《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

Web集客の施策で、知っておくべき7点とは?

Web集客の施策で、知っておくべき7点とは?

Web集客施策で、知っておくべき7点を説明します。集客に役立つ各種のテクニックを知りたい方は、ぜひご覧ください。パターン別に、どのようなテクニックが存在し、どうすれば活きるのかを詳細に解説しています。

なぜ、Web集客の施策が重要なのか?

あなたは、「Web集客を行う上で、どんな施策があるんだろうか?」と技術やテクニックを知りたくて、このページをご覧になっていると思います。集客には、ある程度テクニックが必要ですので、知りたくるのは当然だと思います。

調べていくと、SEO対策をしっかりやるべきだという文献に出会ったり、文章の書き方でうまく説得する方法を見つけたりすることでしょう。しかし、そのようなテクニックの中には、必ずしも効果を発揮しないものが存在します。

そこで、どのようなテクニックなら効果があるのか、詳しく説明しましょう。

Web集客の施策、知っておくべきテクニックは7つある!

それでは、Web集客の施策で知っておくべきテクニックをご紹介します。テクニックは全部で7つありますので、しっかり頭に入れてください。

SEO対策の施策とは?

最初に、SEO対策の施策をご紹介しましょう。SEO対策には様々なテクニックがありますが、最も効果があると思われるのは、ページタイトルの付け方です。なぜなら、最も手っ取り早く検索で上位に表示できる可能性があるからです。

SEO対策は、検索対策です。検索ということは、キーワードへの対策ということですから、タイトルには必ず上位表示してほしいキーワードを含めます。ポイントとしては、極力、狙っているキーワード以外の言葉は含めないということです。

つまり、「『キーワード』を説明します」などのような文章にすることで、特定のキーワードに反応するタイトルが作れます。簡単に言えば、欲張って言葉を詰め込むようなタイトルを作らないことですね。これを守れば、案外簡単にSEOが出来てしまう場合がありますよ。

SEOの基本は、本文を充実させることです。タイトルだけでどうにかなるものではありませんので、そこは勘違いしないでくださいね。

文章の施策とは?

文章の施策で重要なのは、説得力のある文章を書くことです。「そんなこと言われても、どうやって書けばいいんですか?」となる方は少なくないと思います。そこで、最も典型的な文型をご紹介しますので、参考にしてください。

  1. 最初に問題提起する。
  2. 解決策を示す。
  3. 証拠を示す。
  4. 問題と解決策を示してまとめる。

このような文型が、基本的な流れです。これだけだとちょっと抽象的だと思いますので、もう少し具体的に文章を作ってみましょう。「1.ホームページ制作業者をお探しですか?、2.当社が制作いたしますよ。3.実績が豊富で安心です!、4.ホームページ制作はぜひ当社へ!」

どうですか? 上記文型で説明すると、説得力がありますよね。これは人間心理にのっとった語順で説明するので、すんなりと頭に入るんですね。すぐにはモノにできないと思いますが、テクニックとしてはかなり重要ですので、この文型に沿った文章を心掛けましょう。

集客戦略の施策とは?

続いて、集客戦略の施策について考えましょう。集客戦略は、スタートが最も重要ですので、何から始めるかがポイントです。テクニックとしては、ニーズを絞るという方法があります。どんなニーズがあるのかを分析すると、複数の有力なニーズが見えると思います。

するとどれが良いのかということになります。例えば、「安価、高品質、高級」などのニーズがあったとしたら、どれが実現できるかを見極めます。安価と高品質や、高品質と高級は両立できるかもしれませんが、安価で高級というのは難しいですよね。

したがって、自社で実現可能でなるべく多くの方が対象になるように、ニーズを絞り込みます。そうすると、ある分野に特化することになるので、アピールしやすいんですね。もし、安価と高品質を選んだとしたら、「当社は低価格でありながら高品質です!」と言えるわけです。

このように、ニーズを絞り込むというテクニックを使って、訴求力を高めましょう。

デザインの施策とは?

デザインの施策については、様々なテクニックがあります。そこで、ここでは画像の使い方についてご紹介します。まず、前提として知っていただきたいのが、画像による説明は簡単に頭に入る代わりに、簡単に記憶から消える点です。説明は、画像より文章の方が強いんですね。

では、画像はどのように使うのかというと、文章を読みやすくするための補助として使うのが最適です。補助と言ってもいろいろありますが、ここでは読み進めるための原動力として画像を考えてみましょう。

最もわかりやすいのは、文章の最初に画像を1枚入れることです。このページのトップにも画像が1枚ありますよね。これは「アイキャッチ」といって、画像が1枚あるだけで、それ以降の文章が読みやすくなるという心理効果があるんです。

画像は何でも構いませんので、ぜひ実践してください。また、画像はなるべく人物を使います。なぜなら、人間の脳は顔に強く反応するようにできているからです(車のフロントデザインも顔に見えますよね)。キャッチコピーなどのわきに顔写真を入れると、非常に効果的ですよ。

このようにデザインにおいては、文章を読ませるための補助として写真を使うというテクニックを、覚えておきましょう。

ブログの施策とは?

ブログの施策においても様々なテクニックがあると思います。その中でも最も重要なのが、キーワードの選定です。なぜなら、よほど有名な方でない限り、ブログは検索でたどり着くものだからです。したがって、みなさんが何を検索しているのかを推測しなくてはいけません。

そして、その検索ワードから、本当は何を知りたいのかを正確に読み取る必要があります。検索におけるキーワードは、困りごとがそのまま言葉になったものですから、それをネタに解決策としてブログを書くわけなんです。

すると、検索ワードにマッチした内容のブログになり、検索ユーザーに見つけてもらえるようになります。したがって、日記のようなブログではなく、困りごとの解決策を提供する内容にすべきだと言えるでしょう。つまり、自分ではなく閲覧者のことを書いてください。

ちなみに、このような内容のブログをオウンドメディアと言いますので、覚えておきましょう。

オウンドメディアとは何かを、わかりやすく説明します。読者対象は、オウンドメディアについて詳しく知りたい方です。基本的な概念から、メリットやデメリットに至るまで、オウンドメディアが分かるように詳しく説明しています。

SNSの施策とは?

SNSの施策については、あるテクニックをご紹介します。それは、共感が得られるような文章を書くことです。なぜ多くの方がSNSを利用するのかというと、つながりを求めているからです。そしてつながるということは、共感し、共感されたいという欲求の表れだと言えます。

したがって、単なる個人的な発言や何かの報告だけでは、「フォロー」や「いいね!」の獲得にはつながりません。具体的には、共感が得られるような気付きが必要です。ただし、SNSは文字数が限られますし、長い文章は不向きですので、まとめる力が非常に重要になるでしょう。

方法論としては、何かとの比較が良いと思います。例えば普通なら、壊れた機械が直ったことを報告する場合に、「直ってよかったです。」程度でしょう。しかし、「さっきまでうんともすんとも言わなかったのに、バッチリ直りました!やっぱりプロはすごいですね。」としたらどうでしょう。

前者の場合は、単に自分の気持ちを言っているだけです。ところが、後者の場合は動かなかったものが動くようになり、素人では無理だけどプロなら直せるという気付きを説明しています。ちょっとしたことですが、これが共感を得るためのテクニックと言えるでしょう。

SNSでは、ぜひ共感という点に重きを置いて、発言してください。

もちろん、先ほどの文章の施策と併用すると、さらに良い文章が書けますよ。

テクニックの効果は限定的です。

ここまで、Web集客の施策として様々なテクニックをご紹介しましたが、それぞれの効果は限定的であると言わざるを得ません。なぜなら、集客はテクニックではないからです。根本的には、お客さんの心をキャッチするような、訴求内容が最も重要です。

簡単に言うと、「これだっ、これがほしかったんだよ!」とお客さんの心を射抜く必要があります。それが実現できるのは、小手先のテクニック単体ではありません。綿密に練られた集客戦略が、最も重要です。そして、それを表現する手段として、テクニックを駆使するんです。

つまり、どれだけテクニックを使っても、心に刺さらないことを訴えていたのでは効果はほとんどないんです。いらないものをどれだけ勧められても、いらないことに変わりませんよね。ところが、ほしいものを勧められれば心が動くのは当然です。

テクニックは絶対必要ですが、それだけでどうにかなるものではないということも、しっかりと肝に銘じておいてください。多くの方がテクニックだけを実践するので、失敗してしまいます。十分注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか? Web集客の施策で、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、SEO対策の施策とは?、文章の施策とは?、集客戦略の施策とは?、デザインの施策とは?、ブログの施策とは?、SNSの施策とは?、テクニックの効果は限定的です、などのポイントでしたので、ご理解いただけなのではないでしょうか。

多くの方が、集客をテクニックだと考えている現状を何とかしたくて、このページを公開しました。最も重要なことは、Webの利用者が何を望んでいるのかを知ることです。当然ですが、望んでいない情報や商品をどれだけ提供しても、反応は得られないでしょう。

望み(ニーズ)がわかれば、集客戦略が立てられます。そして、その集客戦略を具現化するためにテクニックがあるということに、気づいてほしいんです。その点をご理解いただき、Web集客の施策を実施していただければ何よりです。

以上、「Web集客の施策で、知っておくべき7点とは?」と題して説明しました。