ホームページ用レンタルサーバー選択のポイントとは?

ホームページ公開用のサーバーをレンタルする

ホームページサーバーをレンタルするにあたってのポイントを解説しました。どんなサーバーをレンタルすればいいのか迷っておられる方に適した内容です。サーバー選択のポイントを私の経験を交えて説明したので、最適な選択ができますよ。

最適なサーバーが分かります!

WordPressに限らずホームページを公開するためにはサーバーを準備する必要があります。でも、どんなサーバーを用意すればいいのかなかなか分かりませんよね。中には、「サーバーって何?」という方もいらっしゃるでしょう。そこで、あなたに最適なサーバーが分かるようにお話ししたいと思います。

そもそもサーバーって何?

まず、よく御存じない方のために、そもそもサーバーとは何なのかをご紹介します。よく理解されている方は読み飛ばしていただいても構いませんよ。

サーバーは、ネットワーク上に存在していて、パソコンやスマートフォンなどからのアクセスを一手に引き受けるパソコンやサーバー専用機で、情報やファイルを共有するのが目的です。各端末に分散させることなく一か所に集めているので、管理がしやすく、常に最新の情報やファイルを提供できます。

クライアントサーバー

サーバーには多くの種類があって、

  • ファイルサーバー
  • データベースサーバー
  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバー
  • プリンタサーバー

など、数えきれません。なぜそんなにたくさんの種類があるのかというと、アクセスを受け付ける立場のものをすべて『サーバー』と呼ぶからです。ちなみに、アクセスを要求する側を『クライアント』と呼ぶので、覚えておくといいですよ。

ところで、このページで扱うのはホームページ公開用のサーバーなので、『Webサーバー』がそれに該当します。したがって、以降はサーバーというとWebサーバーの説明になります。

ホームページ用のレンタルサーバーとは?

ホームページ用のサーバーと言えばレンタルが一般的です。自分で準備することも可能ですが、常時運用するためには経費が大きくかかるのと、メンテナンスに知識と時間が必要になるので、まったくお勧めしません。これは私の経験からですが、勉強のためであればよい修行になるかもしれませんね。

さて、どんなレンタルサーバーがあるのかというと、大きく2種類あります。

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)は簡単にいうと、何でもできるサーバーです。自分専用のサーバーをインフラ設備も含めてレンタルするので、好きなサーバーソフトをインストールして、好きなように使えるのが魅力です。

自分専用のサーバーを持ちたいけれど、費用や時間をかけられないという場合におすすめです。当然ですが、サーバーに関する知識は必要になりますよ。そこをクリアできるのなら、動作に制限のないWebサーバーを手に入れることができます。サーバー関連をすべて1人で借りるので、費用はやや高めです。

共有サーバー

ホームページ公開用のスペースを貸してもらえるサービスで、一般的にはこちらが主流です。1台のサーバーを複数の契約者で共有しているので、できることは限られますが、HTMLやWordPressを使ってホームページを公開するために必要なことは、ほぼできるようになっています。

使い方が簡単で、費用も安いのが大きな魅力です(要するに割り勘ですね)。ホームページだけなら共有サーバーで十分なので、私のおすすめはこちらです。したがって、このページではこちらの共有サーバーについて説明していきますね。

共有サーバーは何をレンタルしてくれる?

クラウド
共有サーバーをレンタルすると貸してもらえるのは、一般的に次の通りです。(もちろんサーバーによってはこれら以外のサービスも提供しています。)

ディスクスペース

ファイルを保存するためのディスクスペースで、数十GBほど貸してもらえると思います。ホームページを公開するためには、HTML、CSS、画像ファイル、またはWordPressなどが必要になりますが、これらを保存するためであれば十分な容量です。

Webサーバー

保存したファイルをホームページとして公開するためにはWebサーバーが必要です。ほとんどの共有サーバーではApacheと呼ばれるWebサーバーソフトを使用しています。HTMLやWordPressにアクセスすると、ホームページとして表示してくれるのは、このサーバーが機能しているからなんです。

メールサーバー

サーバーをレンタルすると、メールサーバーも貸してもらえます。メールサーバーを借りると、数個から数百個のメールアドレスを発行(契約のプランによって異なる)できるようになるんです。ようするに、フリーのメールアドレスではなく自分専用のメールアドレスを取得できるんですね。

ドメイン

ドメインは、URL の「example.com」の部分のことです。先に使われていなければ、好きなものを取得することができます。取得は必須ではないので、別料金になっているのが一般的です。サーバーの会社が用意しているものを利用すれば無料ですが、独自ドメインの取得がおすすめです。

費用は年間で3,000円ほどなので高くはありません。仕事用で集客を念頭に置くなら、覚えやすさやメールアドレスにも含まれることを考えると、独自ドメインを取得してほしいと思いますね。

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)はほとんどの場合、WordPressを使うと思います。現在のほとんどのサーバーでは、問題なく使えるはずです。ただし、プログラムの使用を認めることになるので、サーバーによっては制限があります。制限事項については事前確認をおすすめします。

初心者が選ぶ時のポイントは?

知識があまりない初心者がサーバーを選ぶ時のポイントは、サポート体制の手厚さです。電話やメールですぐ対応してくれるのは、何も知識がない人にとっては重要でしょう。また、サポートサイトの情報量や説明の優しさやうまさも、初心者向きかどうかの判断基準になりそうですね。

したがって、やや費用が高めでもサポートの手厚さを重視したほうが、結果的に安心して使えるんじゃないでしょうか。

中級者以上が選ぶ時のポイントは?

ある程度知識がある中級者以上の方なら、サポートは多少悪くても自分で解決できるでしょう。そこで、選ぶ時のポイントとしては、費用の安さと速度になると思います。安くて速いサーバーはいくつかあるので、提供される機能などで好みのサーバーを見つけてください。

サポート体制の優先順位を下げると、かなりいいサーバーを見つけられると思いますよ。

ぜひ気を付けてもらいたいこと

私の経験から、ぜひ気を付けてもらいたいことを紹介します。

価格はサポート体制の手厚さと連動

誰でも安いというのは魅力的ですよね。サーバーの場合、価格はサポート体制の手厚さと連動しているようなんです。つまり、高ければ親切なサポートが受けられて、安ければ基本的には自力解決ということになります。なので、安いサーバーは知識がある方向けと言えるんじゃないでしょうか。

ちなみに、私は安いサーバーを借りているんですが、サポート窓口は親切ではあるものの、返答に時間がかかる傾向があります。また、サポートページも情報が散乱していてやや使いにくい印象があります。基本的に、トラブル以外は自分で何とかしないといけないと感じましたね。

アクセス集中に対応できるサーバーを選ぶ

人気サイトを目指すのであれば、アクセス集中に対応できるサーバーを選ぶのもポイントです。1か月あたり100万ページビュー以上あるようなサイトのことなんですが、意外と重要ですよ。アクセスが集中すると、制限がかかってアクセス不能になったり、極端に遅くなってしまうからです。

WordPress専用サーバーも選択肢の一つ

速度が速いサーバーは閲覧が軽快なので、見ている人にストレスがかかりにくくなります。HTMLで表示している場合は影響が少ないんですが、WordPressを使うと途端に遅くなるサーバーがあるようです。そこで、WordPress専用チューニングを施したサーバーも選択肢の一つですよ。

WordPressでも十分な速度が期待できるようなんですが、使いたいサービスが提供されているかなど、条件が合うかどうかがポイントになりますね。

オプションサービスにも注目する

意外と忘れがちなのがオプションサービスです。最近増えているのが、SSL証明書を無償提供してくれるサーバーです。暗号化通信のために必要なんですが、通常は別途費用を払って購入する必要があります。ただし、無償提供しているサーバーは基本契約料が高額な場合が多いようです。

費用が気になるようであれば、別料金なのか含まれているのかを計算して、どっちが得かよく調べたほうがいいと思います。もちろん、どんなことができるのか、提供されているサービスも調べてくださいね。意外と、「このサービスが使いたいからこのサーバーに決めた」ということがありますから。

サーバー比較サイトの情報も参考にする

サーバーレンタル会社のサイトだけを見ていても、なかなか判断がつかないと思います。そんな時は、比較サイトを利用するのも一つの方法ですよ。サポート体制や速度などいろいろなことが分かるので、こういった情報も参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

いったんホームページを公開すると、簡単にサーバーを変更できないと思うので、最初の選択を失敗すると後々まで尾を引いてしまう可能性があります。そうならないように、少しでもこのページでお話ししたことがお役に立てば幸いです。

なお、具体的なサーバー名はあえて出しませんでした。それぞれ人によって適切な選択があるのに、名前を出してしまうとそれに引きずられてしまう可能性があるからです。変に先入観を持つことがないようにという配慮からですので、ご理解ください。もちろんご依頼者にはアドバイスしていますよ。

以上、「ホームページ用レンタルサーバー選択のポイントとは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談