ホームページ集客力、高くするには何をすべきか?

ホームページ集客力、高いサイトは何が違うのか?

集客力が高いホームページについて説明しました。ホームページの集客力を上げたい方や、内容づくりに困っている方に適した内容ですよ。集客力の高いホームページは何が違うのか、そして集客力を高くするためには何が必要なのかが分かります。

なぜ、お客さんを中心にすることが重要なのか?

問い合わせの多いホームページはとてもうらやましいですよね。対応しきれないぐらい来れば正にうれしい悲鳴です。しかし、現実はそんなに甘くなく、自分のサイトはめったに問い合わせがない...。いったい何が違うの? ヒントは、お客さんが中心のホームページは集客力が高いという事実です。

商品を売りたいのはよく分かりますが、商品説明を前面に押し出したやり方では、お客さんは興味を持ってくれません。なぜなら、商品を購入したり問い合わせたりした後に、お客さんが満足できるかどうかが分からないからです。だから、お客さんを中心にすることが重要なんですね。

そこで、お客さんが中心とは具体的にどういうことかを分かりやすくお話しします。

ホームページの集客力を高くするポイント。

ホームページの集客力を高くする方法について、一般的に注目されるポイントを説明した後に、本当はどこを改善すべきなのかを説明しました。

デザインがいいのか?

デザインがいいと集客力が高いんでしょうか? 派手でにぎやかなサイトは一見すると問い合わせが多そうですよね。ところが、実際にはおとなしいごく普通のサイトの方が問い合わせが多いことがほとんどなんです。つまり、デザインがいいからと言って問い合わせが多くなるわけではないんですよ。

やたらとデザインに力を入れる方がいるんですが、よく考えてほしいのが「それは本当にお客さんが望んでいることなのか?」ということなんです。あなたがお店で物を買う時に「こっちの店舗の方がデザインがいいから」という理由でお店を選ぶのかということです。なかなかそんなことはないですよね。

だから、デザインがいいからと言って、それが集客力の決め手になるというわけではないんです。

扱っている商品がいいのか?

確かに、扱っている商品が良いと注文や問い合わせが来るでしょう。でも、まったく同じ商品を扱っているのに自分のサイトには注文が来ない。「なんでライバル店の方が集客できているのか?」と疑問に思う方はとても多いでしょう。なんで同じ商品で差がつくのかとても疑問ですよね。

自社サイトとライバルサイトをよく比べてみてください。相手のサイトはとても上手な説明をしていませんか? 単なる商品説明ではなく、本当にお客さんがほしいと思われる情報を発信していますよ。お客さんのことをよく分かっているから、心に響く説明ができているんです。

つまり、商品がいいのではなく、商品の説明の仕方がとてもいいんですね。

商品の価格が安いのか?

注文や申し込みの多いお店は商品の価格が安いのは事実です。でも、私がネット通販を利用するときに、必ずしも安さだけでお店を選んでいません。価格だけではなく、他にも選択の要素はたくさんあるはずです。あなたも値段だけで選ぶわけではないでしょ?

どんなに安くても、信用が置けない怪しいお店ではだれも買いませんよね。商品によっては、高いものの方が信頼できそうだと思って買うこともあるんじゃないでしょうか。だから、安易に価格を下げるのはまずいんですが、同じ商品であれば安いほうが売れるので、大事なことではあるんですよ。

商品によって訴求するところは違うので、価格も含めて魅力を打ち出さないといけないんです。

本当は何が違うの?

集客力の高いサイトは、本当は何が違うんでしょうか? 確実に言えることは、「これだ、この商品がほしかったんだ!」とか「なるほどそういうことか、よし、ここで申し込もう」といった感じで、お客さんがとても納得して注文や申し込みをしているんですよ。

つまり、サイト側がお客さんのことをよく理解していて、お客さんが本当にほしい商品や情報を正確に読み取っているんです。こんなことができていれば、お客さんの心に響くのは当然ですよね。そして、ほしい商品や情報が目の前にあるんだから、ごく自然な流れで行動してくれるんです。

お客さんのニーズをどれだけ正確に読み取って理解しているのか、そこに大きな違いがるということなんですね。お客さんがほしいと思うものをそろえているから売れる、でも、そうでない商品は売れない。単純に言えば、そこがいちばん違うところなんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

できるだけ話を単純化するためにポイントを絞ってお話ししましたが、集客力のあるホームページは、とにかく何から何までお客さんのために作られています。少しオーバーに言えば、「自分は納得してないけど、お客さんが納得するならそれでいい」というくらいの考え方が必要なんです。

このような『お客さんのため』という基本方針を持つことで、集客力の高いホームページにすることができるんですね。

もちろん、考え方を変えただけで売り上げがグングン伸びるものでもないのが現実です。「具体的にどうしたらいいのか?」と感じた方は、どうぞ私にご依頼ください。『お客さんのため』とはどういうことなのかがよく分かりますから。

以上、「ホームページ集客力、高くするには何をすべきか?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。