なぜ、ホームページでは無料で集客できないのか?

どんなホームページなら儲かるのか?

なぜ、ホームページでは無料で集客できないのか説明しました。読者対象は、ホームページ集客にお金がかかり、無料にできない理由を知りたい方です。無料で集客できない理由だけでなく、その解決策を詳しく説明しています。

ホームページ、無料で集客できない理由とは?

あなたは、「ホームページなら無料で集客できると思ったけど、思ったようにはいかないなあ。」と残念な気持ちでこのページをご覧のことと思います。確かに、ホームページは自力で作れば、ほとんど費用をかけずに集客できそうですからね。

しかし、実際にはそんなにうまくいきません。なぜならホームページは、存在すればそれだけで集客できるような、そんな甘いものではないからです。ホームページで集客したいなら、必ず集客のための仕掛けが必要です。仕掛けが無ければ、集客は不可能だといえます。

つまり、仕掛けが無いホームページは、無料どころかお金をかけても集客は無理なんです。ですが、ホームページに仕掛けを施して、集客力を根本的に上げることができれば、無料で集客することは不可能ではありません。なぜなら、継続的に費用を掛ける必要がなくなるからです。

そこで、ホームページの集客力を上げるためには、どんな仕掛けが必要なのかを説明しましょう。

ホームページ、無料で集客できない理由と対策。

それでは、ホームページが無料で集客できないときの、理由と対策を説明します。重要なことばかりを5つ選りすぐりましたので、ぜひ最後までしっかりと読んでください。

ホームページ集客とは何か?

まず、そもそもホームページ集客とは何かを確認しておきましょう。ホームページ集客とは、検索サイトを利用して多くのユーザーにアクセスしてもら考え方です。現在のアクセスはほとんどが検索によって行われ、これまでのような直接URLを入力することは少なくなっています。

従来型のアクセスであれば、マスコミで広告を出したり、折り込みチラシなどを使ったりして企業の存在を知ってもらい、そこに掲載しているURLでアクセスしてもらうというやり方でした。つまり、実質的に集客しているのはインターネット以外の媒体だったんですね。

ところが、現在はアクセスの大部分が検索によって行われるため、集客はインターネット上で行う必要があります。具体的には、検索結果の一覧に会社名や店舗名を出すことが重要になったので、それをどうやって実現するのかが非常に注目されるようになったんです。

このように、インターネットだけで集客を行おうとするものをホームページ集客と言います。

続いて、具体的な理由と対策を説明します。

理由1:検索で会社名や店舗名が出てこない

そもそも、検索で会社名や店舗名が出てこないということがあります。厳密には、下位に表示されてしまっているために、全く目立たないということです。当然ですが、検索で目立つことが無ければ、ホームページにアクセスしてもらうことは、ほとんど無理でしょう。

解決策:検索で目立つところに名前を出す。

理由1の解決策は、検索で目立つところに名前を出すことに尽きるでしょう。では、具体的にどのようにすればよいのでしょうか? 具体的には次の2つです。

ネット広告を出す

ネット広告を出すのは、非常に手っ取り早い方法です。検索結果の最上位に広告枠があるので、そこに名前を出すことができるからです。もちろん広告ですので、ある程度の費用が発生します。簡単にいうと、上位表示をカネで買うという感じですね。

しかし、これには問題があって、思った以上に費用が発生してしまうということです。ほとんどの場合、費用と利益がトントンか、やや赤字という状況です。したがって、名前を売ることだけが目的であれば効果がありますが、お問い合わせに結び付ける場合は効率が悪い方法です。

SEO対策を行う

SEO対策を行う方法は、時間がかかるものの、自分で行えば無料です。ただし、自分で行うためにはある程度の学習が必要ですので、書籍を買ったりセミナーに参加するなど、多少の費用が発生するでしょう。また、自分で行うのが無理な場合は、業者に依頼するしかないでしょう。

業者に依頼すると、当然それなりの費用が必要になるし、継続的にお金を支払うような契約の場合もあるでしょう。したがってSEO対策は、なるべく自分で行うようにすることで、費用を限りなくゼロにすることができるでしょう。

理由2:品揃えに問題がある

品揃えに問題がある場合は、当然ですが集客できないでしょう。どういうことかというと、商品には集客しやすいものと、集客しにくいものがあるからです。また、ネットに向く商品と向かない商品というのもあります。このように品揃えを間違えてしまうと、集客がうまくいきません。

解決策:適切な品揃えをする

理由2の解決策は、適切な品揃えにすることです。こちらは、内容を考えるという解決策なので、自分でやれば費用はゼロですね。具体的には次のような対策を行います。

集客しやすい商品を選ぶ

集客しやすい商品の選び方は、ビジネスによって異なるので、一概には言えません。しかし、一般的には期限があるものとか、急ぐ必要があるものを選ぶと効果的です。例えば、期限があるものというと、車検のような法律で期限が決まっているものがありますね。

また、急ぐ必要があるものであれば、業務用のハードディスクのデータ復旧などが、それにあたると思います。このような商品は、ユーザーが放っておくわけにはいかないですよね。「また今度でいいや」というわけにはいかないので、期限があるものや急ぐものは、集客しやすくなります。

ネットに向く商品を選ぶ

ネットに向く商品を選ぶ場合も、ビジネスによって違うので、やはり明確には言えません。しかし、一般的には通常の店舗では売っていないような珍しいもの、まとめ買いできるもの、極端に安く購入できるものなどが、ネットに向く商品だと思います。

また、店頭で購入したくないようなプライバシーに関わるようなものなども、ネット向きですね。つまり、どこでも買えないようなものであれば、ネットに向く商品であると考えられるので、集客しやすくなると思われます。

理由3:表現方法に問題がある

表現方法に問題があると、集客がうまくいかないことがあります。この場合の表現方法とは、画像の使い方と文章の書き方です。商品によって、画像を多用して説明したほうがわかりやすいものと、詳細な文章を書いた方がわかりやすいものがあります。

さらに、画像もどのようなものを使うかによって分かりやすさが変わりますし、文章の場合も表現の仕方でわかりやすさが大きく変わってしまいます。このように、表現方法に問題がある場合は、やはり集客がうまくいかないでしょう。

解決策:適切な表現に変える

理由3の解決策は、適切な表現に変えることです。こちらも、内容を考えるという解決策なので、自分でやれば費用はゼロです。具体的には次のように対策します。

画像の使い方を考える

画像の使い方を考えましょう。画像はただ入れればよいというものではありません。なぜなら、商品の特徴を伝えるためには、非常に重要だからです。例えば、ぬいぐるみを販売するのに、文章ばかりで説明しても分かりにくいですよね。写真で紹介された方がわかりやすいでしょう。

しかも、いろいろな角度から撮影された写真を載せる必要があるでしょう。ネットでは、手に取ってみることができないのだから、まるで手に取ってみているような状況を作り出すことで、わかりやすくなると思いますよ。

文章の表現力を磨く

文章の表現力を磨きましょう。なぜなら、どうしても文章でなければ説明がつかないものがあるからです。例えば、小説をすすめるときに、表紙をあらゆる角度から写真に収めても、何も伝わりませんよね。小説はどんな内容なのか、あらすじをわかりやすく文章で伝えなくてはいけません。

すると興味を引くような文章を書かなくてはいけないので、当然、表現力が必要になります。文章の表現力を磨くことは、なかなか難しいことですが、文才のある方なら無料でできますね。

ホームページ集客を、完全無料にするのは難しいです。

ホームページは自分で作れば、サーバーレンタル費用など維持費以外は無料ですね。なので、無料で集客できるツールとして考える方も多いと思います。ですが、リアルな店舗での集客と違い、目の前にお客さんがいないので、説明の仕方が非常に難しいという問題があります。

そのため、ホームページ特有の集客方法を自ら学ぶか、専門家に依頼せざるを得ないと思います。すると、ある程度の出費は避けられないでしょう。先ほどの検索対策や品揃えの仕方、表現方法の仕方などは、正直言ってご自身で行われることは非常に難しいと思います。

なので、集客を無料で行うのではなく、どれだけ効率よく費用を掛けるか、という考え方に切り替える必要があります。ようするに、できるだけ少なく費用をかけて、大きく売り上げを伸ばすことでコストパフォーマンスを高くするという考え方ですね。

したがって、よほど集客に詳しい方でない限り、無料での集客は難しいと考えてください。

まとめ:無料ではなく、お金を効率よく使ってください。

いかがでしたか?

なぜ、ホームページでは無料で集客できないのか、重要ポイントを説明しました。ホームページ集客の説明から始まり、検索で会社名や店舗名が出てこない、品揃えに問題がある、表現方法に問題がある、完全無料にするのは難しい、と言ったポイントがありました。

繰り返しになりますが、ホームページ集客を無料で実現できるのは、やり方を知っているごく一部の方だけです。店舗での集客がうまい方でも、ホームページとなると失敗するケースも多いので、どうしてもある程度の出費はやむを得ないんです。しかし、無駄な出費を抑えることはできます。

無料での集客はできなくても、費用対効果を高めることはできるので、効率の良いお金のかけ方が最善の策だと言えるのではないでしょうか。

以上、「なぜ、ホームページでは無料で集客できないのか?」と題して説明しました。