Web集客の考え方、最も大切にすべきこととは?

Web集客の考え方、最も大切にすべきこととは?

Web集客の考え方で最も大切にすべきことを説明しました。Web集客はどのような考え方で臨むべきか知りたい方は目を通してください。Web集客に対する基本的な姿勢をご紹介しただけでなく、それをどのように具現化するのかも説明しました。

なぜWeb集客の考え方が重要なのか?

なぜWeb集客の考え方が重要なんでしょうか? これは、正しい考え方を持っていないと説明内容や文章など細部にお客様を大事にしていないことが表れてしまうからです。厳密にいうと、どんなにお客様を大事にしていても、それがうまく伝わらないんです。

つまり、お客様がどのような受け取り方をするかを知ったうえで、それに合わせた表現方法を行わないと思いが伝わらないということです。だから、Web集客に対する正しい考え方が重要になってきます。ではどのように考えればよいのかというと、『お客様目線』の徹底です。

そこで、お客様目線とは具体的に何か、どうすれば実践できるのかを詳しく説明して行きましょう。

お客様目線を実践するときのポイント。

Web集客の考え方でもっとも重要なのが『お客様目線』です。これから詳しくご紹介しましょう。

お客様目線が重要な理由とは?

そもそも、なぜお客様目線で考えないといけないんでしょうか? これは、一言でいうと『お客様が自分自身のことしか考えていない』からなんです。どういうことかというと、お客様は例えば「このお店あんまり儲かってなさそうだから買ってやるか」と思っているのかということです。

そりゃ、中にはそんな方もいらっしゃるでしょうが、ほとんどの方は自分がほしいから買ったり申し込んだりしているんです。たとえ身内であったとしても、何万円も差がつけば、さすがによそのお店で買ってしまいますよね。つまり、お店(企業)の都合など考えてくれないわけですよ。

だから、お客様の気持ちに沿った形、つまりお客様目線で説明をする必要があるんです。そうしないと、どれだけお得な情報であっても聞く耳を持ってもらえないんですよ。だからこそ、お客様目線が非常に大事なんですね。

なぜ「お客様が第一」が伝わらないのか?

なぜ「お客様が第一」が伝わらないのか? それはズバリ「伝え方」に問題があるからです。実は、お客さんを大事にしていることを伝えるためには、それなりのやり方があるんです。単に「大事にしています」とだけ書いてあっても、まず伝わることはないんです。

例えば、ホームページやチラシなどで「お客様が第一です」とか「お客様を大切にしております」という言葉を見かけますよね。確かにその通りにしているんだろうと思うんですが、これが言葉になると「本当にそうなんだろうか?」と疑問に思うことがありますよね。

どれだけ綺麗ごとを並べても、「胡散臭い」だけで全く何も伝わってこないことも多いです。実際にそのお店へ行ってみるなり、サービスを受けるなりすると本当にお客さんを大事にしていることが分かるのに、それがホームページや広告となるとなぜだか伝わらないんですよね。

結局、それらすべては、伝え方が良くないために伝わらないんです。

どうすれば伝わるようになるのか?

さて、どうすれば伝わるようになるのか? それは、自分の売っている商品を前面に押し出さないようにすることです。人によっては衝撃的かもしれないですね。先輩に「押して押して押しまくれ!」と言われているでしょうから。ちなみにそれは、お客様が迷っているときに使う手法です。

どんな時でも押せばいいというものではないんです。すべてのものにはタイミングがあります。どのようなタイミングでどのように振る舞うべきかが決まっているんです。もちろんページの役割によって変わりますが、商品を紹介する段階ではベネフィットの訴求です。

ベネフィットという言葉に、なじみがない方もいらっしゃるでしょうから簡単に説明すると、商品から得られる利益を説明するんですね。単なる商品説明をしてしまうと、それはあくまでも商品の特徴が分かるだけで、それを買った後にお客様がどうなるのかが分かりません。

すると、お客様としては「これを買う必要があるのか?」と疑問を感じます。場合によっては言いくるめられているとさえ錯覚するでしょうが、これが伝え方なんです。お客様がほしいのは商品そのものではなくベネフィットなので、商品説明だけをしてしまうとうまく伝わらないんです。

ベネフィットを説明することこそが、『お客様目線』といえるんですね。

お客様目線を実践するためには?

お客様目線を実践するためには、あらゆる場面でベネフィットを考えることです。先ほども説明しましたが、本当の意味でのお客様目線というのは、お客様に対して最高のサービスを提供するだけではなく、それができるお店(企業)ということが『伝わる』ことが必要なんです。

なので「こんなことができます!」とか「こんなサービスがあります!」と並べ立てるのではなく、お客様の立場に立って、どのような伝え方なら伝わるのかを真剣に考えないといけないんです。「自分ならこういう言われ方をすれば伝わってくるなあ」というように考えて考え抜いてください。

まとめ

いかがでしたか?

Web集客の考え方として、お客様目線の実践についてお話ししました。どんなにお客様を大事にしていても、それが伝わらなかったら意味がありません。伝える技術が有ってこそのお客様目線であることをご理解いただければ幸いです。

ところが、すべての業務内容を知っているあなたがお客様になりきることは不可能です。どんな時にどのような対応をするのか分かるので、どうしてもお客様になり替わることは難しいでしょう。そんな時、頼りになるのがWeb集客のプロに代表される第三者の目です。

私のようなWeb集客のプロであれば、お客様に伝わる表現方法が分かるので、本来伝えるべき内容を伝えることができます。だからこそ、本当の意味でお客様目線になっているホームページへと変貌させることができるわけなんですね。

以上、「Web集客の考え方、最も大切にすべきこととは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談