ターゲット・マーケティングの重要性とは?

ターゲット・マーケティングの重要性とは?

ターゲット・マーケティングの、Web集客での重要性を説明しました。ターゲット・マーケティングの意味を知りたい方に適しています。なぜターゲットマーケティングが重要なのか、どのような利点があるのかを説明したからです。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページ集客の、基礎知識をまとめました。

ターゲット・マーケティングを知る意味とは?

あなたは、「ターゲット・マーケティングって何?」という疑問を持たれたために、このページをご覧になっているのだと思います。ホームページ集客では、ターゲット・マーケティングが重要なんですが、意味がわからなければ対応できないのではないかと思います。

ターゲット・マーケティングとは、ズバリ言うと『対象者を絞ること』です。つまり、対象者をある特定の人に絞って、ビジネスを行うことを指します。では、なぜターゲットを絞るのかというと、効率の良いビジネスが行えるからです。

したがって、ターゲット・マーケティングを知ることは、効率の良いビジネスのやり方を知る意味にもなります。そこで、ターゲット・マーケティングについて、ホームページ集客での意味やメリットについて説明しましょう。

ターゲット・マーケティングの意味7つのポイント。

それでは、ターゲット・マーケティングの意味について、7つのポイントを説明します。

なぜ、ターゲットを絞るのか?

ターゲットマーケティングとは対象者(ターゲット)を絞ることだと、最初に説明しました。では、なぜターゲットを絞る必要があるんでしょうか? これも先ほど説明した通り、訴求しやすくなるからですが、具体的に何がどう訴求しやすくなるのかお話ししましょう。

ターゲットを絞る場合には、ある特定の悩み・問題・欲求を持った方を対象にします。なぜなら、内容の濃い説明ができるからです。例えば、病院が広告を打つとして、「病気の方へ」とメッセージを伝えても漠然としています。しかし、これを「腰痛の方へ」としたらどうでしょうか?

これなら腰痛に困っている方だけに、詳しく説明できます。つまり、範囲を狭めることで、具体的で内容の濃い説明ができますよね。これが病気というワードだけだと、どうしても抽象的な薄い説明になってしまいます。具体的な説明ができれば、わかりやすいですよね。

このように、ターゲットを絞るという行為によって、説明する側は説明がしやすくなるし、説明される側は確実に問題が解決することが理解できます。だから、ターゲットを絞るわけです。

続いて、ターゲットを絞ることのメリットを見ていきましょう。

1.ターゲットを絞ると、品ぞろえが豊富にできる。

ターゲットを絞ると、品ぞろえが豊富にできます。なぜなら、ある特定のニーズに特化すれば、その中でバリエーションを増やすことができるからです。つまり、ターゲットの期待を超えて満足させることができるからです。趣向は十人十色、人それぞれですよね。

したがって、それぞれの趣向に対応していたのでは、とてもではないけれど品ぞろえができません。つまり、多種多様なニーズに対応するには限界があるわけです。そこで、一般的に行われていることは、特定の商品だけを扱う専門店化です。

例えば、「洋服屋さん」とするよりも、『古着屋さん』とか、『子ども服屋さん』とした方がわかりやすいですよね。多数の古着を用意したり、おしゃれな子ども服を多数用意できれば、それらに興味のあるターゲットを満足させることができるわけです。

このように、ターゲットを絞ると品ぞろえを豊富にできます。

2.ターゲットを絞ると、わかりやすい説明ができる。

ターゲットを絞ると、わかりやすい説明ができます。なぜなら、特定の人にだけ説明すればよいからです。これは例えば、初心者向けの説明と上級者向けの説明では、説明する内容が明らかに違うことからもわかると思います。

初心者の場合は、専門用語を使っても何の事だかチンプンカンプンだし、「○○とは何か?」のような根本的な説明から始めないと、全く理解してもらえない可能性がありますよね。逆に上級者の場合は、専門用語をバンバン使って説明したほうが、理解されやすいでしょう。

ということは、初心者と上級者を同時に対象とすること自体に、無理があることがわかりますよね。もちろん、同時にうまく説明するためのテクニックはありますが。それでも、どちらかに特化した説明に勝てるようなものではないでしょう。

両者の前提となる知識量が違うわけだから、初心者にはできるだけ平易な言葉を使い、上級者には専門用語を積極的に使うといった配慮が必要です。

このように、ターゲットを絞ることで、わかりやすい説明ができるんですね。

3.ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れる。

ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れます。なぜなら、特定のニーズに対して訴求できるからです。例えばキャッチコピーを「このトマトジュースは美味しい!」とすると、おいしい飲み物が好きな人に、訴求することになります。しかし、他においしい飲み物はたくさんあります。

したがって、わざわざトマトジュースを飲む必要はありませんよね。ところが、「トマトジュースは美肌にいい!」とすればどうでしょうか。こうすると、肌をきれいに保ちたい人や、肌荒れに悩む人だけにターゲットを絞るので、キャッチコピーが力強くなります。

ちなみに、キャッチコピーを強くできれば、購買意欲をそそることができます。なぜなら、「これがほしかったんだよ!」とお客さんに思わせることができるからです。これは、特定の人の困りごとを解決するのが商売であることが理解できれば、納得がいくと思います。

このように、ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れるわけです。

4.ターゲットを絞ると、ニーズが明確にできる。

ターゲットを絞ると、ニーズが明確にできます。なぜなら、ターゲットが決まれば、ニーズを調べやすいからです。ニーズを把握すること自体はホームページ集客に限らず、現代のビジネスでは必須ですが、ターゲットが決まっていなければ把握のしようがないですよね。

ニーズを把握するというのは、「○○さんの抱えている問題や困りごとを明確にする」ということなので、対象となる人物像が特定されていなければ、調べようがないわけです。したがって、ターゲットを絞ることは、ニーズの把握のためには必須と言えるでしょう。

ちなみに、ニーズを把握する作業は、アンケートを取ったり、Webマーケティングを実施したりという方法で行います。あくまでも、ニーズ調査の対象がハッキリするだけなので、ニーズを把握する作業は必要ですよ。

このように、ターゲットを絞るとニーズが明確にできるわけですね。

5.ターゲットを絞ると、提供すべき商品や情報が決まる。

ターゲットを絞ると、提供すべき商品や情報が決まります。なぜなら、ターゲットのニーズが明確になるからです。例えば、ラーメン屋さんでターゲットを決めないでいると、スープの種類、麺の太さや硬さ、野菜の量、チャーシューの枚数など、決めるのはかなり難儀でしょう。

しかし、若い女性にターゲットが決まれば、ヘルシーさを重視し「あっさりスープに・細麺で柔らかく・野菜多め・脂身の少ないチャーシューを3枚」など、かなり決めやすくなるでしょう。つまり、「○○の方向け」というように、わかりやすいバリエーションを作れるわけです。

当然ながら、ニーズを把握する作業は必要ですが、商品の仕入れや開発をやみ雲に行うことなく、半ば自動的に商品が決まります。もちろん、どんな情報を提供するかも自然に決まりますね。

このように、ターゲットを絞ると提供すべき商品や情報が決まります。

勇気をもって、ターゲットを絞ってください。

ターゲットの絞り込みは、最終的に経営者の勇気が大きくかかわってきます。なぜなら、多くの経営者はターゲットを絞ることに消極的だからです。ターゲットを絞るということは、絶対的なパイを減らすことになります。だから、購入する確率が下がると考えてしまうんですね。

しかし、考えてみてください。店舗の来店客やホームページにアクセスしてきたお客さんが、全員商品を購入しますか? そんなことありませんよね。ほとんどの場合は冷やかしです。ここで割り切った言い方をすると、冷やかし客を相手にする必要はないんです。

大事なのは購入してくれるお客さんだけです。そしてそのようなお客さんは、ごく一部の方だけなんです。そして、そのごく一部の方に対して強力なメッセージを伝え、確実に購入してもらう方がはるかに効率が良いです。そして、それができるのは、ターゲットを絞った時だけです。

したがって、経営者には、ぜひ勇気をもってターゲットを絞っていただきたいと思います。

なお、冷やかし客は扱いが悪くても良いということではありませんので、勘違いなさらないでください。そんなことしたら、評判を落としかねませんからね。

まとめ:ターゲットを絞れば、ニーズがハッキリします。

いかがでしたか?

ターゲット・マーケティングの重要性を説明しました。なぜターゲットを絞るのか、品ぞろえが豊富にできる、わかりやすい説明ができる、力強いキャッチコピーが作れる、ニーズが明確になる、商品や情報が決まる、勇気をもってターゲットを絞る、などのポイントがありました。

繰り返しになりますが、ホームページ集客ではターゲット・マーケティングが重要です。なぜなら、訴求しやすくなるからです。具体的には、代表的な5つのメリットを挙げて説明しました。中でも特に重要なのは、ニーズを明確にできるところです。

もはや現代のビジネスは、ニーズの把握なしには成立しません。したがって、ニーズを把握するためにターゲットの絞り込みを行うと言っても過言ではないでしょう。経営判断的には、かなり怖いとは思いますが、ぜひそこは勇気をもってターゲットの絞り込みを行ってほしいと思います。

以上、「ターゲット・マーケティングの重要性とは?」と題して説明しました。