《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ネット集客のコツ、知っておくべき5つのポイント!

ネット集客の法則、共通して不足しているものとは?

ネット集客コツ、知っておくべき5つのポイントを説明します。読者対象は、ネット集客のコツを知りたい方です。ネット集客を成功に導くコツについて、何をすべきなのか、独自の視点からわかりやすく説明しています。

なぜネット集客のコツが重要なのか?

あなたは、「ネット集客のコツが知りたい」と思われたために、このページをご覧になっていると思います。確かに、ネット集客を成功させるための、コツがあるのなら知りたいと思いますよね。実際にコツは存在しますが、あなたの想像とは少し違うかもしれません。

おそらく、ネット集客のイメージは、ホームページ・SNS・ネット広告、などのネットのサービスではないでしょうか。実は、ネット集客では『忖度』が非常に重要なんです。そういわれると、ネット集客と忖度が結び付くのか疑問ですよね。しかし、それは以外にも結びつきが強いんです。

そこで、なぜネット集客では忖度がコツなのか、具体的にお話しします。

ネット集客が、究極の忖度である5つの理由。

それでは、ネット集客が究極の忖度である理由を5つ説明します。最初は何のことかピンと来ないかもしれませんが、最後まで読んでいただければ、必ず理解できるはずです。

話題になった忖度とは?

忖度という言葉をあなたも聞いたことがありますよね。とある問題から国会でやたらと取り上げられて、非常に話題になりました。さて、この忖度という言葉ですが国語辞典によると、「他人の心をおしはかること。」だとか。ただ、国会ではちょっと悪いイメージになっていますけどね。

さて、当サイトはWeb集客の専門業者なのに、忖度という言葉が出てくるのはちょっと変だと思われる方も少なくないでしょう。確かにそうかもしれませんが、忖度がネット集客と何の関係があるのかというと、実は非常に関係が深いんです。

なぜなら、ネットで集客するときの、内容づくりに必要なことが忖度だからです。忖度なしにネット集客を語ることはおそらくできません。ホームページにおいても、SNSにおいても、忖度が無ければ情報発信がうまくいかないんです。

このように、忖度が「他人の心をおしはかること」であることを理解したうえで、ネット集客にも関係が深いということを知っておいてください。

ネット集客と忖度の関係とは?

では、ネット集客と忖度の関係とはなんでしょうか?

ポイントは、ネット集客の中でも、とりわけホームページが情報を一方的に発信するメディアであるところです。そういった意味では放送や新聞雑誌の広告、折り込みチラシと変わらない感じがしますが、決定的に違うところがあるんです。それは検索です。

ホームページは、検索によって到達するメディアです。もちろん、URLから直接たどり着くこともあるでしょう。ですが、現在はほとんどがキーワードによる検索で、サイトにアクセスしています。つまり、偶然ではなく意図的に到達しているんです。

したがって、ネット集客の中でもホームページについては、ユーザーの検索意図を忖度しないといけないんです。つまり、ユーザーを分析したうえでキーワードそのものを忖度し、そこからページの内容についても何を知りたいのか忖度して、作らないといけないわけです。

これが、ネット集客に忖度が大きく関係する理由です。

ユーザーの検索意図とは?

では、ユーザーの検索意図とは何んでしょうか? この場合の意図を別の言い方にすると、目的と言えます。では、目的とは何かと言えば、知りたいことを調べることです。つまり、何らかの疑問や欲求があり、その解決策を調べているということになります。

つまり、ホームページには『検索した疑問に対する答え』が必要です。検索ユーザーは一体何を知りたいのかを把握して、それに沿った内容のページを作成しなくてはいけないんです。ところが、ほとんどの場合、会社やお店の情報しか発信していないんです。

多くの方は何の疑いも持たず、むしろ「ホームページとはそういう役割だ」と納得しているんじゃないでしょうか。しかし、ネット集客とはそういうものではありません。繰り返しますが、ユーザーが検索を行う理由は、知りたいことを調べているからです。

このように、ユーザーの検索意図とは疑問に対する答えを指します。そして、この答えを文章として掲載することが、ネット集客では重要になるわけです。

検索意図を正確に読み取る方法とは?

ところで、検索意図を、正確に読み取る方法はあるんでしょうか? 検索ユーザーの意図を読み取ることはそんなに難しいことではありません。あなたが知っていることで十分対応できることがあります。また、特別なやり方もあるので、いくつかご紹介しましょう。

過去の問い合わせや、苦情を活用する。

過去に受けた問い合わせや、苦情などを活用する方法があります。これは、ユーザーの疑問とその解決策だから、ユーザーがほしい情報そのものです。不都合がない限り、できるだけ過去の問い合わせや苦情をコンテンツとして活用すべきです。

なぜなら、ホームページの内容が検索意図とずれているから問い合わせや苦情があるわけです。つまり、それを基にして内容を修正すれば、検索意図に沿うことができます。ただし、修正個所が広範にわたる場合は、時間がかかるかもしれません。

そこで、手っ取り早くコンテンツ化する方法として、Q&Aのような問答集を作ることが考えられます。内容的に、十分な量のページが用意できると思いますよ。込み入ったものであれば、1疑問につき1ページとしてもいいと思います。

こうすれば、手持ちの情報から検索意図が読み取れますね。

検索ワードを分析する。

検索ワードを分析する方法は、非常に有効です。なぜなら、検索意図を直接探ることができるからです。検索ワードを分析すると、すでに過去の問い合わせや苦情をコンテンツとして活用している場合でも、「ユーザーはこんなことを知りたいのか!」と気づかされることがあります。

また、これから会社を立ち上げる場合は、過去の情報の蓄積がありませんよね。そういった場合でも検索ワードの分析は強い味方になります。自社のデータではありませんが、世の中がどのように考えているかが手に取るようにわかります。

このように、検索ワードを分析する方法は、かなり有力で万能なやり方です。おそらくもっとも正確に検索意図を把握できるやり方でしょう。

買った後をフォローする。

買った後をフォローすることが考えられます。具体的に何をするのかというと、例えば、商品を販売しているのであれば、使い方やメンテナンスの方法を説明することです。さらに、ユーザーでは思いつかないような販売元ならではの使い方を示すことができれば、なお効果的です。

これは、どこにもデータがないことを、知識と経験から予測することになります。したがって、他のやり方とは毛色が違いますが、ユーザーの心をおしはかるわけですから、これこそまさに忖度と言えるやり方ではないでしょうか。

ただし、こちらは非常に難しいかもしれません。まったくデータがないところから内容を作ることになるからです。それでも、過去のデータや検索ワードがヒントになるはずです。「○○を調べているようだけれど、本当は□□が知りたいのではないか?」と推測できますから。

このように、買った後をフォローすることで、意図を先回りして押さえるわけです。難しいことですが、これができればユーザーの期待を上回ることができるので、まさに忖度なんですね。

SNSやブログでも忖度は必要か?

もちろん、SNSやブログでも忖度は必要です。どちらも、何となく自分の主張を書くようなイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはそれだと集客になりませんし、「いいね!」をもらうことすらできないでしょう。ポイントは「共感」です。

多くの方は、SNSやブログで共感を求めています。よほどの有名人でない限り、自分の日記や言いたいことを書いたところで誰も見てくれません。「自分はこんな風に思ったけれど、みんなはどう思っているんだろう?」そう考えて、いろいろな発言を探します。

したがって、共感が得られるような文章を書いて、皆さんと共通認識を持たないといけないんです。このような理由から、SNSやブログでは閲覧者の気持ちを忖度して、共感できるような情報を発信するようにしてください。

まとめ:ネット集客は、忖度が無ければ成立しません。

いかがでしたか? ネット集客のコツ、知っておくべき5つのポイントを説明しました。

今回説明したのは、話題になった忖度とは?、ネット集客と忖度の関係とは?、ユーザーの検索意図とは?、検索意図を正確に読み取る方法とは?、SNSやブログでも忖度は必要か?、などのポイントでした。ネット集客と忖度の関係を、ご理解いただけたのではないでしょうか。

ネット集客は、忖度によって成り立つものです。なぜなら、「他人の心をおしはかって、期待を上回ること」が、ネット集客には必要だからです。ホームページは、相手と直接コミュニケーションが取れないからこそ、検索意図を理解するという忖度が必要です。

また、SNSやブログでは、どんなことに共感するのかを忖度しなくてはいけません。つまり、ネット集客は『究極の忖度』と言えるのではないでしょうか。ぜひ、相手の心を読むという点に気を付けながら、ネット集客に取り組んでいただきたいと思います。

以上、「ネット集客のコツ、知っておくべき5つのポイント!」と題して紹介しました。