《Web担当者を応援する、ホームページアドバイザーのブログ。》

ホームページ集客のデザイン、知っておくべき問題点とは?

ホームページ集客のデザイン、知っておくべき問題点とは?

ホームページ集客デザインで、知っておくべき問題点を説明します。読者対象は、ホームページ集客に役立つデザインをお探しの方です。ホームページ集客に貢献するデザインとはどのようなものであるか、詳しく解説しています。

なぜホームページ集客のデザインが、重要なのか?

あなたは、「ホームページ集客はデザインをどうすればいいんだろうか?」とお考えになって、このページにたどり着いたと思います。確かに、ホームページはビジュアルの部分が強いので、デザインが集客において重要ではないかと感じますよね。

しかし、気づいてほしいのが「本当にデザインなのか?」という点です。おしゃれなレストランが3か月も経たないうちにつぶれるのに、お世辞にもきれいといえない食堂が何十年も繁盛しているという現実があるからです。つまり、集客できる理由をデザインだけでは説明できないんです。

では、どのようなデザインにすればいいんでしょうか? ホームページ集客に貢献するデザインについて、わかりやすく説明しましょう。

ホームページ集客のデザイン、知っておくべき5つの問題。

それでは、ホームページ集客のデザインで、知っておくべき問題を説明します。ポイントは5つありますので、しっかりと目を通しましょう。

なぜデザインでは効果が薄いのか?

どのお店や企業のホームページでも、とにかくデザインにこだわっていますよね。にもかかわらず、どうしてでデザインでは集客効果が薄いんでしょうか? それは、お客さんを満足させていないからです。お客さんが見ているのは、デザインではなく商品などの中身です。

ところが、それでもホームページのデザインに凝るサイトが多いのは、経営者やホームページの担当者が満足するからです。残念ながら、自分の満足をお客さんの満足と重ね合わせて、場合によっては勘違いしてしまっているんですね。

しかし、そう言われると「自分が満足できないものでお客さんが満足するのか?」と思われるかもしれないですね。確かにそれも一理あるんですが、例えば、もしあなたが物を買う時や何かのサービスを受けるときに、デザインの良いチラシやホームページのお店を選びますか?

それだけで選ぶということは、まずないですよね。選択基準はもっと別なところにあるはずです。では、お客さんは何を基準にお店や会社を選ぶのか考えてみましょう。

お客さんがお店(会社)を選ぶ基準とは?

お客さんは何を基準にお店(会社)を選ぶんでしょうか? 答えはとても単純です。自分がほしい商品やサービスがあり、しかもできるだけ安くて良いものが手に入るお店です。これについてちょっとした例え話で考えてみましょうか。具体的になってわかりやすくなりますから。

  1. とてもきれいに出来上がっているチラシ。定価の商品が多数掲載されています。
  2. 手書きで多少汚いチラシ。特価商品が多数掲載されています。

どちらも全く同じ商品を掲載しているとき、あなたはどちらのお店に行きますか? きっと2番のお店に行きますよね。だって同じ商品なのに特価販売しているんですから。(もちろんお店がやたらと遠い場合などは、交通費や時間を考えて高い商品を買う可能性もありますけどね。)

気づかれましたか? 選択の際にチラシのデザインをまったく考慮していないことを。これは、あなたがほしいのは商品であってチラシのデザインではないからそうなるんですね。だから大事なのは、デザインではなく発信する情報の質なんですよ。

では、ホームページ集客ではデザインをどのように考えればいいんでしょうか? そこで、さらに考えていきますが、ポイントは3点に絞られるでしょう。

全体的にシンプルなデザインにする。

ホームページ集客を考えるなら、デザインはシンプルにすべきです。なぜなら、内容を引き立てたいからです。基本的に、何かを説明するためには文章を書くことは避けられません。明確に文字にしない限り、最終的には何も伝えられないんです。

したがって、説明文を読みにくくしたり集中できないようにしたり、というようなことをしてしまうデザインは避けるべきです。すると、デザインは自然とシンプルなものになります。では、具体的にどのようなデザインが良いかというと、ブログ用のデザインが適すると思います。

なぜなら、ブログは文章がメインで、いかに文章を読みやすくするかという工夫が、随所にみられるからです。ワードプレスであれば、ブログ用のテーマ(テンプレート)を使用してカスタマイズすれば、かなり良いものに仕上がると思いますよ。

集客用のホームページデザインは、シンプルなものにする。ぜひ検討してみてください。

画像を適度に使う。

ホームページ集客は、中身(とりわけ文章)が重要ですが、だからと言って文章だけでよいというわけではありません。適度に画像が必要です。なぜなら、画像が全く無いホームページだと、文章を読み続けるのが辛くなる場合があるからです。

集客用の文章は、事細かに説明する関係で、どうしても長くなってしまいます。すると、最初から読む気がしなかったり、途中で投げ出してしまう可能性が出てきます。ところが、画像があると集中力が持続できるんです。これは心理的な影響ですが、かなり効果が高いと言えます。

具体的には、文章の最初に大きめの画像(写真)を入れます。これは、アイキャッチ画像と言って、文章を読むための弾みになります。また、文章が非常に長くなる場合は、途中にもアイキャッチ同様の画像を入れると良いと思いますよ。( 4,000文字を超えたら要検討でしょうね。)

また、挿絵のようにして画像を入れることも場合によっては必要です。文章だけでは説明に限界があるときに、画像を入れます。画像によって文章を補うんですね。なお、画像ありきの文章では内容が薄いですので、あくまでも画像は補助として考えましょう。

このように、画像は文章を読むための補佐として使うようにしてください。

画像の種類と配置に気を使う。

画像の使用で気を付けたいのは、種類と配置です。

画像の種類

画像の種類は、なるべく人物にします。なぜなら、人物画像は注目しやすいからです。特に顔の写真は確実に注目してしまいます。これは人間の習性で、顔に注目するように脳が出来ているんですね。なんでも顔に見えてしまうことがありますが、まさにそれがその影響です。

なお、商品説明などではもちろん商品の画像を使ってください。つまり、「画像を入れたほうが良さそうだけれど、どんな種類の画像にしようか?」と悩んだ時に、人物画像にすると無難だということで覚えておきましょう。

画像の配置

画像の配置は、なるべく右に置くようにしましょう。というのも、画像は目がいきやすいからです。もう少し詳しく説明すると、画像が左にある場合、右側にある文章が読まれない可能性が高くなります。これが人物画像であればなおさらです。

ところが、画像では何も伝わらない場合がほとんどです。人間の脳は、スッと入ってくるものはスッと抜けていくという特性があります。しかし、文章のように脳の言語野を使って入れたものは、簡単に消えないんです。だから、画像は右に文章は左にした方が無難です。

ただし、例外もあります。例えば、Yahoo!ニュースのニュース一覧のように、左にサムネイル画像で右にニュースタイトルというようなものもあります。これは、画像が小さいので目は引くものの、具体的な情報はタイトルから得るという形になっています。

このように、デザインによっては画像が左に来ても大きな影響がない場合もありますが、基本的には文章が左で画像が右というスタイルを採るようにしてください。これも、文章を読ませるために画像をうまく利用しているわけですね。

まとめ:デザインは、内容の引き立て役です。

いかがでしたか? ホームページ集客のデザイン、知っておくべき問題点を説明しました。

今回ご説明したのは、なぜデザインでは効果が薄いのか?、お客さんがお店(会社)を選ぶ基準とは?、全体的にシンプルなデザインにする、画像を適度に使う、画像の種類と配置に気を使う、などのポイントでした。

ホームページ集客におけるデザインとは、あくまでも内容を引き立てるための補佐的な役割であることが、お分かり頂けたのではないかと思います。したがって、デザインだけでホームページ集客がうまくいくようなことは無いのだ、ということに気づいていただきたいんです。

集客に最も影響を与えるのは、もっと戦略的な部分なんですね。見た目だけを変えても、ホームページ集客はうまくいかない事をご理解いただければ何よりです。

以上、「ホームページ集客のデザイン、知っておくべき問題点とは?」と題して説明しました。