WordPressでSEOを意識したパーマリンク設定とは?

WordPress SEOを意識したパーマリンク設定とは?

WordPressでSEOを意識したパーマリンクの設定を説明します。読者対象は、パーマリンクの設定のやり方を知りたい方です。基本的な設定方法だけでなく、SEO対策に有利だと思われる設定も詳しく説明しています。

なぜ、WordPressのパーマリンク設定が重要なのか?

WordPressはページ作りがとても簡単なので、誰でもホームページが作れるわけですが、パーマリンクという設定が今一つよく分からないという方も多いでしょう。これは、URLに関する設定なんですが、ディレクトリ構造について知識がないとチンプンカンプンだと思います。

自動設定されるので、そのままでもホームページとして公開はできます。しかし、SEOによる集客効果を狙ったり、初期設定のままは嫌だと思われる方もいらっしゃるでしょう。そして忘れてはいけないのが、いったん公開したパーマリンクは変更しづらいという点です。

そのため、前もって入念に設定しておく必要があるのです。そこで、初心者でも適切なパーマリンク設定が分かるように解説していきましょう。

WordPressで、SEOを意識したパーマリンク設定のポイント。

それでは、WordPressでSEOを意識したパーマリンク設定の、ポイントをご紹介します。

パーマリンクとは?

ますは、パーマリンクについてしっかりと確認しておきましょう。なぜなら、基本的な認識が間違っていると、説明が正しく理解できない可能性があるからです。

パーマリンクとは、各ページの場所を示すURLのことを指します。具体的には、WordPressをインストールしたフォルダに続く形でさまざまな形式の設定が可能です。例えば、『abc.com/wordpress/』にインストールしたとしたら、『abc.com/wordpress/aiueo/』のようになります。

つまり、アクセスがあると、その URL に関連付けられたページのデータを読み込んで瞬時にホームページを作成し、ブラウザに渡すということなんですね。あと、Google などの検索エンジンで認識されるのも、このパーマリンクで設定した URL ということになります。

ディレクトリという概念に詳しい方は、かえって混乱するかもしれないですが、htmlファイルという実体がないので、アクセスするための仮想的なものと解釈していただければいいと思いますよ。

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定方法は次の通りです。左側のメニューの[設定]をポイントし[パーマリンク設定]をクリックします。

WordPress パーマリンク設定メニュー

すると以下のような画面が表示されます。

WordPress パーマリンク設定

一番ラクなのは、自動設定される『基本』です。ですが、自分で自由に設定することができる『投稿名』か『カスタム構造』を選ぶようにしてください。自動設定されるということは、強制的にURLが設定されることになるので、一切自由に設定できなくなるんです。

『投稿名』や『カスタム構造』を選んだ場合でも、仮のURLが自動設定されるので、必要な時だけ書き換えるという使い方ができますよ。なので、『投稿名』や『カスタム構造』の方をお勧めしておきます。ちなみに、カスタム構造ではファイル名っぽい設定ができますよ。

例えば、スラッシュの後に『 .html』を付けたいときは「 /%postname%.html」とすると、見かけ上は普通に”○○.html”にアクセスする形にできるので、こだわりのある方はやってみてください。

SEO対策になる設定がある?

パーマリンクにSEO対策になる設定があるのかと聞かれれば、まったくないわけではなさそうです。圧倒的に効果があるとは断言できないので、やや弱い表現にさせてください。具体的には『キーワード』を含む URL にすることで、わずかですが検索で有利に影響しているようなんです。

なので、パーマリンク設定は『投稿名』や『カスタム構造』を選んで、キーワードが含まれるように設定してください。例えば、「設定」というタイトルのページを作ったのであれば、

WordPress 実際のパーマリンク

という感じになります。ただし、日本語を入れると実際のURLは記号の羅列で表現されます。これはシステム上、日本語のような2バイト文字はどうしても直接表現できないためです。もちろん、そのままでも構わないんですが、URLを誰かに教えるときにかなりややこしいですよね。

その場合は、アルファベットを使ってローマ字にすることで同じような効果があるようです。リンクの横にある[編集]ボタンをクリックすれば編集できるので、変えたい方はやってみてください。

パーマリンクの設定で気を付けてほしいこと

ここまでパーマリンクの設定をお話ししましたが、気を付けてほしいことがあります。それは、一度公開したページのパーマリンクは変えないでほしいということです。公開時点でのURLで検索エンジンが認識してしまっているので、これを変えてしまうと検索がうまくいかなくなるんです。

したがって、パーマリンクの設定は公開済みのホームページでは変えないでほしいんです。リスクを冒してでも、途中で無理やり変えるほどのものではないと思いますので、これから公開するという方のみ参考にしていただきたいと思います。

ただし、リダイレクトという機能を使うとうまく調整することができるので、どうしてもという方のためにこちらのページで紹介しました。

WordPressをプラグインでリダイレクトする方法を説明します。読者対象は、ドメインやフォルダなどURLを変えようとしている方です。正しくリダイレクトすることで、検索エンジンへの影響を最小限に抑える方法がわかりますよ。

まとめ:パーマリンクは、最初の設定が肝心です。

いかがでしたか? WordPress のパーマリンクの設定について説明しました。

説明にあたって、パーマリンクとは、パーマリンクの設定方法、SEO対策になる設定がある、パーマリンクの設定で気を付けてほしいこと、などのポイントに分けましたので、ご理解いただけたのではないかと思います。

パーマリンクは、なかなか分かりにくいものだと思います。最初に適切な設定を選んでおけば、それ以後あまり気にする必要はありません。ページ作成時に、毎回リンクを考えるのは面倒だとは思いますが、多少でもSEO対策になることを考えれば、やる価値はあると思いますよ。

なお、リダイレクトというやり方があるとはいえ、「パーマリンクは後から変えられないから最初が肝心」と考えて作るようにしてください。それが一番大事なことではないでしょうか。WordPressサイト構築にお役立ていただければ、何よりです。

以上、「WordPressでSEOを意識したパーマリンク設定とは?」と題して説明しました。