WordPress 記事(ページ)の作り方

WordPress 記事(ページ)の作り方

WordPressでの記事(ページ)の作り方について説明しました。WordPressが初めてで、何から手を付けたらいいのか分からない方にはとても参考になると思います。分かりやすく説明しているので、改めて確認したい方にも適していますよ。

高度なエディタで簡単に作れます

WordPressでページを作成するのはとても簡単で、文章を入力して画像を入れるだけです。特別な知識がなくても高度なエディタで簡単に作れますよ。作成時間が短縮できる分、内容を考えるのに時間が取れるから、充実したページを作りやすいのも大きな特徴なんですね。

基本的には文章を入力するだけ

基本的には文章を入力するだけなんです。なので、じっくり内容を考えて、最高の文章を作り上げてください。練りに練った文章は読む人に役立つので、検索で上位表示される可能性も高くなります。もちろんHTMLなどの技術的な知識があると、さらに見栄えの良いページに仕上げることもできます。

具体的な手順は?

それでは、具体的な手順をご紹介します。こちらの手順に従えば、確実にページが作成できるように説明しているので、最初はそのままやってみてください。慣れてきたら、自分流のやり方にしてもらってもいいんじゃないかと思いますよ。

画面の見方

まず、具体的な作業の前に画面の見方を確認しておきます。すべての作業は、左側にあるメニューから行います。なので、すぐ左側を見る癖をつけてください。上にあるメニューは頻繁に使うものが並んでいるんですが、慣れないうちは「まず左」と思っていれば混乱しにくいと思いますよ。

投稿でページ作成

メニューに[投稿]という項目があります。ここをポイント(マウスポインタを置いてしばらく待つ)すると、サブメニューが開きます。そこに[新規追加]という項目があるのでクリックします。

WordPress 投稿 新規追加

すると『新規投稿』という画面が表示されます。これが、ページ作成用のエディタです。

WordPress 新規投稿を追加

タイトルを入力

最初にタイトルを入力しましょう。上の方にある[ここにタイトルを入力]というテキストボックスに入力する文章のタイトルを入力します。このタイトルは、ブラウザのタブに表示されたり、ブックマークの名前にも使われたりします。HTML でいうと title タグに相当する部分です。

練習で作るのであれば何でもいいんですが、実際に公開するページの場合は Google などの検索サイトにも表示されることになるので、よく考えて入力するようにしてください。単純には、検索してもらいたいキーワードを含む形でタイトルを作ればいいですが、自然な文にしてくださいね。

文章を入力

タイトルの下にツールバーがあって、さらにその下に白い大きな部分がありますが、ここが本文を入力する部分です。いきなり文章を入力してみてください。ワープロのような感覚で文章が入力できるので、あまり余計なことを考えずにひたすら文章を入力します。

段落を変えるときは[Enter]キーを押して改行すればOKです。また、途中で強制的に折り返したいときは[Shift]+[Enter]をやってみてください。

画像を挿入

もし、手元に画像があるようなら画像を挿入してみましょう。挿入したい位置にカーソルを置いてから、本文部分の上にある[メディアを追加]のボタンをクリックします。

メディアを挿入 ファイルをアップロード

左上の[ファイルをアップロード]のタブをクリックして切り替えます。

メディアを挿入 アップロードするファイルをドロップまたはファイルを選択

画像をマウスでドラッグ&ドロップしてもいいし、[ファイルを選択]からダイアログを開いて指定しても構いません。ちなみに、ドロップ操作ではうまくいかないときに、ダイアログを利用するという使い方が便利なんじゃないかと思いますよ。

抜粋も入力しておこう

エディタでは『抜粋』というものが入力できます。これは、検索で一覧表示されたときに表示される説明文です。HTML では description に相当するので、忘れない限りは入力してください。万が一忘れた場合は、本文の冒頭が自動的に設定される場合もあります(テーマの設計によります)。

入力の場所は、本文部分の下にあるはずですが、見当たらない場合は表示させます。右上の方にある[表示オプション]をクリックします。

表示オプションのボタン

すると、メニューが展開されるので、[抜粋]にチェックを付けます。

表示オプションメニュー

これで、下に『抜粋』が表示されますよ。ちなみに、カテゴリー表示などの一覧表示でも利用されるので、必須ではないもののできる限り入力してくださいね。

一時的に保存する

せっかく作ったものが一瞬で消えてしまったら残念ですから、一時的に保存しましょう。[下書きとして保存]のボタンをクリックすると、一時保存ができますよ。

WordPress 公開

ちなみに、右隣にある[プレビュー]ボタンを押すと、表示確認ができます。別ウィンドウが開くので、そのままにしておいて下書きするたびに表示を更新すれば、すぐ確認できて便利ですよ。

インターネット上に公開

ページが完成したら、いよいよ公開です。先ほどの[プレビューボタン]の真下を見ると[公開]ボタンがあるので、それをクリックします。保存されると同時にインターネット上に公開されます。これで、どこからでもアクセスできるようになりました。

[タイトル]の下に[パーマリンク]という部分があるので、それがそのページのURLです。リンクをクリックすれば、インターネット上に公開されたページを確認できますよ。この場合、ログイン状態なので上部にメニューバーが表示されていると思います。

なお、URL はWordPressの設定によって変わります。自動的に設定される場合は、文字・記号・数字の組み合わせで自動生成されます。また、自分で URL を設定したい場合は、あらかじめ設定を切り替えておきます。詳しくは下のページで説明していますので、そちらをご覧ください。

WordPressでSEOを意識したパーマリンクの設定がどのようなものかを説明しました。パーマリンクをどう設定したらいいかお困りの方は参考に...

投稿と固定ページの違いとは?

ところでページは、『固定ページ』という項目でも作成できます。投稿と固定ページの違いとは一体なんでしょうか? これは、明確な答えが見つけられなかったんですが、私の個人的な見解としては、他とつながりがあるかどうかで使い分けるものではないかと思います。

ページを投稿で作った場合は、『カテゴリー』や『タグ』と呼ばれるグループ分けができます。それに対して、固定ページで作った場合は、そのようなグループ分けができません。なので、関連性のあるページでまとめたい場合は投稿で、そうでない場合は固定ページにすればいいと思いますよ。

ちなみに、投稿と固定ページを変換することはできないので、どちらにするかは最初によく考えておく必要があります。よく分からなかったら、投稿でいいんじゃないかと思いますね、あとからグループ分けもできますし。なお、固定ページの作成も投稿と同じやり方でできますよ。

記事とページは違うの?

ページのことを記事という場合もありますが、同じ意味で捉えてもらって結構です。これは、ブログ用のシステムとしてWordPressを使う方がたくさんいるので、それに合わせて記事という言い方も多くなっているんだと思われます。使い分けは特にないので、呼びやすい言い方で構いませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

WordPressでページを作成する方法を説明しました。WordPressならとても簡単にページを作成できることがお分かりいただけたことと思います。あまり知識のない方向けの内容にしましたので、物足りない方は他のページも目を通してみてください。かなり深い情報もご覧いただけますから。

以上、「WordPress 記事(ページ)の作り方」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談