集客ホームページは書いてある内容が一味違う!

集客できるホームページとは?

ホームページをがんばって更新しているけど、なかなか成果につながらないという方は多いんじゃないでしょうか? そこで、どうすれば成果につながるのか具体的なお話をします。このページを読んでいただければ、集客できるホームページとはどういうものかが分かりますよ。

ホームページの内容をお客様目線で作ってください

せっかくお金をかけてホームページを出しているんだから、集客に役立てたいのは当然です。ホームページから注文を受けたり、問い合わせが来たりすれば確実に商売に貢献しますよね。でも、思ったようには集客できないのが現実です。いったいどこに問題があるんでしょうか?

たぶん、売り手目線になっているので、ホームページの内容をお客様目線で作ってください。しかし、お客様目線は具体的にどうすればいいのかという疑問が出てくると思うので、少しヒントになるお話をさせていただきました。

ズバリ内容が決め手です

ホームページというと、どうしてもデザインに目が行ってしまいますね。そこで、うまくいっていそうなサイトのデザインをマネしてみたりしますが、どうしても集客できない。残念ながらデザインだけをマネしてもうまくいかないんです。ズバリ言うと内容が決め手だからです。

ホームページはビジュアルのものだから、デザインに注目してしまうのは仕方ないんですが、あえてそこから離れてみることで、集客できるホームページとは何かが見えてきます。そう、集客がデザインでないなら残るは1つ、「内容をどれだけ充実させられるか」なんです。

ところが、一体どんな内容なら集客できるのか、ここが非常に難しいところでしょう。デザインならサンプルがそこらじゅうにありますが、内容のサンプルなんてありませんからね。結局よく分からず、デザインの変更に手を出してしまうので、悪循環に陥りかねないんですよ。

どんな内容なら集客できる?

では、集客できる内容とはなんでしょうか? 多くの方が「自分たちの技術や製品を積極的に強くアピールしてお客さんの気を引くこと」だと思っています。おそらくほとんどの方がそう信じていますが、果たしてそうでしょうか? 実はそれをやっているうちは集客できないんですよ。

本当に集客をうまくやっている企業やお店は、お客さんの気持ちをとてもよく理解しているんです。何をどうすることがお客さんの気持ちを理解することか、より具体的にいうと、それは「お客さんの要望を正確に把握すること」なんです。これは、いわゆるマーケティングと呼ばれている分野ですね。

そうはいっても、素人ではなかなかマーケティングなんてことに踏み込めませんよね。大体どうやったらいいかよく分からないし...。でも、そこで逃げてはいけないんです。何かしら調べる方法があるはずだし、どうしてもわからなければ、私のようなプロに頼む方法もありますから。

お客さんの要望を知るためには?

ふつうは、アンケートを取るなどしてお客さんの要望を知ることになると思います。アンケートに答えてくれたお客さんに何らかのサービスを提供すれば、きっといろいろと答えてくれるでしょうしね。ところが、ホームページとなるとそう簡単なことではないですから、推測するしかなさそうです。

でも、インターネットは検索キーワードがあります。検索キーワードを詳細に分析することで、正確にお客さんの要望を把握することができるんです。ホームページは偶然たどり着くことはほとんどなく、自分で検索してたどり着くので、キーワードの正確な分析は極めて重要なんです。

そしてなにより、どれだけお客さんの立場になれるのかがとても重要です。本当にお客さんはこの情報がほしいのか? 自分がお客さんだったらこの情報をほしいと思うのか? など、自分を捨ててお客さんになりきれるかどうかがポイントですね。ただし、とても難しいことではありますが。

まとめ

いかがでしたか?

お客さんの要望に応えられるホームページは、お申し込みやお問い合わせがとても多くなるのは間違いありません。いわゆる『お客様目線(顧客目線)』ということなんですが、これができているホームページはとても少ないんです。逆に言えば、お客様目線ができていれば、効率よく集客できるんですよ。

当サイトのサービスを利用していただければ、お客様目線のホームページが手に入るので、集客性を高めることができます。つまり、申し込みや問い合わせを増やすことができるんです。プロの手を借りるのも一つの方法ですよ。

以上、「集客ホームページは書いてある内容が一味違う!」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ制作の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ制作の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。