ホームページのアクセスを増やす方法とは?

ホームページのアクセスを伸ばすには何が必要なの?

ホームページアクセスを増やす方法について説明しました。アクセスが少なくてお困りの方に、ぜひご覧いただきたい内容です。アクセスを伸ばす一般的な方法だけでなく、見落としがちな本当に必要な対応についても解説しました。

なぜ、ホームページのアクセスを増やす方法が重要なのか?

ホームページのアクセスが思ったほどなくてお困りですか? ホームページは公開しているだけではアクセスを伸ばすことができません。それなりの方法を使わないとアクセスは集まってこないんですよ。「それじゃ一体何をすればいいの?」と疑問がわきますよね。

具体的には、SEO対策にプラスアルファが必要で、単なるSEO対策だけでは不十分なんです。なぜなら、SEO対策は上位表示することだけが目的だからです。つまり、プラスアルファとは、検索ユーザーにリンクをクリックしたいと思わせるテクニックを指します。

そこで、どうすればアクセスが伸びるのか、不足しがちな部分を説明しますので、ご自分のサイトと照らし合わせてチェックしてみてください。きっと原因が見えてきますから。

アクセスを増やすためのポイント。

それでは、アクセスを増やすためのポイントを原因と技術的対策・心理的対策とに分けて説明します。

アクセスが少ない原因とは?

まず最初に、なぜ思うようにアクセスが伸びないのか、原因を探っていきましょう。なお、細かく挙げるときりがなくなってしまうので、よくある分かりやすい問題を4つ挙げました。

1.SEO対策をしていない。

SEO対策とは、検索の結果で上位に表示されることを指します。10位以内に入れば1ページ目に表示されますよね。11位以降は次のページになってしまうので、ワンアクション増えてしまい、クリックされにくくなってしまうんです。なので、SEO対策をしていないのは非常にまずいんですね。

2.アクセス履歴の解析を行っていない。

ホームページはアクセスの履歴が残りますが、それを活用していない場合が多いんじゃないでしょうか。せっかくの記録も解析して活かさないと意味がありません。検索ユーザーがどのようにしてたどり着いたかが分かるので、アクセス履歴の解析を行っていないのはとてももったいないと思います。

3.ページ数が少なすぎる。

ページが少なければ、当然アクセスは伸びません。なぜなら、単純に情報量が足りないからです。情報量が多いサイトと少ないサイトでは、当然ですが情報量が多いサイトの方が魅力的です。それだけ、必要とされる情報が見つかる可能性が高いからです。

4.読みたいと思える内容になっていない。

SEO対策でも話しましたが、検索によってアクセスされるのがホームページなので、読みたいと思える内容になっていないと当然アクセスしてもらえません。具体的にいうと、検索結果に並んだ時「リンクの文字とその下にある説明」が、クリックしたい内容になっていないということなんですよ。

検索で上位表示を目指す技術的な対策。

さて、原因は分かりましたが、問題はどうやってそれを改善するかですよね。これも、詳しく書くととんでもない量になるし、商売の関係上話せないこともあるので、分かりやすく要点だけをご紹介します。と言ってもかなり有力で参考になる情報ですよ。

最初にご紹介するのは、ホームページのアクセスを増やす方法として、検索で上位表示を目指すための技術的な対策です。これによってアクセスを増やすチャンスを作るということになります。

SEO対策を施す。

SEO対策にはいろいろなやり方があるんですが、現在のところこれだけは確実に言えるものがあります。それは「読んでいる人のためになる情報」を文章に書くことです。これは絶対はずせません。文章を書くとどうしても自分の思っていることを書いてしまいがちですが、それではだめなんです。

読んでいる人がほしいのは、何らかの問題解決ができる情報です。あなたも、何か知りたいことがあるから Google で検索するんじゃないですか? 知りたいことがあるということは、解決したい何かがあるということですよね。だから、その解決策が書かれていないと検索で上位表示されないんです。

でも、「そんなこと検索プログラムに分かるんですか?」と思いますよね。ところが、これが分かっちゃうんですよ。本当に恐ろしいぐらいよく出来ているプログラムで、まるで人間がチェックしているかのように高度に判定されるんです。なので、ユーザーのためになるコンテンツは上位表示するんですね。

これが、執筆時点での基本的なSEO対策です。

アクセス履歴を解析する。

アクセス履歴を解析すると、いろいろな情報を得ることができます。もし、履歴自体を取っていない場合は、Googleアナリティクスや Google Search Console など、Google が無料で提供している仕組みがあるので活用してください。設定がやや面倒なんですが、そこはぜひ乗り越えてください。

履歴では、いろいろな情報を取得できますが、ユーザーがサイトへアクセスした際に使用したキーワードも分かります。これはかなり有力な情報で、自分のサイトがどの程度ユーザーの期待に応えているかが、足跡から解析できるんです。この情報を基にすれば、さらに内容を充実させることができます。

そして、内容を充実させることができれば、検索で上位に表示されやすくなるので、さらにアクセスを伸ばすことができるんですね。なので、アクセス履歴を解析するといっても、アクセス数が増えた減ったといった話ではなく、検索とのマッチングを見るということなんですよ。

ページ数を増やす。

ページ数を増やすことはとても大事です。実は、ページ数を増やすとSEO対策にも影響があります。検索エンジンのプログラムはページを個別に判断するだけでなく、サイト全体のボリュームも判定材料にしているようなんです。なので、濃い内容のページをたくさん用意するのはとても重要です。

ただし、何でもいいからページを増やせばいいというものではありません。薄い内容のページが増えてしまうとサイト全体が良くない判定を受けるかもしれません。それに、最も大事なことである読んでいる人の問題解決になっていないから、それでは意味がないんですよ。

なので、必ずユーザーのためになるページをたくさん増やしてください。ではどれくらい増やせばいいのかというと、おそらく100ページは必要でしょう。一見するととても多い気がしますが、実はこれでも必要最小限だと言えます。だって、100ページの本なんて薄いと思いませんか?

こういった理由から、できるだけ濃い内容でページ数を増やしてくださいね。

ユーザーの心理面からの対策。

続いて、ユーザーの心理面からの対策をご紹介します。なぜ心理面の対策をするのかと言えば、いくら検索で上位に表示されても、ユーザーが読みたいと思わない限り、アクセスが増えないからです。

タイトルを見直す。

ここでいうタイトルとは、HTML の title タグで囲まれている部分のことを指します。WordPressの場合は、エディタの最上部にあるタイトルのことです。このタイトルは、検索一覧のリンクとして表示される文字列です。だから、タイトルに何を書くかで受ける印象が全く違ってくるんですよ。

どんな書き方をすればいいかですが、少なくともページの内容を分かりやすく的確に表現してください。例えば、うどんの記事を書いているのに、タイトルに『そば』と入れたのでは的確ではないですよね。だからといって『うどんの記事』というタイトルではあまりにも味気ないです。

せめて「おいしいうどんの記事」ぐらいにはしましょう。また、どうしてもそばを入れたいなら、「そば好きも納得するおいしいうどんの記事」みたいな感じなら問題ないですよね。こんな感じで、的確に内容を表現するとともに、興味を引くようなタイトルになるよう見直してください。

説明文(description)を見直す。

説明文は、HTML の meta タグの description に書かれた内容のことを指します。WordPressの場合は、エディタの最下部にある抜粋のことです。この説明文は、検索結果の一覧に表示される文章で、リンクの下に出ている説明のことだと言えば分かりやすいでしょうか。

それで書く内容ですが、簡潔にページ内容を表すようにポイントを押さえた要約文にしてください。こちらも、タイトルと同様に何か興味を持ってもらえるようなポイントがあるといいと思います。例えば、タイトルを「おいしいうどん」としたなら、どうおいしいのかを書くのも一つの手ですよ。

ところで、説明文はタイトルとセットで考えるようにしてください。なぜなら、タイトルで引きつけられた検索ユーザーが、説明文を見て読む(リンクをクリックする)に値する内容なのかどうかを判断しているからです。こんな感じで説明文を見直してみてください。

アクセスを伸ばすのも大事だけど…。

ここまでアクセスを伸ばす方法について説明してきました。本当に基本的なことなので、すでに実施している方にとっては有益じゃなかったかもしれませんね。ところで、確かにアクセスを伸ばすことも大事なんですが、そもそもあなたがホームページを公開する目的はなんですか?

目的はおそらく、Web集客つまり問い合わせの獲得ですよね。だとしたら、アクセスを伸ばしただけでは集客にならない場合が多いですよ。なぜなら、ホームページの反応率を改善していないからです。どんなにアクセスを増やしても、問い合わせがなければ徒労に終わってしまいますからね。

アクセスをある程度伸ばすことが出来たら、反応率を上げることを次の目標にしてください。そうすることで問い合わせの獲得へとつながって、やっと成果が出せるようになりますから。

※ 反応率について詳しくはこちらのページで説明しています。

ホームページの反応率はどれくらいが目安なのか説明しました。自分のホームページの反応率がライバルに比べて低いんじゃないかと不安な方に適していま...

まとめ

いかがでしたか?

一般的にアクセスを伸ばす方法として、SEO対策ばかりに目が行ってしまいます。SEO対策はあくまでも検索結果で上位に表示されるだけで、リンクをクリックしてもらえるかどうかは別です。だから、タイトルや説明文などプラスアルファの部分をもっと大事にしてくださいね。

内容は基本的なものばかりですが詳しく説明しました。そもそもアクセスが少ないと何も始まらないわけなので、ガンバってホームページを改善してもらいたいと思います。即効性はないかもしれませんが、じわじわとその効果は出てくるはずですよ。

なお、より具体的なやり方については私にご相談ください。アクセスを増やすための、より細かいやり方についてアドバイスをさせていただきますよ。

以上、「ホームページのアクセスを増やす方法とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。