帰省のお土産の選び方、失敗しない7つのポイント。

帰省のお土産、失敗しない選び方7つのポイント。

帰省のお土産の選び方失敗しない7つのポイントを説明しました。どんなお土産を持って帰ればよいか悩まれている方に読んでいただきたい内容です。お土産の例を挙げただけでなく、状況に応じて何を選ぶべきかをアドバイスしているからです。

なぜ、帰省のお土産の選び方が重要なのか?

故郷への帰省時は、「お土産は何にしようか?」と頭を使いますよね。でも、なんでどっと疲れが出るくらい頭を使わないといけないんでしょうか? それは、お土産選びを失敗したくない、つまり渡す相手に気に入ってもらいたいからだと思います。

そうすれば、喜ぶ顔を見ることができるし、贈った自分の株も上がりますからね(笑)。しかし、相手に喜んでもらうのはなかなか大変なことです。そこで、心の底から本当に喜んでもらうためには、何を贈ったらよいのか、大事なポイントを考えていきましょう。

帰省のお土産の選び方、しっかり押さえましょう!

それでは、帰省のお土産の選び方をしっかり押さえていきましょう。本当に喜んでもらうためには何が必要かを、7つのポイントに分けてお話ししていきますよ。

1.具体的にどんなものを買えばいいのか?

最初に、具体的にどんなものを買えばいいのかお話しします。人気のある定番はこちらです。

  • お菓子…和菓子、スイーツ、ゼリー、など。
  • おかず…食事、肉、おつまみ、など。
  • お酒。
  • お菓子、食べ物以外。
  • 手作りのもの。

お菓子などの食べ物は定番なので、マンネリ化を嫌ってそれ以外のものを探す方も多いです。手作りのものは具体的に何かはちょっと分からないんですが、こんな調査結果が出ているんです。これはあくまでも一般的によくあるものなので、この後の説明を参考に十分検討してくださいね。

2.どこで買えばいいのか?

どこで買えばいいのかは、多少悩むかもしれませんね。時間があれば、伊勢丹や西武といったデパート(デパ地下)に行ってじっくり選ぶこともできるでしょう。しかし、余裕がなければ羽田空港や東京駅など、出発前のわずかな時間で購入するしかないかもしれませんね。

相手のことを考えて心のこもったものを買えば何でもいいと思うんですが、みなさんいろんな所へ帰省すると思うので、地元にないものを買うのも一つの方法だと思います。例えば東京から帰るのであれば、『ひよ子』を買うのも定番だけれども、地元にはないからアリだと思いますね。

したがって、自分がいる土地ならではのものを買えば、お土産として成立すると思いますよ。

3.通販でもいいのか?

通販でもいいとは思います。ただし条件があって、例えば冷凍や冷蔵の必要があるものとか、自分で持ち運ぶのが難しい大きいものなどに限られるでしょう。やはり、お土産は自分で渡すことに意味があるだろうし、取り寄せできるものはいつでも買えるので、特別感はありませんからね。

もちろん、予約しないと買えないようなものであれば、通販で予約して帰省する日までに確実に届けてもらうという使い方もあります。そして自分で手渡せば、通販だからこそ逆に喜ばれるかもしれませんね。ようするに通販利用の是非は、使い方次第だと思いますね。

4.帰省時期によっても、買うものは変わる。

帰省時期によっても、買うものは当然変わります。帰省の時期や理由は以下のような感じでしょう。

  • 年末年始・お正月。
  • ゴールデンウィーク。
  • お盆。
  • 夏休み。
  • お彼岸。
  • 結婚式。
  • お葬式など、ご不幸。

定番の時期の帰省から、冠婚葬祭で急きょ帰省するといったこともあるでしょう。なお、お盆と夏休みを分けているのは、7月に行う場合と8月に行う場合があるからです。このようにすべての季節が考えられるので、その時期にだけ売っているものをお土産にするのもアリですね。

例えば、冬ならお鍋の具材になりそうなものだとか、夏なら冷やしてサッパリと食べられるものなど定番の買い方ではあるけれども、季節感を出すのは大事なことだと思いますよ。

5.誰に渡すのかを考えましょう。

誰に渡すのかを考えてください。相手によって、立場や年代に違いがあるし、何より好みがありますよね。どんな相手に渡すのか、お土産を買う時に思い出してください。一般的には、こんな人が渡す相手だと思います。

  • 家族………両親、祖父母など。
  • 義理の親…旦那さんの父母、祖父母など。
  • 親戚………叔父、叔母、甥、姪など。
  • 職場………同僚や上司など。
  • 友人………彼氏、彼女、ママ友など。

結構渡す相手がいますよね。ただし、よく見るとお土産の購入タイミングが違う人が混在していますね。例えば、親類に対しては帰省するときに買い、職場に対しては帰省している故郷で買うことになるでしょう。友人はどちらもありますね。

また、甥と姪は、子ども・大人どちらの場合も考えられますね。このように、相手を明確にして「誰に、何を、いつ買うのか?」ということを決めておけば、何を買えばよいのか迷いにくくなるんじゃないでしょうか。渡す相手に合わせて、お土産を変えてくださいね。

6.値段の相場も調べる。

値段の相場もある程度調べてから、購入するのも悪くないと思います。これは、予算をケチるとかそういうことよりも、あまり安いものを贈ってしまうと失礼だし、逆に高いものを贈ってしまうと気を遣わせてしまうからです。ただ、適性な値段というのはちょっと難しいですけどね。

売れ筋のものを一つの目安として、そこからプラス・マイナスすれば参考になると思います。なお、高いものを贈れば喜ぶだろうと考える人もいるようですが、相手が「こんな高価なものをもらったらそれなりのお返しをしなくては!」と思ってしまいます。

誰かに何かをするというのは、単純な話ではないということを理解しておいてください。相手に気を使わせないという意味で、相場を調べたほうが無難なんですね。

7.のしはどうすればいい?

お土産ののしは気を使うところでしょう。基本的にのしは他人に送るものに施すものなので、身内については考える必要はありません。万が一身内に対して使ってしまうと、例えば親に対してのしのあるお土産を贈ってしまうと、縁を切って他人になったことになりますからね(汗)。

したがって、中途半端なことはしないで、お店で「○○に贈りたいんですが…」と聞いてみてください。もちろんネットで調べても、贈り物のマナーとして情報が見つかります。どんな紙をかけて、何と書けばいいのか詳しく出てきますよ。

まとめ:相手を理解することが最も重要です。

いかがでしたか?

帰省のお土産、失敗しない選び方7つのポイントを説明しました。定番商品、どこで買うか、通販でもいいか、帰省の時期、渡す相手、予算の相場、のし、など多岐にわたる確認事項がありましたね。これらを参考にお土産を選んでいただければと思います。

ところで、これらの情報はビッグデータマーケティングで得ました。なかでも、お土産選びの心理が非常に論理的に解明できた点が素晴らしいと思いました。具体的には、どれだけ相手のことを考えて選べるかが最も大事であると、データが物語っている点です。

お土産について分析しているときに、「お菓子以外、食べ物以外」というデータが出てきましたが、私は当初マンネリ化を抑えるためだと思いました。しかし、分析を進めるうちに、「糖尿病」というキーワードが出てきて、その時気づいたんです。

「そうか、相手が糖尿病だから下手に食べ物を贈れないんだ!」これは、とても些細なことですが、受け取る側としたらとてもありがたい心遣いですよね。つまり、いかに相手のことを思ってお土産を選ぶことが大事なのかを痛感させられたんです。

自分が好きだからといって相手が喜ぶとは限らない。相手があることは、自分勝手にやっては絶対いけないんですよ。これは、私の生業である集客ホームページ作りも全く一緒で、必ずニーズを調べてから作らないと、決して集客できるサイトにはなりません。

繰り返しますが、お土産でもホームページでも相手があるものは、どれだけ相手のことを理解できるかが、最も重要であることを忘れないでください。

以上、「帰省のお土産、失敗しない選び方7つのポイント。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談