り方は、以下のページで説明しています。

問い合わせページの作り方、7つの超重要ポイントを説明します。読者対象は、問い合わせページ作成のポイントが知りたい方です。単なる作り方ではなく、コンバージョンアップを主眼に置いた説明をしています。

3.入力フォームを工夫する

問い合わせページでは、入力フォームの工夫も必要です。入力フォームとは、問い合わせに必要な項目を、テキストボックスやラジオボタンで入力しやすくしたものです。では、元々使いやすいはずのフォームを工夫するとは、どういうことだと思いますか?

これは、項目数を極力減らすことを意味します。具体的には、必須項目以外の項目を一切用意しないということです。その際のポイントは、どこまでを必須項目にするかという基準です。これは、絶対にないと困るという項目だけを残してください。

例えば、単純な問い合わせだけなら、「メールアドレス」・「名前」・「問い合わせ内容」の3つで十分なはずです。また、極力やめるべきなのが、電話番号の入力を求めることです。閲覧者が一番嫌うのは電話によるセールスなので、電話番号を入力したらどうなるのか容易に想像がつきます。

電話番号の項目をなくしただけで、「何割」という単位で問い合わせが増えることも少なくありません。したがって、フォームの項目を必要最小限の個数に減らすことで、問い合わせを大幅に増やすことも可能であると言えるでしょう。

参考 入力フォームの作り方については、こちらで詳しく説明しています。

お問い合わせフォームの作り方、7つの超重要ポイントを説明します。お問い合わせフォームの作り方を知りたい方は必見です。単なる作り方ではなく、問い合わせが得られるポイントをユーザー心理の視点で説明しているからです。

4.送信ボタンを工夫する

フォームの送信ボタンは工夫が必要です。送信ボタンは、入力情報をメールとして送信するものですが、文言と色は工夫すべきです。なぜなら、ボタンのクリック率に大きく影響するからです。工夫しないと、利用者がボタンを押したいと思えないんですよ。

送信ボタンの文言の工夫

ボタンの文言は多くの場合に「送信」となっていますが、これは明らかに変なんです。実際の行動を表してください。なぜなら、送信は裏側の動きだからです。表側の動き、つまり利用者は入力情報を送るという意識でボタンを押しません。あくまでも問い合わせているだけです。

すると、意図と違う言葉のために「送信ってなんだ?」と利用者に違和感が生まれ、ボタンのクリックをためらってしまうんです。したがって、文言は「問い合わせる」や「相談する」など、実際の行動を表したものにするのが確実だと言えるでしょう。

送信ボタンの色の工夫

ボタンの色はなるべく赤やオレンジなど、赤系の色にしましょう。なぜなら、ボタンであることが明確で分かりやすいのと、多くのショッピングサイトで赤系の色になっているからです。最終的な決定ボタンは、利用者にとって赤系のイメージが強い傾向にあるんですね。

例えば、楽天は赤色で、Amazonはオレンジ色です。明確にボタンとわかるように色を赤系にするとともに、なるべく大きくして目立つようにしましょう。分かりにくいボタンでは気づいてもらえない可能性があるし、押そうという気持ちが湧きません。

このように、送信ボタンまでしっかり工夫することでボタンが押しやすくなります。直接的に問い合わせを増やすわけではありませんが、土壇場で問い合わせを中止する方を減らせるので、間接的には問い合わせを増やすことができるでしょう。

5.プライバシーポリシーを用意する

プライバシーポリシーはぜひ用意してください(おそらくほとんどのサイトで用意済みだと思いますが念のため)。プライバシーポリシーとは、個人情報の取り扱いについてサイト側の考え方を示したものですが、これを入力フォームの近くに置きます。

直接文章を置いてもいいし、リンクを設置しても良いです。では、なぜプライバシーポリシーでサイト側の姿勢を示すのかというと、利用者に安心してもらうためです(もちろん、法律の面でも用意すべきです)。個人情報を明かすわけですから、安心がとても重要なのは分かると思います。

安心できるサイトであると分かれば、利用者は問い合わせがしやすくなります。したがって、プライバシーポリシーそのものか、そこへのリンクを送信ボタンの近くに置くようにしてください。そうすることで、利用者がボタンを躊躇なく押せるようになるはずです。

もちろん、プライバシーポリシーだけで問い合わせが増えるわけではありませんが、問い合わせを躊躇することを防げるので、減らすことを避ける効果が期待できるんですね。

直接商品を販売している店舗や会社は、必ず『特定商取引法に基づく表記』も用意してください。これも利用者の安心や法律への対応のためです。

6.自動返信メールもしっかり考える

自動返信メールは文面をしっかり考えたうえで、必ず送信してください。これは、利用者が送信ボタンを押した後に、受け付けたことを利用者自身に知らせるためのメールですが、ポイントはその文面です。ぜひ、心のこもった文面を考えてほしいんです。

なぜ心が感じられる文面が必要なのかというと、利用者は個人情報を明かすというリスクを冒してでも、問い合わせているからです。つまり、「個人情報が流出しないだろうか?」・「ちゃんと答えてくれるだろうか?」という2つの不安を感じるので、それを少しでも和らげたいんです。

文面のポイントとしては、「預かった情報は漏えいしないように大切に扱う」という点と、「問い合わせには迅速に応える」という点を伝えることです。もちろん、他にも伝えるべきことがあれば伝えてください。それで不安を解消できるなら、積極的に書くべきでしょう。

なお、こちらの対策は送信ボタンを押してもらった後のことなので、問い合わせを直接増やすものではありません。しかし、信用してもらえれば、2回・3回と問い合わせをしてもらうとか、やり取りなどへの発展も考えられます。つまり、見込み客を逃さない対策なんですね。

問い合わせの人数を増やすわけではありませんが、件数を増やすことにはなりますので、ぬかることなく対応してほしいと思います。

送信ボタンを押した後に、サンクスページ(「お問い合わせいただき、ありがとうございます」と表示するページ)に遷移しますが、そこで上記内容を伝えることも忘れないでください。

7.返信は迅速に行う

問い合わせに対する返信は、できる限り迅速に行いましょう。この場合の返信とは、問い合わせに対して回答することです。しかも、問い合わせがあってからその内容を精査することになるので、どうしてもある程度の時間が必要になります。瞬時に返答することはできませんよね。

ですが、利用者はすぐに返答がほしいと思っています。なので、できる限り急いで回答してほしいんです。実際に検索ワードにも表れており、「返信遅い」・「返事が来ない」・「何日待つ」など、問い合わせてから返答が来るまでの時間が、とても気がかりなんですね。

したがって、先ほどの問い合わせページや自動返信メールで何日かかるか目安を示すとか、数日間を要するような場合はその旨をメールで伝えて、待ってもらう必要があるでしょう。このように気を使うのは、お客さんになってくれそうな人を逃がさないためです。

サイト側が誠意を見せて精いっぱい対応することで、利用者の気持ちを引き付けるんですね。このような対応は、問い合わせを増やすことに直接関係しませんが、お客さんが増えなければ意味がありませんので、しっかりとやるべき対応であることは間違いないでしょう。

8.SSLでの暗号化は必須です

SSLによる問い合わせページの暗号化は必須です。 SSLとは通信内容を暗号化し、情報漏えいを防ぐ対策のことですが、道義上必要であると同時に、利用者の心理的不安を打ち消すためにとても重要です。暗号化されていない状況では、SSLを知らない人しか問い合わせに至らないからです。

つまり、多くの方に問い合わせページを見てもらえたとしても、その内のごく一部の方にしか問い合わせてもらえないことになるわけですね。また、セキュリティに敏感な人からすれば、SSLの有無はサイト側がセキュリティに対して積極的に取り組んでいるかどうかの目安にもなります。

SSLが無いと、ブラウザによっては警告を発する場合もあり、閲覧者が問い合わせページの利用をためらう原因にもなりますので、SSLの導入は必須であると考えましょう。また、必ずサイト全体を暗号化してください(JPRS のサイトで詳しく説明しています ⇒ 常時SSL化について )。

このように、サイトを暗号化すれば安心して利用できますので、問い合わせが直接的に増えないかもしれませんが、減らさないように貢献できるはずです。

SSLは年間 1,000円程度から導入できます。サーバーのレンタル業者によっては無料で提供していますから、ケチらずにぜひ導入しましょう。

9.WordPressはプラグインで対応(参考)

参考までに、WordPressで入力フォームを作る方法をご紹介します。この場合、最も簡単なのはプラグインをインストールすることです。本来であれば、PHP でプログラミングしないといけませんが、プラグインを使えば、比較的簡単にフォームを作れるんですね。

具体的には、次のようなプラグイン(無料で使えます)が有名です。

  1. Contact Form 7
  2. MW WP Form

どちらを使っても、同じようにフォームが作れます(MW WP Form については、料金を支払うとより高機能にできます)。それぞれの特徴をザックリ説明すると、Contact Form 7 は利用者がとても多いので、さまざまな情報が手に入りやすいのが一番のメリットでしょう。

MW WP Form の方は利用者はそんなに多くないものの、入力内容の確認ページが簡単に作れるようになっているなど、本格的な機能が充実しています。業務用のフォームを作るのであれば、こちらの方がより適するかもしれませんね。

入力フォームはうまく作らないと、信頼を損ないかねません。なぜなら、個人情報を直接入力する部分なので、見た目に整然としていなかったり動きがおかしかったりすると、それだけで不信感が出てしまうからです。それでは当然、問い合わせを増やすことはできません。

したがって、WordPressではご紹介したプラグインなどを使って、簡単確実にきれいなフォームを作っていただき、問い合わせを増やすことに結び付けてほしいと思います。

もちろん、PHPのプログラミングに長けている方は、入力フォームを自作されても全く問題ないと思います。

まとめ:内容の充実が、問い合わせを増やします。

いかがでしたか? 問い合わせを増やすには、重要な9点があることを説明しました。

今回ご説明したのは、クリックしたくなるバナーを作る、問い合わせページを用意する、入力フォームを工夫する、送信ボタンを工夫する、プライバシーポリシーを用意する、自動返信メールもしっかり考える、返信は迅速に行う、SSLでの暗号化は必須です、WordPressはプラグインで対応、などのポイントでした。

問い合わせを増やすには、問い合わせページへの誘導、問い合わせページの充実、問い合わせ受理後の対応などのポイントを押さえる必要があります。つまり、問い合わせページのアクセス増加と、問い合わせ率(コンバージョン率)の向上という両輪で考えるべきなんですね。

また、サイト側は問い合わせをもらうことをゴールにしがちですが、利用者にとってはあくまでも問い合わせは通過点で、その答えがゴールです。その点を理解しておかないと、問い合わせだけ増えてお客さんが増えないということになりかねません。

単に問い合わせを増やすだけにとどまらず、お客さんの獲得までしっかりと考えた対応をしていただければ何よりです。

以上、「問い合わせを増やすには、この9点が重要です!」と題して説明しました。