⇒ サイト診断、受けてみませんか? 問題点に気づけますよ。

ホームページの改善で、押さえておくべき7点。

ホームページの集客戦略、7つの超重要ポイント!

ホームページ改善で、押さえておくべき7点を説明しました。ホームページを改善して、集客力をアップしたい方に適した内容です。戦略の見直しをターゲットの絞り込みという、集客の基本から詳しく説明しているからです。

なぜホームページの改善では、戦略の見直しが重要なのか?

あなたは、「ホームページを改善して、もっとうまく集客したい。」と考えて、このページをご覧になられていると思います。確かに、ホームページで思ったほどの集客ができないと、どこかに問題があると考えて、改善しようと思いますよね。

しかし、改善と言ってもどこを直せばよいのか、問題点を見つけるのはなかなか難しいのではないでしょうか。そのような場合は、戦略を見直すと効果的な改善になります。なぜなら、ホームページの戦略に問題があることがほとんどだからです。

そこで、ホームページの改善方法として、戦略の見直しについてご紹介しましょう。

ホームページを改善する、戦略の見直し手順。

それでは、ホームページを改善する、戦略の見直し手順を説明します。手順は7つありますが、実践する場合は、できる限り説明した順番の通りにしてください。なぜなら、すべてが連動しているからです。

1.ターゲットの絞り込みは、できていますか?

ターゲットの絞り込みは、できていますか? 最初に確認すべきなのは、ターゲットの絞り込みができているかどうかです。ターゲットとはもちろん対象とするお客様のことですが、なぜ絞るのかというと、訴求力を高くしたいからです。

一見すると、絞らないほうが対象範囲が広くなり、訴求できそうですよね。しかし、実際には内容が中途半端になってしまうので、かえって訴求できなくなってしまいます。例えば、洋服で考えてみると、年齢・性別・好みに応じて様々なものがあり、店舗も専門店が多いです。

これを1店舗ですべてをそろえると膨大な量になり、誰に何を売っているのか、非常にわかりにくくなるでしょう。しかし、ターゲットを絞ることで、「若い女性向け」とか「紳士服」といったように特定のお客様に特化できるので、売りやすくなるわけです。

つまり、「これは○○さんのための商品です」というように強いメッセージを出せるので、それを見る受け手も非常に分かりやすくなるわけです。このように、ターゲットを絞るという戦略を採ることで、ホームページを改善できます。

2.Webマーケティングは行っていますか?

Webマーケティングは行っていますか? ターゲットを絞ったら、次にやってほしいのがWebマーケティングです。Webマーケティングを行うということは、ニーズを調査するということですが、なぜ行うのかというと、需要が無い情報や商品では集客できないからです。

どんなに強力なホームページを作っても、そもそも需要がない商品を売るのは、いらないものを無理やり提供することになるので非常に難しいでしょう。だからこそ、ニーズを正確に把握する必要があるんですね。ただし、気を付けるポイントがあります。

それは、扱えないものを売ることはできないという点です。例えば、うどん屋さんがニーズに合わせて、ある日を境にラーメン屋さんになるのは難しいでしょう。したがって、Webマーケティングの結果を見ながら、ターゲットを変更するということも必要でしょう。

このように、Webマーケティングによって、需要に見合った情報や商品を提供するという戦略を採ることで、ホームページを改善できます。

3.商品の訴求点がわかっていますか?

商品の訴求点がわかっていますか? Webマーケティングでニーズが把握できたら、訴求点を考えてください。訴求点ということは、商品の強みを再確認するということです。なぜこの作業が必要なのかというと、ニーズに沿った訴求をしたいからです。

具体的な作業としては、できることや優れているところなどを整理します。いったんすべての強みを出せるだけ出して、ニーズと照らし合わせて、最も適合するものを見つけ出しましょう。このようにすることで、強みの打ち出し方がわかります。

ニーズが把握できているので、お客様が必要としている強みを打ち出すことができます。例えば、これまでは「この商品は機能を打ち出そう」と思っていたのが、「なるほど、ニーズはデザインだったのか」ということが、理解できるでしょう。

このように、商品の訴求点を考えるという戦略を採ると、ホームページの改善に貢献します。

4.他社との差別化ポイントを考えていますか?

他社との差別化ポイントを考えていますか? 商品の訴求点と似ていますが、差別化は他社と比較したときの優位な違いです。つまり、お客様のメリットでありながらも他社と違う部分です。例えば、他社が『安い』としていれば自社は『安心』で勝負、みたいなことですね。

なぜ差別化ポイントの考慮が必要なのかというと、他社と比べられた時に自社を選んでもらうためです。独占的に行っているビジネスであれば、差別化しなくても影響はないかもしれませんが、ライバルが存在するのであれば、選ばれるための施策が必要です。

先ほどの、商品の訴求点に関するお話で、強みを出せるだけ出すことができていれば、そこから選び出すことも可能でしょう。なお、このとき注意しないといけないのが、他社との違いだけに囚われてしまうことです。なぜなら、違うだけでは差別化にならないからです。

繰り返しますが、差別化とは「お客様にメリットがある、他社との違い」です。単に違うだけでは意味がありません。ぜひ、この点に気を付けて考えてください。このように、差別化ポイントを明確にした戦略が採れれば、ホームページの改善に効果があります。

5.商品が売れるタイミングを考えていますか?

商品が売れるタイミングを考えていますか? この場合のタイミングとは、いつ売ればよいのかという時期を示します。なぜタイミングを考えるのかというと、ほぼすべての商品には必ず売れるタイミングがあって、別の見方をするとある時期だけお客様が買いたくなるからです

したがって、注意していただきたいのが、自分が売りたいタイミングではなく、お客様が買いたくなるタイミングである点です。身近な例でいえば、おなかが空いていれば食事をしますが、満腹なら試食どころか、飲み物すら飲みたくないでしょう。

つまり、人間は何らかのタイミングに合わせて商品を購入しているんです。おなかが空いていれば何でも食べてしまうように、どんな商品でもタイミングが合えば高い確率で売れます。では、どのように考えるのかというと、ポイントは2つです。

1つは、なぜその商品を購入するのか考えることです。理由がわかればタイミングがわかります。もう1つは、先ほどのWebマーケティングです。検索量がわかるので、検索数が増える時期を読み取ることができれば、タイミングがわかります。

このように、商品が売れるタイミングを考えるという戦略を採ることで、ホームページの改善が非常にうまくいくでしょう。

6.売り方のアイディアを考えていますか?

売り方のアイディアを考えていますか? 売り方のアイディアとは、商品をどうやって売れば多くの方が購入するのかを、考えるということです。ターゲット、ニーズ、訴求点、差別化ポイント、タイミングが分かっているので、これらを手がかりにアイディアを出しましょう。

何もないところからアイディアを出すのではないから、「アイディアを出すのは苦手だなぁ」という方でも、そんなには難しくないと思います。内容的には商品名を考えたり、キャッチコピーを考えたりと、ホームページに書く内容を決めればよいだけです。

これまでの手掛かりをザックリまとめると、「ターゲットに対して商品の良さをアピールし、今購入しないとマズイことになるよ」と伝えるだけです。これをターゲットの属性や心情に合わせてうまく表現するんです。したがって、ライティングテクニックがある程度必要になるでしょう。

このように、売り方のアイディアを考えるという戦略を採ることで、さらにホームページの改善が進むでしょう。

アイディアは「手がかりをまとめ上げた結果」と考えれば、わかりやすいでしょう。

7.販促のためのイベントを考えていますか?

販促のためのイベントを考えていますか? これは文字通り、販売を促進するためのイベントのことを指します。なぜイベントを考えるのかというと、最初はどうしても勢いがほしいので、イベントによって盛り上げる必要があるからです。

イベントといわれると、店舗での販売だとか特設会場で行うものをイメージしますが、ホームページでも特設ページを作って告知すれば、ある意味でイベントになるでしょう。ここで必要になるのが、例えば初回無料とか特別割引など、普通とは少し違うポイントです。

もちろん、金額だけの話ではありません。分かりやすくするために無料や割引を出しましたが、お祭りでもいいし、何だったら特別なことをせず言葉だけで盛り上げてもいいんです。ここは、対象者がどんな人物であるかを考えれば、やるべきことは絞られると思います。

例えば、幼い子どもが対象なら「ゆるキャラ」や「戦隊ヒーロー」を呼ぶ、みたいなことです。これがホームページであれば、ぬり絵の画像やPDFでしょうか。したがって、販促イベントも何か奇抜なことをするわけではなくて、求められていることをするだけなんですね。

このように、イベントを考えて盛り上げる戦略を採ることで、ホームページの改善はさらに効果を発揮するでしょう。

手順が後になるほど、ターゲットの絞り込みやマーケティングといった、最初の手順が重要になっているのがお分かりいただけると思います。

まとめ:ターゲットの絞り込みが、最も重要な戦略です。

いかがでしたか?

ホームページの改善で、押さえておくべき7点について説明しました。ターゲットの絞り込み、Webマーケティング、商品の訴求点、他社との差別化ポイント、商品が売れるタイミング、売り方のアイディア、販促のためのイベント、などの7つのポイントがありました。

重要なことなので繰り返しますが、ホームページの改善は戦略の見直しが重要です。なぜなら、戦略が根本的に間違っていると、何をやってもうまくいかないからです。集客である以上、表面的なテクニックだけでは、太刀打ちできないことをご理解いただきたいと思います。

ホームページ集客で成果を上げるためには、ホームページを知ることよりも、まず自分のビジネスを見直すところから始めてください。しっかりとした集客戦略を立てること、これがホームページ集客の第一歩ですよ。このページが、あなたのホームページ改善に役立てば何よりです。

以上、「ホームページの改善で、押さえておくべき7点。」と題して説明しました。