集客力のあるホームページ、知っておきたい5つの違い。

ホームページ集客力、高いサイトは何が違うのか?

集客力のあるホームページについて、知っておきたい5つの違いを説明しました。ホームページの集客力をアップしたいと、お考えの方に適しています。集客力のあるホームページは何が違うのか、決定的な差を説明しているからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページの基礎知識まとめ

なぜ集客力のあるホームページは、お客様が中心なのか?

お問い合わせが多い、集客力のあるホームページはとてもうらやましいですよね。「対応しきれない数のお問い合わせが来たら、どんなにいいだろう。」と思うでしょう。しかし、現実はそんなに甘くなく、自分のサイトはめったに問い合わせがない…。いったい何が違うんでしょうか?

ヒントは、お客様が中心のホームページは集客力が高いという事実です。多くの方が間違えているんですが、商品を中心にしたやり方では、お客様は興味を持ってくれません。なぜなら、お客様は商品のことが知りたいのではなく、買った後に『自分がどうなるか』を知りたいからです。

だから、お客様を中心にすることが重要なんです。そこで、お客様が中心とはどういうことなのか、具体的に説明しましょう。

お客様が中心のホームページは、この5つが違う!

それでは、お客様が中心のホームページはどこが違うのか、ポイントを説明します。大きく5つの違いがありますので、しっかりと目を通してください。

ターゲットが明確である。

集客力のあるホームページは、何と言っても対象者、つまりターゲットが明確です。なぜターゲットを明確にするのかというと、提供するサービスや情報を狭く深くできるからです。つまり、濃い内容にできるということなんですね。

内容が濃くなれば、お客様は非常に満足しますので、いわゆる顧客満足度を上げることができます。別の言い方をすれば、ある特定のお客様に対して、精いっぱいのサービスを提供するわけです。したがって、広くまんべんなくではなく、狭く濃くすることが顧客満足度を上げる秘訣です。

このように、お客様に満足していただくために、ターゲットを明確に絞るわけですね。

ニーズを正確に捉えている。

集客力のあるホームページは、ニーズを正確に捉えています。これは、先ほどのターゲットの明確化ができているからですが、ニーズに沿ったサービスや情報を提供しているのは間違いありません。お客様が「そうそう、これがほしかったんだよ。」となれば、集客できるのは当然ですよね。

これは、マーケティングによって把握するものですが、意外としっかりできていないことが多いのではないでしょうか。ニーズに合ったものを提供するのは当たり前ですが、これがホームページとなると途端にできなくなるという、不思議な現象がよく起こります。

ホームページだと、どうしてもニーズを無視して、自社の強みを前面に押し出そうとしてしまうんです。ニーズに合わせるのは、ホームページに限らず現代のビジネスでは不可欠ですから、これは必ずやってほしいことです。お客様のために、ぜひニーズを正確につかんでください。

参考 以下のページで詳しく説明しています。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。検索ワードを調べるので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

デザインはシンプルでわかりやすい。

多くの方が、デザインが良いホームページは集客できると思っています。しかし、集客力のあるホームページのほとんどは、シンプルでわかりやすいデザインです。何だったら、とてもダサいデザインの場合すらあります。なぜだかわかりますか?

シンプルなホームページは、内容がしっかり伝わるからです。ホームページで大事なことは、お客様の抱える問題が解決し、欲求が満たされることを伝えることであって、派手にして印象に残すことではありません。極論を言えば、デザインはどうでもよく、中身だけが大事なんです。

したがって、いかに書かれている内容がお客様に『正確に伝わる』かが、デザインのポイントです。繰り返しますが、お客様が欲しいのはデザインではなく、自分が満たされることです。だからこそデザインは、シンプルでわかりやすいことが、お客様のためになるんです。

アフターフォローがしっかりしている。

アフターフォローがしっかりしているホームページは、集客力が高いです。なぜなら、購入した後やサービスを受けた後が、どうなるのか見通せるからです。人間は、先がよくわからないことには、積極的に関わろうとはしないんですね。

例えば、何かの機械を購入しようと検討している時に、それがメンテナンスが必要だったとします。販売店としては、売れればそれでよいかもしれませんが、買う側はメンテナンスの仕方を知りたいと思います。すると、メンテナンスについて説明してくれる販売店の方が安心です。

それが、そのままホームページでも言えるんです。購入後がどうなるのかを、しっかりと説明しているホームページの方が、安心であるのは間違いありません。このように、アフターフォローをしっかりと行うことで、お客様が安心するんですね。

ちょっとした気遣いが感じられる。

集客できるホームページは、ちょっとした気遣いが感じられます。ちょっとした気遣いとは具体的に何を指すのかというと、非常に細かいところまで情報を提供することです。例えば、店舗について案内するページで、駐車場について説明していたとします。

普通なら、『駐車場ございます。』程度の情報しかありません。しかし、気遣いがあると、『3ナンバー車でも楽に駐車できます。』というような情報発信になります。なぜなら、停める側であるお客様とすれば、「自分の車は大きいけれど、停められるだろうか?」と不安だからです。

ほんのちょっとしたことなんですが、このほんのちょっとのことがお客様の不安を解消し、信頼の獲得につながります。このように、常にお客様目線で考えることでちょっとした気遣いができ、お客様に安心感を持ってもらうことができるんです。

まとめ:お客様が中心になる、伝え方をしてください。

いかがでしたか?

集客力のあるホームページの、知っておきたい5つの違いを説明しました。ターゲットが明確、ニーズを正確に捉えている、デザインはシンプルでわかりやすい、アフターフォロー、ちょっとした気遣い、などのポイントがありましたので、ご理解いただけたのではないかと思います。

繰り返しになりますが、集客力のあるホームページは、常にお客様が中心になっているところが大きな違いです。もう少し言うと、売る側の強みをお客様のベネフィットとして表現しているんです。そうすると、お客様が中心であるように感じてもらうことができます。

集客力をアップするために最も簡単な方法は、「あなたの○○は、当社の□□で解決できます。」と伝えることです。当たり前のことなのに、実はできていないことが多いんです。ホームページの内容を見直してみてください、きっと伝え方がマズイことに気づきますから。

以上、「集客力のあるホームページ、知っておきたい5つの違い。」と題してお話ししました。