Web集客を成功に導く、知っておきたい7つの知識。

Web集客を成功に導く、知っておきたい7つの知識。

Web集客を成功に導く、7つの知識を説明します。読者対象は、Web集客を成功させるコツを知りたい方です。Web集客では何をすべきか、誰も語らない秘密のポイントを7つに絞って説明していますので、失敗を避けられます。

Web集客を成功に導く知識とは?

あなたは、Web集客を成功に導く知識とは何だと思いますか? HTMLやCSSでしょうか、それともPHPやJavaScriptでしょうか、はたまたツイッターやフェイスブックでしょうか。実はそのようなところにポイントはありません。成功に導く知識は、これらの中にはないんです。

HTML・CSS・PHP・JavaScript などはホームページ制作の技術的な部分なので、集客とはほぼ関係がありません。また、ツイッターやフェイスブックはいわゆるSNSですが、ホームページとは媒体が違うだけですから、本質的には大きく変わりありません。

実はWeb集客に必要なのは、お客様目線で作られた内容なのです。では、どのように内容を作ればよいのか、重要なポイントを詳しく説明しましょう。

Web集客を成功に導く内容の作り方、7つのポイント!

それでは、Web集客を成功に導く内容の作り方を説明します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通して頭に入れてください。

ホームページ制作は集客ではない

ホームページ制作は集客ではありません。このように説明すると少々誤解を生みそうですので、もう少し突っ込んでお話しします。ホームページを制作したらそれで集客になるのではなく、ホームページで何を訴求するかがとても重要なのです。つまり、中身がポイントということになります。

例えば、新聞やテレビで広告を出すときに、どんな広告を出せばよいか内容を考えますよね。なぜなら、ただ広告を出しても何の効果も得られないからです。だとしたら、ホームページも同じです。どんな内容にすべきか真剣に検討すべきです。

ユーザーは、会社や商品の名前を知ったからと言って、それだけで購入や問い合わせに至るものではありません。魅力が伝わらない限り、閲覧者が具体的な行動に移ることはないのです。ホームページそのものを作ることに囚われず内容の充実を図ることに注力すべきでしょう。

これが、Web集客で知っておくべき大前提です。

お客様が求めている答えを書く

Web集客で最も重要なことは、お客様が求めている答えを書くことです。なぜなら、ホームページにしろ、フェイスブックページにしろ、閲覧者は答えを探してアクセスしているからです。だから、閲覧者自身が抱える問題や欲求の解決策を書くことで、満足してもらうわけですね。

したがって、デザインなど見た目を飾っても集客力は改善しません。例えば、1+1の答えを3として公開したとしましょう。しかし誰も見向きしないので、数字に色を付けてみますが全く反応がありません。今度はフォントを変えたりサイズを変えてみますが、やはり効果無しです。

当たり前ですよね。だって答えが間違っているのですから。まず必要なことは、2という正しい答えに直すことです。どんなに飾り立てても正解にはなりません。つまり、ニーズに合わない内容を正しく修正しない限り何をやっても効果が出ないのです。

これが、お客様の求める答えを書くということの真意です。

目的を説明すること

ホームページやフェイスブックページなど、多くのネットサービスでは、商品説明が中心となっています。確かに、商品やサービスを売っていますので、詳しく説明するのは当然でしょう。しかし、それだけでは決定的に足りないものがあります。それは目的の説明です。

例えばお店が、「これは世界最軽量の商品です」と説明すると、お客様は「それはすごいですね」という感想を持ちますが、同時に「だからなんなんだろう?」と思ってしまうでしょう。つまり、軽量であることとお客様自身とが結びつかないので、興味が持てないのです。

そこで、「持ち運びで疲れたくない」という目的を明確にします。すると説明は、「これは世界最軽量の商品ですので、持ち運びで疲れることはありません。」となります。こうすれば、お客様の目的が達成できることを説明していますから、非常に伝わりやすくなるのです。

これで、軽量であることとお客様自身との結びつきが明らかになり興味を持てるわけです。当然ですが、興味が湧けば商品の購入や問い合わせといった行動に移りやすくなります。ぜひ、目的の説明をしっかり行ってください。

なお、目的を分析すると、商品から得られる利益であることがわかりますよね。これを『ベネフィット』と言いますので覚えておいてください。

タイミングを合わせること

Web集客に限らず、ビジネスはタイミングを合わせることが非常に重要です。なぜなら、お客様は欲しいと思わない限り、商品を買うどころか興味を示さないからです。例えば、クリスマスケーキが典型的でしょう。だって、クリスマス以外の日に買う人はいないですからね。

つまり、いかにお客様がほしいと思うタイミングに合わせられるかが、重要なのです。どんな商品やサービスでも何かしらのタイミングがあると思いますので、まずはそこを考えてみてください。例えば、アフターメンテナンスが必要であるとか、ある時期に必ず必要であるとかです。

もし時期が限られているのであれば、他のタイミングを見つけるとか、場合によっては期限付きの商品やサービスを用意することも必要です。ただし、期限付きというのは『会社・お店』の側にタイミングがあることになります。できる限り、お客様の側にタイミングがあるようにしましょう。

そうしなければ、商品の購入や問い合わせの必然性がなくなるからです。繰り返しますが、タイミングは極めて重要ですので、十分検討してください。確実にWeb集客が楽になりますから。

お客様の知識レベルに合わせること

お客様の知識レベルに合わせた説明をしてください。お客様は初めて商品を見る方もいれば、マニアレベルの方までいます。つまり、お客様の知識の量には、個人個人で大きく開きがあるのです。当然ですが、知識に合わせた説明をしなければ、理解してもらえませんよね。

理解が無ければ購入や問い合わせにつながりませんので、Web集客ではそれを見越した説明が必要になります。なぜなら、説明を臨機応変には切り替えられないからです。店舗での接客であれば、相手の様子をうかがいながら説明内容を変えられますが、Webではそれができません。

お客様がどのようなことを知りたいのか、どんな質問が出るのかをできる限り予測して、先回りするしかないのです。では、どのように推測するのかと言えば、検索ワードがある程度手掛かりになります。というのも、検索ワードには明確に知識レベルの差が表れるからです。

検索ワードに知識レベルの差が表れる? 分からない男性

例えば、検索ワードが「ラーメン」だとしましょう。このような具体性が無いワードの場合は、検索ユーザーがあまり詳しく知らないと考えられます。つまり、基本的な知識を知りたいと考えられるので、例えば「ラーメンとは何か?」という意味の説明から行うことになるでしょう。

これが、「博多ラーメン」とか「喜多方ラーメン」といった検索ワードであれば、ラーメンについてある程度知識のある方が、より詳しいことを知りたいと考えられます。したがって、それぞれのラーメンについて詳しく説明すべきでしょう。

つまり、絞り込み方が細かいほど知識があると判断できます。知識が無い方には平易に説明し、知識がある方には専門用語を使って細かく説明してください。

Web集客で購入や問い合わせにつなげるためには、このように、閲覧するお客様の知識レベルに合わせた説明によって理解を深めてもらうことが必要です。

しっかりとした戦略を練ること

しっかりとした戦略を練ることが重要です。ここまでやや細かい話をしましたが、全体としてどのような集客を行うのか、戦略を立てる必要があります。具体的には以下の通りです。

  • ターゲットの決定(誰に対して売るのか?)
  • ニーズの把握(ターゲットは何がほしいのか?)
  • 商品やサービスの決定(どんなものを売るのか?)
  • 媒体の決定(Webサイト・フェイスブックページ・ツイッターなど、どれを選ぶのか?)
  • オファーの有無(集客商品は必要か?)

上記は基本的なものとして、状況に応じて必要なものは変わります。つまり、誰に対して何を売るのかが明確になっていないと、訴える内容(訴求点)がハッキリしないので、差し障りのない弱い言葉にしかなりません。強い言葉でしっかりと伝えるためには、絞り込みが必要です。

対象者と商品の絞り込みをしっかり行って強く訴えられるように検討してください。本来は集客戦略というと多岐にわたりますが、最低でもこれくらいは行いましょう。何もないときに比べると、明らかに充実した内容で、Web集客ができるはずです。

Web担当者の適任は広報担当や営業マン

ここまでお話ししたWeb集客に関する施策は、広報担当や営業マンが適任な場合が多いでしょう。なぜなら、実際にお客様と直接コミュニケーションをとる職種なので、上記すべてを理解している可能性が高いからです。少なくとも、ネットに詳しい技術者に任せるものではないでしょう。

もし広報担当や営業マンにネットの知識が乏しいとしたら、勉強してもらうか、技術系の人の助けを受けるような形でWeb担当をやってもらうべきでしょう。すでにお気づきだと思いますが、Webと言えども集客に変わりはないので、集客に長けた人物が担当すべきなのです。

つまり、多少無理やりにでも、集客に携わってこられてきた方に担当してほしいのです。こうすることで、知っている集客の各種手法をWeb上に展開しやすくなります。

Web集客を成功に導くためには、このようにWeb担当者を広報担当や営業マンにすることがポイントになることを知ってください。

まとめ:Web集客は、内容の充実が最も大切です。

いかがでしたか? Web集客を成功に導く7つの知識を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページ制作は集客ではない、お客様が求めている答えを書く、目的を説明すること、タイミングを合わせること、お客様の知識レベルに合わせること、しっかりとした戦略を練ること、Web担当者の適任は広報担当や営業マン、などのポイントでした。

ここまで説明してきたことは、Webの閲覧者であるお客様が「どう感じるのか?」というお客様目線の実現がテーマになっています。つまり、自分たちが何を売っているのかではなく、お客様の抱える問題や欲求の解決策を説明するということに、重点を置いているのです。

繰り返しになりますが、検索ユーザーは自身が抱える問題の解決策を求めています。したがって、どれだけユーザーが満足する解決策を提供できるかが、ポイントになります。だからこそ、見た目ではなく内容の充実を図らなければいけないのです。

しかも、Web集客では相手と直接会話ができない以上、先回りして内容を作るしかありません。この点に気づけるかどうかが、成否を分けることを忘れないでください。

以上、「Web集客を成功に導く、知っておきたい7つの知識。」と題して説明しました。