ホームページの作り方、内容の考え方とは?

ホームページの作り方、内容の考え方とは?

ホームページの作り方について考え方を説明しました。いざホームページを作ろうと思ったけど「そもそもどう考えていけばいいのか?」と悩まれている方に読んでほしい内容です。集客を行う上での基本方針を、お話しできる限界まで公開しました。

主役はお客様であることを忘れない!

ホームページの作り方で、一番難しいのが内容を考えることではないでしょうか。だからこそ、あなたはこのページをご覧になっていますよね? 私は、内容を考えるのが商売なので、あまり教えたくないんですが、見ていただいたのも何かの縁なので、特別に少しだけお話ししましょう。

基本的な考え方は、主役はお客様であることを忘れないことに尽きます。なので、この基本方針を念頭に置いて読み進めてください。

何のためにホームページを作る?

まず、何のためにホームページを作るのかを考えてください。おそらく、何らかの形で商売に結び付けるためですよね。特に、商品を販売したり、何らかの問い合わせを受け付けたりする場合は、まさにホームページ上で商売そのものをしています。

つまり、「ホームページを持つこと=集客が目的」というわけですね。なので、集客できるようにあらゆることをしなくてはいけないということです。ですが、集客に関して世の中いろいろな情報が氾濫しているので、多くの方が間違った方向に誘導されてしまうんですよ。

そこで、正しい方向へ軌道修正するために、ある一点のことに絞ってお話ししていきます。

主役は誰なのか?

ホームページの方向性という観点で考えると、主役は誰なのかという一番肝心なことにたどり着きます。そこで、『主役』に絞った説明をしていきますので、目を通した後によく考えてみてください。話を分かりやすくするために先に答えを言ってしまうと、お客様を主役にしてほしいということなんです。

なぜお客様が主役でなければいけないのか、自分が主役の場合と比較してその違いや問題点を浮き彫りにしていってみましょう。

自分が主役だと内容はどうなる?

もし、自分(会社)が主役のホームページにしてしまうと内容はどうなるでしょうか? 自分のできることや特技などを説明すると思います。当然、商品についてもその商品の特徴や性能を説明することになるでしょう。「これの何が悪いの? 当たり前のことでしょう」と思う方がほとんどでしょうね。

ですが、これが間違いの元なんです。あなたはそれで満足でしょうが、受け手のお客様は満足してくれないんです。例えば、自分が主役になっている他社(異業種)のホームページを見た時に、あなたはどう思うでしょうか? きっと、「ふ~ん、それで?」程度にしか思えないはずです。

自分が主役のホームページでは、一見伝わるようで何も伝わっていないんですね。

お客様が主役だと内容はどうなる?

では、お客様が主役のホームページだと内容はどうなるでしょうか? お客様が商品やサービスを購入することで得られる、ベネフィットを示すことになります。お客様は、商品やサービスそのものがほしいのではなく、そこから得られるものが目的で購入しています。だからベネフィットなんですね。

こういう内容に変わると、自分(会社)のできることや特技、商品の特徴や性能などはぐっと影をひそめることになります。すると、お客様は自分の目的としていることが分かるので、すんなりと頭に入っていきます。つまり、お客様が主役だとしっかりと伝えることができるんですね。

ただし、書いた側(自分)は満足した内容にならないかもしれませんが、買うのはお客様だからそれが当然なんですよ。商売はお客様に満足してもらうことが一番重要なことなので、売る側が満足してもしょうがないんですね。

自分のことではなく相手のことを書く

ホームページの主役が誰になるのかで、お客様の受ける印象が大きく変わるというのがお分かりいただけたでしょうか。ホームページを単なる自己紹介として使うのであれば、いくらでも自分のことを書けばいいんですが、これが集客となると書く内容は相手のことになるんです。

このような方針で、「自分のことではなく相手のことを書く」ということを肝に銘じて、ホームページの内容を考えてみてください。相手のことを考えないといけないので、慣れないととてもしんどい作業だとは思いますが、そこを乗り越えて内容を作って行ってください。きっと成果が出ますから。

ちなみに、こういう考え方を本当の意味で『お客様目線』というんですね。

まとめ

いかがでしたか?

ホームページを作る際の考え方として、『主役』を誰にするのかという一点に絞ってお話ししました。これはある意味で集客の原点のようなお話です。つまり、集客できているホームページは、主役の設定が正しいということなんですね。ぜひ、内容作りの参考にしていただければと思います。

なお、より細かい具体的なことを知りたい方は私にご相談ください。ホームページ全体について的確なアドバイスをさせていただきますよ。

以上、「ホームページの作り方、内容の考え方とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談