《Web担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ネット集客の意味、これだけは知っておこう!

ネット集客の意味、これだけは知っておこう!

ネット集客意味について、知っておいてほしいことを説明します。読者対象は、ネットで集客する意味について知りたい方です。ネット集客へ取り組むことに、どのような意味があるのか、分かりやすく説明しました。

ネット集客の意味とは?

あなたは、「ネットで集客する意味ってなんだろう?」と疑問を持たれたために、このページをご覧になっていると思います。確かに、多くの方がネットを使って集客しようと試みていますから、どんな意味があるのか気になりますよね。

もちろん、それなりのメリットがあるからネット集客に意味を見出しています。それはズバリ、情報収集がしやすいという点です。ネット集客を行うと、自然と情報収集ができるので、集客戦略が立てやすくなるんですね。したがって、ネット集客の意味は情報収集のしやすさだと言えます。

そこで、ネット集客の意味について、情報収集という視点で説明しましょう。

ネット集客の意味、知っておくべき5つのポイント!

それでは、ネット集客の意味について、知っておくべき5つのポイントを説明します。

ネット集客は、地域を特定できる。

ネット集客は、全世界を対象にできるという点が大きな魅力です。これは別の見方をすると、どの地域からのアクセスが多いか、把握することができるとも考えられます。つまり、地域に合わせたサービスを提供するなどの、きめ細かい対応ができるわけですね。

すると、「うちは全世界を対象にした商売じゃないからなぁ」という方もいらっしゃるでしょう。確かに、外国人を相手にしていない日本人限定のビジネスも多いと思います。でも、日本人は世界各国に居ますので、その方たちにも商品を購入してもらうことが可能です。

例えば、「この国であれば○○は売っていないのではないか?」のようにして、お国事情に合わせて品揃えすることも可能でしょう。このように、ネット集客は地域を限定しないでビジネスができるので、地域を調べてそれに合わせた品ぞろえができるんですね。

ネット集客は、ニッチ市場でも情報収集できる。

ネット集客は、ニッチ市場でも情報収集できます。ニッチ市場ということは、プロや一部のマニアなど、ごく限られた需要に向けた市場であるということです。このようなニッチ市場の場合は、数が少ないので、データ収集が難しいと思われます。

例えば、日本全国47都道府県に1人ずつしか需要がない商品があったとしたら、地元では1個しか売れないということになります。これでは、1人分の情報しか得られません。しかし、ネット集客で全国展開すれば、47人分の情報が収集できる可能性があるわけですね。

つまり、ネット集客ならネット上の仮想店舗が1店有るだけで、非常に狭い範囲のニーズにも応えられるということです。特に、ニッチ市場の商品であれば、お客さんの方から見つけてくれると思いますので、集客としてはかなり楽なのではないでしょうか。

このように、ネット集客はニッチなビジネスをしている場合でも情報収集しやすく、ニーズをつかみやすいと言えるでしょう。

ネット集客は、小さな企業でも情報収集しやすい。

ネット集客は、小さな企業でも情報収集しやすいと言えます。いわゆるマーケティングを行おうとすると、どうしても人員が必要になり、費用もそれなりに掛かってしまいます。しかし、ネット集客であれば、最低1人で情報収集が行えます。

なぜなら、Webサイトであれば、簡単にアクセス記録を取ることができるからです。アクセス記録を分析すれば、どんなページが多く見られているのか、どのページに着地してどのページで閲覧が終了しているのかなど、事細かに把握できます。

つまり、人員も費用もかけることなく、簡単にマーケティングが出来てしまうわけです。小さな企業では、人的にも費用的にもコストがかけられません。しかし、ネット集客であれば、大企業並みの情報収集ができるということなんですね。

もちろん、フェイスブックやツイッターなども、フォロワーの数やコメントの数などで反響を調べることができます。つまり、ネット集客ならどんなサービスでも、具体的な数字で情報収集ができるということがわかるでしょう。

このように、アクセス記録やフォロワー数など数字で状況が把握できるので、ネット集客は小さな企業でも情報収集がしやすいと言えるんですね。

ネット集客は、ユーザーの動向を把握しやすい。

ネット集客は、ユーザーの動向を把握しやすいと言えるでしょう。先ほどの話と少々似ていますが、実はアクセス記録が無くても、マーケティングは可能なんです。なぜなら、検索エンジンで使用されている、検索ワードを調べることができるからです。

つまり、このデータを分析すれば、ニーズをかなり正確に把握することができるわけです。検索ワードを分析すると、例えば偏りが読めます。ある商品に関連した検索が多いとか、全く予想もしなかったような検索ワードが見つかるなど、何らかの傾向が分かります。

傾向が分かるということは、品ぞろえの充実や、どのような説明をより強化すべきかなど、様々な施策の基礎になります。うまく使えば、サイトを立ち上げる前に、基礎データを手に入れることができるわけなんです。

このように、ニーズやトレンドを事前に把握できるという点も、ネット集客の大きな意味だと言えるでしょう。

ネット集客は、従来メディアの効果測定もできる。

ネット集客は、従来メディアの効果測定もできます。従来メディアというと、新聞・雑誌、テレビ・ラジオ、チラシ、看板などがあると思います。一見すると、「何の関係があるの?」となると思いますが、実はやり方によって効果が測定できるんです。

具体的には、それぞれのメディアで、サイトへのURLやSNSのアカウントを掲載します。そして、専用のアドレスや検索ワード、合言葉などを載せておけば、どのメディアを見たことでアクセスしてきたのかが分かります。つまり、必ずしも検索からの流入である必要はないんですね。

従来の媒体であっても、そこからの流れであることがわかる目印があれば、それを頼りに広告の効果をチェックできることが、わかると思います。もちろん、2次元コード( QR コード)を利用しても良いでしょうが、ポイントはアクセス元が分かる目印です。

このように、従来メディアであっても、見分けるための目印さえあれば情報収集できてしまうのが、ネット集客なんですね。

まとめ:ネット集客は、情報収集のしやすさがポイントです。

いかがでしたか? ネット集客の意味について、知っておいてほしいことを説明しました。

今回説明したのは、ネット集客は地域を特定できる、ネット集客はニッチ市場でも情報収集できる、ネット集客は小さな企業でも情報収集しやすい、ネット集客はユーザーの動向を把握しやすい、ネット集客は従来メディアの効果測定もできる、などのポイントでした。

ネット集客の意味は、情報収集のしやすさであることが、お分かり頂けたと思います。今までなら、多数の人員と多額の費用を掛けて行っていた情報収集作業が、ネット集客なら簡単かつ低コストで行うことができるのは、非常に意味が大きいと思います。

つまり、ネット集客そのものをする必要が無い業種であっても、情報収集のためだけにネットを利用しても意味があると言えます。現代は情報をどれだけ多く持っているかが、ビジネス成功のカギですので、ネット集客を活用して情報収集に取り組んでいただければ何よりです。

以上、「ネット集客の意味、これだけは知っておこう!」と題してお話ししました。