《ホームページ担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ホームページの工夫、魅力の出し方とは?

ホームページの工夫、魅力の出し方とは?

ホームページ工夫、魅力の出し方を説明します。読者対象は、ホームページに工夫をして内容を充実させたい方です。ホームページを工夫するにあたって、訪問者が関心を持つ魅力の出し方について詳しく説明しています。

なぜホームページの工夫は、魅力が重要なのか?

あなたは、「ホームページを工夫して、アクセスや閲覧を増やせないだろうか?」と考えてこのページをご覧になっていると思います。確かに、ホームページに様々な工夫を凝らせば、さまざまな成果があがりそうですからね。しかし、ホームページそのものを工夫してもうまくいきません。

実は、ホームページで成果をあげるためには、内容の工夫が必要なんです。具体的には、魅力を高める必要があるんです。でも、「魅力と言われても、何をどうすればいいのか…」となる方は少なくないと思います。一言で言えば、ベネフィットをしっかり打ち出すことなんです。

そこで、ホームページの魅力として打ち出すべきベネフィットとは何か、例示を交えてわかりやすく解説しましょう。

ホームページの工夫、魅力の出し方7つのポイント。

それでは、ホームページの工夫として、魅力の作り方を7つのポイントに分けて解説します。

ホームページの魅力とは何か?

ホームページの魅力といえば、やはり扱っている商品やサービスでしょう。なので、みなさんが必死になって商品の特徴をアピールします。相当上手に表現されている場合も多いんですが、それでも一向に売り上げが伸びずに困っているサイトが大半ではないでしょうか。

それなら商品そのものが画期的なものだとか、何か特別なものなら良いのかというと、そうでもないんです。そのような商品を扱っているサイトが大儲けしているかといえば、そうではありませんからね。つまり、商品の特徴が魅力ではないんですよ。

では、何に魅力を感じるのかというと、商品購入後やサービス契約後の『ベネフィット』です。したがって、お客さんは商品やサービスに魅力を感じているのではなく、ベネフィットに魅力を感じているということを知っておきましょう。

ベネフィットとは?

ベネフィットとは何かというと、商品を購入したり、サービスを契約した後に得られる利益のことを指しています。あなたもそうだと思いますが、商品やサービスは購入後に良し悪しがわかることが多いのではないでしょうか。

もし、商品やサービスそのものがベネフィットなら、買う前に特徴を見れば良し悪しがわかるはずです。それにもかかわらず、実際に購入した後に、じっくりと試さないと良し悪しがわからないのは、商品やサービスそのものではなく、買った後に得られる利益がベネフィットだからです。

ところで、このように抽象的に説明されてもわかりづらいと思いますので、具体的な例を3つ挙げてベネフィットを説明します。ご自分のビジネスに照らし合わせていただければ、何がベネフィットなのかを、つかんでいただけると思いますよ。

例1:テレビを買う人のベネフィットとは?

テレビを買う人のベネフィットとは何でしょうか? 電気屋さんでテレビを購入する人の望みは、地上波・衛星放送・ビデオを見ることです。したがって、ベネフィットはテレビに映る映像ということになります。決してテレビそのものではないんです。

例えば、画面が大きいテレビを買った人がいたとして、それは大きなテレビがほしいのではなくて、大迫力で映像を見たいんです。もちろん大画面を自慢したいだけの人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は迫力のある映像を見るために、大画面テレビを買います。

つまり、テレビを販売するときには、「このテレビは、画面が大きいです。」と説明したのではお客様はピンときません。ところが、「このテレビは、大迫力で映像が見れます。」このように説明すれば、ベネフィットなのですぐに理解してもらえるでしょう。

このように、テレビを買った人のベネフィットはテレビそのものではなく、テレビに映る映像ということなんですね。

例2:ノートパソコンを買う人のベネフィットとは?

ノートパソコンを買う人のベネフィットとは何でしょうか? パソコンショップでノートパソコンを購入した人の望みは、片付けが楽で、どこでもパソコンが使えることです。したがって、ベネフィットは置き場所に困らなくて、持ち運びしやすいことです。

決して、コンパクトで軽いということではないんです。店員さんに、「このパソコンは、コンパクトで軽いんですよ。」と説明されてもピンときません。ところがこれを、「このパソコンは、置き場所に困らず持ち運びしやすいですよ。」と説明されれば、「なるほど!」となりますね。

やはりベネフィットを説明された方が、すぐに理解できます。このように、ノートパソコンを買う人のベネフィットは、置き場所に困らなくて、持ち運びしやすいことです。

例3:ミニバンを買う人のベネフィットとは?

スポーツカーを買う人のベネフィットとは何でしょうか? 自動車ディーラーでミニバンを買う人の望みは、大人数が快適に移動できることです。したがって、ベネフィットは数人の家族や友人との楽しいドライブです。決して室内が広いとか、8人乗れるということではないんです。

セールスマンに「この車は、5ナンバーサイズなのに8人も乗れるんですよ。」と説明されてもおそらくピンとこないでしょう。それを「この車は、ご両親とお子さんが全員乗っても、快適にドライブできますよ。」と説明されれば、とても魅力的に感じますね。

ベネフィットだと、考えなくても購入後の未来がわかるから、とても理解しやすいですね。このように、ミニバンを買う人のベネフィットは、数人の家族や友人との楽しいドライブです。

ベネフィットの見つけ方とは?

あなたの扱う商品のベネフィットは何か、考えてみてください。いきなりそう言われても、わかりにくいと思いますので、ベネフィットの見つけ方を説明します。これまでの説明で、何となく意味がつかめているのではないかと思いますが、商品の特徴はベネフィットではありません。

例えば、ノートパソコンの特徴は「コンパクトで軽い」ですが、ベネフィットは「置き場所に困らず持ち運びがしやすい」です。簡単な見分け方は、主語があなたであるかどうかです。コンパクトで軽いのはノートパソコンですが、置き場所に困らず持ち運びがしやすいのはユーザーです。

このように、主語が商品なのか、お客様なのかで判別ができます。あなたが扱う商品についても、主語がお客様になっているものを見つけてください。それが、あなたが扱う商品のベネフィットの見つけ方です。

商品の特徴は不要なのか?

商品の特徴は不要なのかと聞かれれば、それはノーです。なぜなら、商品の特徴はベネフィットの証拠だからです。例えば、持ち運びしやすいのは、コンパクトで軽いからです。たいていのお客様は、ベネフィットを聞くと、「なぜそう言えるんだろうか?」と疑問を持ちます。

すると、それを説明するための証拠が必要です。したがって、商品の特徴はベネフィットの証拠として説明するんですね。だから、ベネフィットだけがあればよいというものではないんです。商品特徴の説明は必ず必要ですよ。

また、商品に詳しい方・マニアの方・スペックを重視する方に対しては、実は商品の特徴を知ることがベネフィットです。ですので、特徴の説明そのものがベネフィットになる方もいることを、覚えておきましょう。

まとめ:ホームページは、魅力を高める工夫が必要です。

いかがでしたか? ホームページの工夫、魅力の出し方を説明しました。

今回説明したのは、ホームページの魅力ベネフィットとは何か?、ベネフィットとは?、テレビを買う人のベネフィットとは?、ノートパソコンを買う人のベネフィットとは?、ミニバンを買う人のベネフィットとは?、ベネフィットの見つけ方とは?、商品の特徴は不要なのか?、などのポイントでした。

繰り返しになりますが、ホームページで工夫すべきなのは、内容の魅力を出すことです。しかし、ほとんどのサイトが見た目の工夫しかしないために、魅力が不足しています。そして、魅力とは具体的にはベネフィットのことでした。

ベネフィットを考えるのは相当しんどい作業かもしれませんが、ぜひそこは乗り越えてください。なぜそこまでベネフィットを押すのかというと、お客さんがほしいのはベネフィットだからです。なので、ベネフィットをしっかりと打ち出して、ホームページの魅力を出してほしいんです。

ホームページの工夫では、内容の魅力を出すことが重要であることを知っていただければ幸いです。

以上、「ホームページの工夫、魅力の出し方とは?」と題して説明しました。

⇒ こちらの小冊子も読んでみませんか? (おかげさまで、とても好評です♪)

ホームページの集客率を3倍に上げる方法!

どんな業種のホームページでもお役立ていただける小冊子です。(特定の業種に偏らないように、配慮して書きました。)

江尻竜也

業績が伸びずお悩みの方、ホームページで集客しませんか?

メールによるご相談を、受け付けしております!

(経験豊富なWeb集客の専門家が、親身に対応させていただきますよ。)

※ただ今に限り無料ですので、何でも遠慮なくお話しくださいね。 ⇒ 無料メール相談