ホームページの集客率を改善する、7つのポイント!

ホームページの集客率を改善する、7つのポイント!

ホームページ集客率を改善する方法について、7つのポイントに絞って説明します。読者対象は、サイトの集客率を改善したい方です。単純にアクセスを増やすのではなく、集客用ページを中心に本質的な改善方法を説明しています。

★ページ内容が難しいと感じたら?

こちらで基礎知識をご覧いただくと、理解しやすくなりますよ。

ホームページの基礎知識まとめ

なぜ集客率の改善は、ランディングページが重要なのか?

ホームページの集客率の改善では、ランディングページ(集客用ページ)が非常に重要です。なぜなら、コンバージョン(反応)を獲得できるのはランディングページだけだからです。したがって、ランディングページの出来が悪いと集客率の改善は難しくなります。

では、具体的に何をするのかと言えば、コンバージョン率(反応率)のアップです。多くの方は、アクセスを増やせばコンバージョン率が改善すると思うようですが、それでは効率が悪いでしょう。というのも、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という考え方だからです。

これでは、ネット広告を出している場合は費用が掛かってしょうがありません。そこで、ランディングページのコンバージョン率を改善する方法について、詳しく説明しましょう。

ランディングページの、コンバージョン率を改善する方法。

それでは、ランディングページのコンバージョン率を改善する方法について説明します。ポイントは7つありますので、しっかりと頭に入れてください。

そもそも、ランディングページがありますか?

非常に初歩的なお話からしますが、あなたのサイトに、そもそもランディングページ(LP)が存在していますか? 一般的には、画像が多い派手なものを想像する方も多いですが、入力フォームがあるページで、明らかにコンバージョンを狙っていればランディングページと呼べます。

おそらく、多くのサイトには個人情報の入力や電話を促すページがあるでしょう。しかし、フォームがあるだけとか電話番号が書いてあるだけだと、コンバージョン率は低くなります。つまり、それだけではコンバージョンに至るための材料が足りないのです。

具体的には、上記のようなポイントがあって初めて、閲覧者に行動を促すことができます。したがって、これらの施策があるランディングページを用意する必要があるのです。

続いて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ランディングページへの導線ができていますか?

まず、最も重要なのはランディングページへの導線ができているかどうかです。なぜなら、導線ができていなければ、そもそもランディングページにアクセスしてもらえないからです。つまり、LPの出来だけでなく、そこへの誘導方法にも注目すべきなのです。

具体的にすべきことは、ホームページ上であれば、目立つバナーやリンクをクリックしやすい位置に配置します。一般的にはページの上部と下部ですが、本文の読み始めと読み終わりは、注目される確率が高いからです。(サイドカラムに配置しても目に入りにくいですよ。)

広告からの直リンクであれば、広告の文言を調整してください。これは、ホームページ上のバナーでも同じですが、画像の使い方ではなく、そこにどんな言葉を書くかがポイントです。具体的には、魅力が確実に伝わるように説明します。クリックする価値があることを伝えるわけです。

少なくとも、商品名や抽象的なキャッチコピーでは意味を成しません。具体的に魅力を説明してください。また、リンクの文言とランディングページのキャッチコピーは合わせてください。そうしないと「あれ、違うページにアクセスしたかな?」と閲覧者は直帰してしまいます。

このように、まずはしっかりとランディングページへの導線を確保しましょう。

ランディングページで提供するものを「オファー」と言います。この後の説明で登場しますので、覚えておいてください。

オファーの負担感が高くないですか?

オファーの負担感が高くないか、最初に考慮してください。なぜオファーの考慮が必要なのかというと、負担感が大きい商品やサービスは、そもそもオファーに向かないからです。例えば、展示会の参加申し込みは、現地まで足を運ばなくてはいけないので負担を感じます。

この場合、オファーをカタログ請求に変更すれば、負担感を下げることができます。しかし、カタログは郵送や宅配ですから、住所を明かす必要があります。すると、まだ負担が高いと感じる可能性があります。これを電子カタログのダウンロードにすることで、負担はぐっと下がります。

では、なぜ負担感を下げるのかというと、人間は「面倒くさい」ことが大嫌いだからです。たったワンクリックでもしないのに、個人情報の入力や電話などするわけがありません。ましてや別の場所へ足を運ぶなど考えられないわけです。

もちろん、フォームの入力項目を減らすなどして入力の負担を減らすことも重要ですが、オファーそのものの負担感を下げることが最も重要です。

このようにオファーの負担感を考慮し、できるだけハードルを低くしてください。

オファーに魅力がありますか?

ランディングページで扱うオファーは魅力的ですか? ここで言う魅力とは、どうしても手に入れたいとか、どうしても見てみたいといった衝動が起こるものを指します。なぜ魅力を考えるのかというと、閲覧者は魅力を感じない限りコンバージョンに至らないからです。

多くの方(プロの業者も含めて)が、画像の使い方や説明のテクニックなどでコンバージョンアップを狙いますが、そもそもオファー自体に魅力が無ければそれらは何の役にも立ちません。なぜなら、魅力が無いものを表現力だけでカバーするのは、限界があるからです。

魅力とは、閲覧者が「これがほしかったんだよ!」と思うようなものだとお考えください。仮に「無料提供中!」というオファーがあったとして、それが普通はお金を出して買うものであればほしいと思うでしょう。しかし、普段から無料であれば魅力は感じませんよね。

このように、コンバージョンの最も大きな原動力は『魅力』で、負担感を超えられるのもやはり魅力です。ランディングページ(LP)では魅力がある(感じられる)オファーを提供しましょう。

魅力がしっかり伝わっていますか?

あなたのサイトで扱っているオファーは、魅力が伝わっているでしょうか? もちろん、「しっかりと商品説明をしています」と答える方がほとんどでしょう。しかし、それでは魅力が伝わらない場合があります。なぜなら、ユーザーは商品を説明してほしいわけではないからです。

では、ユーザーは何を説明してほしいのかというと、そのオファーを手に入れることで自分がどうなるのかです。専門的な用語を使うと、ベネフィットと言います。ランディングページにおける説明文では、ぜひベネフィットが重要であることに気づいてほしいんです。

例えば、自動車を販売するときに、「この車はマルチリンクサスペンションです。」と説明して、どれだけの方が理解できるでしょうか? これをもっとわかりやすくするには、「この車は走りと乗り心地を同時に楽しめます。」と説明すべきでしょう。

この場合、本質的には同じなのですが、伝え方が大きく違います。前者の場合は主語が車ですが、後者の場合は主語がお客様です。つまり、後者の方はベネフィットを説明していると言えますが、この説明の意図は、考えることなく読んだ瞬間に魅力を理解してもらうところにあります。

ホームページでは、ほんの1~2分の短時間で、内容を判断されてしまいます。つまり、読んだ瞬間に魅力が理解できないと、商品の魅力が伝わる前に直帰してしまうのです。だから、ベネフィットを説明することで、考えなくても理解できるようにするわけです。

このようにベネフィットであれば、オファーの魅力をしっかりと伝えることができます。

オファーのタイミングを気にしていますか?

あなたは、オファーのタイミングを気にしていますか? こう言うと「タイミングとは何ぞや?」と思うかもしれませんね。ここで言うタイミングは、『期限』と考えてください。つまり、期限のあるオファーを用意するということなのです。

なぜタイミングなのかというと、人間は期限があると行動に移りやすいからです。例えば、賞味期限が近いと食べてしまいますし、期間限定だと思わず買ってしまいます。夏休みの宿題も、ギリギリになって慌ててやる生徒も少なくありませんよね。

これらは、期限が迫ったことで心理的に追い込まれ、行動に移るのだと考えられます。したがって、期限のあるオファーを用意できれば、コンバージョン率を改善できる可能性が高くなります。ポイントは、できるだけユーザー側に急ぐ理由があるように考えることです。

オファーの魅力に注目する方は多いですが、実はタイミングが合うと簡単に人を行動させられることを知っておいてください。

お客様の声は公開していますか?

あなたのサイトには、お客様の声は公開されていますか? お客様の声とは、商品やサービスの使用後の感想です。なぜお客様の声が必要なのかというと、迷っている閲覧者の背中を押すことができるからです。つまり、ランディングページにお客様の声が必要なのです。

お客様の声を軽視する方が少なくないようですが、確かに通常はあまり読む方はいません。ところが迷った時には、必ずと言っていいほど見るものなのです。あなたも迷った時に、「他の人はどう思ったのだろうか?」と疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

楽天やアマゾンの商品ページで、必ず利用者の感想が書き込まれているのは、この人間心理を突くためなのです。もちろん、マイナスイメージの感想は載せなくても構いませんが、好意的な感想はお客様の声として掲載してください。

このように、お客様の声は閲覧者が迷ったり、ためらったりした時に強く背中を押す力になるので、忘れずにランディングページへ掲載してください。

まとめ:魅力こそが、集客率を改善します。

いかがでしたか? ホームページの集客率を改善する、7つのポイントを説明しました。

今回説明したのは、そもそもランディングページがありますか、ランディングページへの導線ができていますか、オファーの負担感が高くないですか、オファーに魅力がありますか、魅力がしっかり伝わっていますか、オファーのタイミングを気にしていますか、お客様の声は公開していますか、などのポイントでした。

サイトにとって集客率の改善は必須ですが、ここまで説明してきたとおりコンバージョン率の改善が効率的であり、そのためには魅力が重要でした。コンバージョンは、ユーザー心理に非常に大きく影響を受けますので、小手先のテクニックで改善できるものではないのです。

繰り返しになりますが、最も重要なことはランディングページに魅力のあるオファーを用意し、その魅力をしっかりと伝えることです。魅力のないオファーでコンバージョンを獲得することは不可能です。ぜひそこを理解して、集客率の改善に取り組んでいただければ幸いです。

以上、「ホームページの集客率を改善する、7つのポイント!」と題してお話ししました。