《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

集客ホームページの作り方、5つの超重要な知識とは?

集客ホームページの作り方、5つの超重要な知識とは?

集客ホームページ作り方、5つの超重要な知識を説明します。読者対象は、集客できるホームページの作り方を知りたい人です。集客するときに、ホームページ作成は何に気を付けるべきなのかを詳しく説明しています。

なぜ、集客ホームページの作り方が重要なのか?

あなたは、「集客ホームページの作り方が知りたい!」と考えて、このページをご覧のことと思います。確かに、ホームページを作るのであれば、集客できるようにしたいですよね。お金を掛けて作るにしても、自分で作るにしても無駄にはしたくないですから。

では、どのように作成すると集客ホームページになるんでしょうか? ポイントはさまざまですが、最も重要なのは、問い合わせページとそこへの誘導です。つまり、単なる作り方ではなく、集客の流れをつかんでそれに見合った内容や構成にすることが、必要なんですね。

そこで、集客ホームページの作り方として、問い合わせページへの流れを中心にお話しします。

集客ホームページの作り方、ポイントは5つです!

それでは、集客ホームページの作り方について、重要なポイントを説明します。ポイントは5つですので、しっかり目を通して役立ててください。

集客ホームページの要、流れを理解しよう!

最初に理解しておいていただきたいのが、ホームページ集客の流れです。

  1. 検索ユーザーがホームページにたどり着く。[入口]
  2. バナーやリンクをクリック。[CTA(Call To Action)]
  3. 問い合わせページ(ランディングページ)を閲覧。[出口]
  4. 問い合わせ(申し込み・購入)を行う。[コンバージョン]

ザックリと上記のような流れで、検索ユーザーは問い合わせを行います。したがって、いかにして問い合わせページへ遷移するように誘導するかが、ポイントとなるでしょう。もちろん、1回ですぐに問い合わせに至る方もいれば、複数回訪問したのち問い合わせという方もいます。

ただ、基本的には上記のような流れを想定して、ホームページやサイト全体を考えます。なぜなら、最も効率よく、最短で問い合わせにつながるからです。1ページ見られようが、10ページ見られようが、問い合わせをもらえればそれで構いませんからね。

つまり、入口の施策よりも出口の施策が重要であることに気づきましょう。最終目的は、『問い合わせの取得』であることを念頭に、集客の流れを把握してください。

サイトの入り口、閲覧者はどこからくる?

集客ホームページの作り方で、最初に重要なのは、閲覧者がどこからやってくるのかです。つまり、サイトにたどり着くルートのことで、以下のようなパターンが考えられます。

a.検索で見つけてアクセス。

検索でホームページを見つけてアクセスするということは、 Google などの検索サイトからアクセスがあるということです。つまり、SEO対策が必要になるということでもあります。できる限り検索で上位に表示されるようにして、アクセスを稼ぐようにしましょう。

b.ネット広告を見てアクセス。

ネット広告を見てアクセスするということは、ネットに広告を出していることが前提です。いわゆるPPCと呼ばれる広告を出すことで、サイトにアクセスしてもらうわけです。費用はかかりますが、かなり確実にアクセスを得ることができると思いますので、知っておきたい方法です。

c.チラシなど従来メディアをみてアクセス。

従来のメディアからのアクセスもあるでしょう。新聞・雑誌・チラシなどの紙媒体や、テレビ・ラジオなどのコマーシャルということですが、これらも決して侮れません。業種や対象客によっては、この様な従来からある媒体の方が、効果的な場合があるからです。

どのルートが良いかという話ではなく、どのルートがマッチするかという点が重要であることに気づいてください。なぜなら、あなたの対象となるお客さんが存在するところへ広報しないと、アクセスが増えません。あなたのビジネスではどれが最適なのか、しっかり見極めてください。

閲覧者が辿り着いたページを着地ページと呼びます。 Google アナリティクスなどではランディングページと呼びますが、一般的にランディングページは集客用ページを指しますので、ここでは「着地ページ」で統一します。

着地後、閲覧者はどうするのか?

先ほどのいずれかの方法でホームページに着地した方は、その後どうするでしょうか? 考えられるのは以下のようなパターンです。

a.内容を読んで、すぐにバナーをクリック。

着地ページの内容を読んだことで、バナーをクリックする気になったということですね。一番、理想的なパターンです。ホームページ集客の最終目的は問い合わせですので、問い合わせページのバナーをクリックするということは、そこへつながる行動であると言えます。

b.内容を読んで、さらに別のページを閲覧。

着地ページの内容を読んで、さらに別のページを閲覧したくなったということです。これは、悪くない傾向だと考えられます。なぜなら、内容に興味を持ったために起こした行動だと考えられるからです。数ページ閲覧後にバナーをクリックしてくれれば、問い合わせにつながりますね。

c.内容を読んで(またはほとんど読まずに)、何もせず離脱。

着地ページの内容にあまり興味がわかず、結局離脱してしまうというパターンです。実は、一番多いのがこのような行動です。ページがどんなに素晴らしい内容であっても、多くの方は情報を手に入れたらそれでバイバイというのが普通なんです。なので、ガッカリしないでくださいね。

ザックリと、閲覧者の行動パターンを挙げてみました。多くの場合は、バナーのクリックまで至りません。クリックは、ほんの数%ということがほとんどでしょう。つまり、ほとんどのアクセスは何もせずに離脱してしまうんですね。

では、どのようにバナーのクリックを促せばいいんでしょうか? 次の項目で、さらに詳しく考えていきましょう。

バナーのクリックなど、サイト側が狙っている行動を『CTA』と呼びますので、覚えておきましょう。

閲覧者を問い合わせページへ誘導するには?

ほとんどの閲覧者がバナーをクリックしないことがわかったところで、それをどのように解消し、問い合わせページへ誘導すればいんでしょうか? CTA率の改善ポイントは2つあります。

a.着地ページの内容を充実させる。

着地ページのポイントは、内容を充実させることです。具体的には、どれだけ閲覧者の役に立ち、気付きがある内容にできるかでしょう。簡単に言うと、閲覧者の期待を超える内容が必要です。なぜなら、単に問題の解決策があるだけでは、心が動かないからです。

閲覧者自身の予想を超えてくれば、「この会社すごいな!」となって、興味がわきます。つまり、公表できるギリギリまでしっかりとした説明をしたり、よそでは語られていないような価値ある情報を提供したりする必要があるんですね。ようは、心が動くような内容にできるかが勝負です。

b.バナーを魅力的にする。

バナーのポイントは、価値を示すことです。多くの方は、目立つことに気が回って、内容の重要性に気づいていません。なぜなら、バナーは情報を飾って伝える手段だからです。つまり、魅力ある内容を用意しないことには、目立つだけでは足りないんですね。

したがって、「このバナーをクリックしないと大損ですよ!」というぐらい、高い価値があることを伝えるようにしましょう。また、バナーは場所も重要です。文章の冒頭や文末は比較的クリックされやすいので、価値が伝わるバナーを作ったら、配置にも気を使いましょう。

このようにして、着地ページは内容に、バナーは魅力に気を配りながら作ります。これで、バナーのクリック率(CTA率)は改善されるでしょう。

サイトの出口で、問い合わせを促すには?

いよいよ、サイトの出口である問い合わせページについてお話しします。問い合わせページまでたどり着けば何とかなる、と思われている方が少なくありません。しかし、入力フォームしかないようなページでは、まず問い合わせには至りません。

なぜなら、自らの個人情報を公開してまでも問い合わせるだけの価値が、感じられないからです。ご自分に置き換えて考えてみてください。魅力や価値が無いのに、住所・氏名・電話番号・メールアドレスを公開できるでしょうか? どう考えても無理ですよね。

したがって、入力フォームがあるだけという状態ではダメだし、単に画像を多用しただけの派手なデザインでもダメなんです。あなたも、派手なページだからと言って、申し込みたくなるわけではありませんよね。ほしいものが手に入ると思うから、個人情報を入力するはずです。

問い合わせページでは、「あなたの欲しいモノがここにあります!」ということをしっかりと訴えてください。例えば、「こんなことがわかります」とか「こんなサンプルが手に入ります」といった具合に、分かりやすく詳しくできるだけたくさん説明しましょう。

本当に、個人情報を入力するだけの価値があるかどうか、問い合わせページの内容をじっくりと考えてください。それが、問い合わせを促す、唯一にして最大の魅力となります。

サイト側のねらいが達成(問い合わせや資料請求)されることを『コンバージョン』と言いますので、覚えておいてください。

参考:ランディングページにすべきか?

あなたは、ランディングページをご存知ですか? ランディングページとは、問い合わせを強く要求するページのことで、画像を使ってかなり派手に演出する場合が多いです。積極的に導入している企業も多いですが、半ば押し売りなので決して効率が良くありません。

重要なことは、魅力を伝えることです。具体的には、ベネフィットを伝えます。ベネフィットを表現するために、画像を使うなど様々な工夫をするのは理にかなっています。別の言い方をすれば、ベネフィットが伝わるページなら、ランディングページは意識しなくても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 集客ホームページの作り方、5つの超重要な知識を説明しました。

今回ご紹介したのは、ホームページ集客の要、流れを理解しよう!・サイトの入り口、閲覧者はどこからくる?・着地後、閲覧者はどうするのか?・閲覧者を問い合わせページへ誘導するには?・サイトの出口で、問い合わせを促すには?・などのポイントでした。

色々と説明しましたが、覚えておいてほしいのは、入口の施策よりも出口の施策の方が重要である点です。閲覧者を多く集めるのは重要ですが、集めた閲覧者をどれだけ逃がさずに問い合わせページに引き込むかという視点は、より一層重要です。

また、その際にはどれだけ魅力を伝えられるかが、実際に問い合わせるかどうかの原動力になることも忘れないでください。魅力があるだけでは不十分で、『伝わる』ことが最も重要です。これらのご説明した情報を、ホームページ集客の一助にしていただければ幸いです。

以上、「集客ホームページの作り方、5つの超重要な知識とは?」と題して説明しました。