ホームページの集客アップにはコツが必要です

ホームページの集客アップにはどんなコツが必要?

ホームページの集客アップにはコツが必要であることを説明しました。ホームページの反応があまり良くないと感じている方に適した内容です。どんなところに気を付けるべきなのか、皆さんが見落としがちなコツについて詳しく解説しました。

お客様に対する細かい気遣いが重要です

あなたのホームページは集客がうまくいっていない気がしていませんか? アクセス数が多いとは言わないまでも、それなりにあるにもかかわらず、問い合わせが少ない気がしているんじゃないでしょうか。そういうサイトは多いんですが、実はちょっとしたところに問題があるんです。

何が問題かと言えば、お客様に対する細かい気遣いが感じられないところなんですが、どこに問題があるのか説明していきますので、参考にしてみてください。集客アップの『コツ』が分かりますよ。

お客様を大切にしていますか?

お客様に対する細かい気遣いは、お客様を大切にする気持ちがあれば自然と出てきます。しかし、その大切にする気持ちが、文章としてあらわした場合にちょっとした問題を生んでしまうんですよ。

あなたのホームページはお客様を大切にしていることが伝わっているでしょうか? もちろん、みなさんお客様を大切にしていると思いますが、それは単に「私たちはお客様を大切にしています」と書いてあっても伝わりません。態度として示すことで初めて伝わるんです。

つまり、具体的に何をやっているのかを文章に書くことで、初めてお客様を大切にしていることが伝わるということなんです。「大切」という言葉を連呼しているだけでは伝わっていないので、結果的にぞんざいに扱っているのと変わりがないんですよ。

例えば、「当店ではお客様に対して○○をしています」のように具体的に書いてください。このような具体的な表現こそがコツなんです。

何をすれば大切にしていると言えるのか?

では、何をすれば大切にしていると言えるんでしょうか? これにはまさにコツがあるので、具体的にどんなことをするべきなのか、ポイントを絞ってお話しします。

必要な情報はすべて公開する

あなたのサイトにはどの程度の情報が書いてあるでしょうか? ライバルに情報が知られてしまうのを恐れて情報量が少ないんじゃないでしょうか。明確な基準があるわけではありませんが、出せる情報はすべて出してほしいんです。なぜなら、ホームページでは書いてあることだけが真実だからです。

なので、実際には対応できることであっても、書いてなければ対応できないのと一緒です。また、あなたが相手にしているのは、お客様であってライバルではありません。ライバルに教えないために情報を出さないのではなく、お客様に知ってもらうために情報を出すべきです。

もし、あなたのサイトだけが公開している情報があれば、その瞬間にライバルに差をつけたことにもなるんです。なぜなら、書いてあることだけが真実なので、そのことを書いていないライバルは(実際には対応できても)対応できないことになるんですからね。

したがって、よほどの企業秘密でない限り、必要と思われる情報はすべて公開してほしいんです。

できるだけ具体的な表現を使う

あなたのホームページには、サポートとか夢といった単語が使われていませんか? 実はこれらの単語は非常に抽象的であることに気付いているでしょうか。何をどうすることがサポートなのか、夢とは何なのか、具体性がないとお客様に理解してもらえない場合がほとんどなんです。

例えば、「ダイエットをサポートします」と書いてあったとしたら、何をどこまでやってくれるんでしょうか? そばで見守るだけかもしれないし、一緒に運動してくれるのかもしれないし、食事の管理をしてくれるのかもしれない。実際は、腹筋運動の器具を販売するだけなんてこともあるでしょう。

別の例として、学習塾に「君の夢をかなえよう!」と書かれていて、野球選手やアイドルになる夢が実現するとは思えませんからね。つまり、「何をどうするのか」を明確にして具体的な説明をしないと、お客様は理解のしようがないんです。当然ですが、分からないことに誰もお金は払いませんからね。

なので、説明は抽象的な単語を避けて、できるだけ具体的な表現をしてください。

一般的でない説明には例を使う

一般的ではない、あまりなじみのない事柄については、例を使って説明するのも一つの方法です。これはどうしても、自分の理解していることは説明が難しくなりがちだからです。例えば、専門用語を当たり前のように使ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

自分の知っていることを説明していると、だんだんと相手の知識レベルに対して頭が回らなくなってしまいます。なので、相手が知らないことを分かりやすく説明するためには、相手が知っていることに置き換えるのが一番簡単な方法なんです。

なるべく皆さんが知っていることに置き換えれば、分かりやすい説明になるので、一般的でない説明には例を使った方がいいんですね。

お客様は思ったほどには理解していない

いくつかのポイントを説明しましたが、なぜこのようにするかというと、お客様はあなたが思っているほどには理解していないからです。だから、「これくらいは分かるだろう」と思ったことはおそらく分かっていない方が多いです。つまり、「ちょっと書きすぎかな?」ぐらいまで書く必要があるんです。

なお、勘違いしてほしくないのは、お客様を馬鹿にしているわけではないということです。あなたは専門家でお客様は素人だということです。専門家になった時点で、世間から大きく離れた特殊な存在になっていることに気づいてください。だからこそ、分かりやすく丁寧に説明する必要があるんです。

どうですか? 具体的に説明しなくてはいけない理由が今ハッキリとしたんじゃないでしょうか。

情報量=気遣いの深さです

情報が足りなかったり具体性がなかったりする説明は、「それぐらい自分で考えろ」とお客様を突き放しているのと変わらないし、専門用語を使った分かりにくい表現をしている場合も、「分からないのはあんたの知識が足りないからだ」と言っているのと変わらないんです。

とてもじゃないけどそんなホームページを見ても、お客様を大切にしているとは思えないですよね。逆に手取り足取り些細なことでも丁寧に説明してあれば、お客様を突き放すどころか、もてなしている感じがしませんか? 極めて単純ですが、とにかく『書けることは全部書く』これを実践してください。

このように、あなたが知っていることはお客様が知らないことぐらいのつもりで、具体的に分かりやすく説明してください。そうすれば、お客様を大切にしていることが伝わり、お客様に対して細かい気遣いがあることを理解してもらえますから。

したがって、どうしても説明は長くなりがちなんですが、お客様にとっては『情報量=気遣いの深さ』として伝わるので心配は無用ですよ。本当に重要で役立つことが書いてあれば、長い文章なんてあっという間に読み終えてしまいますからね。

まとめ

いかがでしたか?

ホームページは書いてあることだけが真実なので、できるだけ情報を公開し、具体的に書いてほしいんですよ。そして、分かりにくいことは例示するなどして、理解しやすいように工夫してほしいんです。これらの細かい気遣いが、そのままお客様を大切にしている態度として伝わるんですね。

日本人の「おもてなしの心」は不思議なもので、ホームページになると途端に失われます。これを機会に『お客様を大切』にしていることを態度として示し、集客アップを目指してほしいと思います。

以上、「ホームページの集客アップにはコツが必要です」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。