アクセス数を増やすと集客になるのか?

アクセス数を増やすと集客になるのか?

アクセス数を増やす集客になるのかどうか説明しました。ホームページのアクセス数を増やすことだけに注目している方は、一読の価値がありますよ。何をすることが集客なのか、本質的な部分が分かるように解説しているからです。

アクセス数を増やすだけでは不十分です

ホームページによる集客ではアクセス数を増やすことがとても注目されますよね。あなたも SEO対策に躍起になっていますか? でも、それで本当に売り上げが伸びるんでしょうか。そこで、本当に目指すべきところはどこなのか、何をすればいいのかお話しします。

アクセス数を増やす意味とは?

ホームページで集客しようとすると、いわゆる SEO対策ばかりに注目すると思います。検索エンジンに対して最適化することで、検索結果の上位に表示するというのはとても大事ですからね。確かに、上位表示しなければそもそも見つけてもらえませんし。

ところが、見つけてもらったからと言って、本当に集客になるんでしょうか? 検索の一覧で上位に表示されても、リンクをクリックしてもらえなければホームページを見てもらえません。なので、クリックしてもらえるような対策を行わなければいけないんです。

クリックされれば集客になるのか?

SEO対策により検索結果で上位表示し、クリックされるように対策を行ったら売り上げが伸びるのかといえば、それでも足りません。なぜなら、ホームページを見てもらえるようになっただけなので、問い合わせや申し込みをしてもらえるところまで対策ができていないからです。

ところが、世の中のほとんどの集客対策は、『検索での上位表示』と『クリック率の向上』までで止まってしまっているんです。この発想だと「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ということでしかないので、集客できない問題を根本的に解決しているわけではないんですよ。

検索で上位に表示しないと見つけてもらうことすらないので、確かに気持ちはよく分かるんです。もちろん大事なことなんですが、それで終わったのでは対策としては足りないんですよ。ホームページにたどり着いた人に、もうワンアクションしてもらう必要があるんです。

ホームページ集客で目指すべきものとは?

ホームページにアクセスしてくれた人にアクションを起こしてもらうのは簡単なことではありません。ここが一番難しいところなので、その一歩手前で終わってしまう場合がほとんどなんです。SEO業者がたくさんあっても集客業者が少ないのは、それが一番の原因です。

ところで、ホームページ訪問者にアクションを起こしてもらうことを、『コンバージョン』と呼んでいます。ホームページで集客するときには、このコンバージョンが得られるかどうかが非常に重要なんです。なので、コンバージョンを得ることを目標に対策を講じないといけないんです。

コンバージョンを得るために

コンバージョンを得るために必要なことは、お客さんの心を読んでニーズを正確につかむことです。お客さんが必要としている情報や商品を用意できれば、SEO対策のような単なる確率論とは全く違った集客ができます。なので、やるべきは『お客さんを知る』ことなんです。

お客さんを知るということに切り込んだ集客方法は、なかなか見つからないでしょう。それを実践できる業者も多くはありません。業者に依頼して集客できるホームページにリニューアルするときは、当サイトのように『お客さんを知る』ところから行う業者に依頼してください。

以上、「アクセス数を増やすと集客になるのか?」と題して解説しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談