ホームページで集客する時に、知っておきたい7点。

ホームページで集客する時に、知っておきたい7点。

ホームページ集客する時に、知っておきたい7点を説明しました。対象は、集客についてあまり知識のない初心者ですが、プロが読んでも気づきがあると思います。集客について、極めて重要なポイントを説明しているからです。

なぜホームページによる集客は、戦略が重要なのか?

多くの方は、ホームページの作り方はわかると思います。HTML・CSSを書くとか、WordPressなどを使えば、だれでも作ることができるからです。しかし、ホームページで集客となると、どんな作り方をすればよいのか、ピンとこない方が多いのではないでしょうか。

ホームページで集客する時に必要なものは、ズバリ「戦略」です。つまり、ホームページ作成の知識ではなく、集客に関する知識が必要になるというわけです。なぜなら、ユーザーをお問い合わせや購入へと誘導しなくてはいけないので、仕掛けを施さなくてはいけないからです。

したがって、ユーザーについてしっかりと把握して、こちらの思惑通りに動いてもらえるような、戦略を立てることが重要なんです。そこで、ホームページで集客するにあたって、必要な集客戦略の立て方をご紹介しましょう。

ホームページ集客の戦略、7つの超重要ポイント!

それでは、ホームページ集客について、戦略の立て方のポイントを説明します。

ホームページ集客の戦略とは?

ホームページで集客するうえで、最も重要なのが戦略ですが、ここでいう戦略とは次に示すような内容を指します。

  1. ターゲット(対象者)を明確にする。
  2. どんな商品(サービス)で集客するのか決める。
  3. どんな情報を発信するのか考える。
  4. 検索エンジンへの対策(SEO)をどうするのか考える。
  5. 記事(コンテンツ)の書き方を工夫する。
  6. マーケティング手法を考える。

戦略の立案には、最低でも上記のようなことを考える必要があります。本来なら、もっと細かくたくさんのことを決めないといけませんが、最初からそれをやるのは難しいと思いますので、まずは基本となるこの6つを押さえてください。

さっそく、それぞれについて具体的なことを説明していきましょう。たった6つですが、意外と大変なので、しっかりと頭に入れてください。

ターゲット(対象者)を明確にする。

誰を相手にしたホームページなのか、必ず対象者を明確にしてください。なぜなら、対象者を絞らないと、内容がぼんやりとして訴求力が弱くなるからです。例えば、「みなさん」よりも「○○に興味のある方」の方が、より明確になって対象がはっきりしますよね。

そして、対象がはっきりすれば、言葉遣いや例え話の題材など、すべてが決まってきます。範囲が広いとたくさん反応があると思ってしまいますが、内容がぼんやりするので、反応は薄くなります。むしろ対象者を絞って内容を明確にすることで、かえって反応が濃くなります。

ただし、対象者を絞るときに注意してほしいのが、販売している商品と対象者の関係性です。具体的にいうと、自分が売りたい相手ではなく、商品をほしいと思っている人を対象にすることです。当たり前かもしれませんが、忘れがちなことなので十分注意してください。

このように対象者を絞ることで、訴求効果が高くなります。ぜひ恐れずに、ターゲットを絞って明確にしてください。

参考 ターゲットについては、こちらで詳しく説明しています。

ホームページ集客のコツとして、ターゲットの絞り方を説明しました。ホームページ集客のコツを知りたい方に適しています。ターゲットの絞り方だけでなく、ターゲットを絞る理由も含めて、集客の本質を説明しているからです。

どんな商品(サービス)で集客するのか決める。

どんな商品(サービス)で集客するのかを、決める必要があります。なぜなら、商品やサービスをただ並べているだけでは、お問い合わせやご購入は期待できないからです。例えば、お問い合わせであれば、どんなことについて問い合わせてもらうかです。

具体的には、直接訪問してもらうような見学会はかなりハードルが高いですが、申し込みだけの資料請求なら、よりハードルが低くなりますよね。また、購入をしてもらう通販サイトなどの場合は、メインに据えるものと、それ以外のものを考えなくてはいけません。

なぜなら、売りたいものと売れるものをしっかりと区別して、売れるものをメインにしつつ売りたいものへ誘導するといったやり方を、しなくてはいけないからです。当たり前ですが、売れるものがメインでないとお客様が食いついてくれません。

このように、集客商品(サービス)をうまく選ぶことで、ハードルを低くしたりニーズに合わせることができるので、集客の成功へ向けて大きく前進できます。

どんな情報を発信するのか考える。

どんな情報を発信すればよいのか、十分に考える必要があります。これは、ニーズとも大きく関係しますが、ユーザーがどんな情報を望んでいるのかを把握するということです。例えば、ユーザーの多くが『信頼』を望んでいるのに、『お得』ということを訴求してもかみ合いませんよね。

つまり、あなたが訴えたい情報を発信したのでは、お客様の心をつかめないということなんです。特にインターネットの世界では、自分の知りたいこと以外は調べないのが一般的です。したがって、多くの人が知りたいと思っていることを、発信しなくてはいけないんですね。

このように、発信すべき情報をお客様の立場で考えることで、共感や信頼を得ることにつながり、集客力が高くなるということを知ってください。

検索エンジンへの対策(SEO)をどうするのか考える。

検索エンジンへの対策(SEO)を考えることはとても重要です。なぜなら、そもそもアクセスがほとんどないのでは、集客以前の問題だからです。なので、必ずアクセスを稼げるページを用意する必要があります。ただし、SEO対策にはいくつかの重要なポイントがあります。

ここ最近のSEO対策は、技術的なものはかなり影をひそめています。ほとんどの部分を、中身のコンテンツ対策だけで行います。なぜなら、 Google に代表される検索エンジンのアルゴリズムが、中身を重視しているからです。

もう少し具体的にいうと、ユーザーの検索意図に合致するかどうかを、かなり高い精度で判別しています。したがって、ユーザーの疑問に対する答えをコンテンツとしてページに用意することが、SEO対策になると考えていただければよいでしょう。

参考 SEO対策については、こちらで詳しく説明しています。

補足:他の方法で、SEO対策は出来るのか?

実は、SEO対策にはコンテンツ対策以外の方法もあります。これは、ネット広告を利用することで、検索結果の最上位に表示させる方法です。ですが、赤字になる可能性が極めて高いやり方なので、個人的にはあまりお勧めできません。

それでも、苦労してコンテンツによる対策をしなくて済むという点では、時間が節約できる分だけ魅力があるかもしれませんね。

参考 ネット広告の費用について、こちらで詳しく説明しています。

ネット広告の費用について、知っておくべき問題点を説明しました。ネット広告を検討されている方や、広告が収益に結び付かづ苦労されている方に適しています。費用対効果を高くするために必要な対策について、説明しているからです。

記事(コンテンツ)の書き方を工夫する。

記事(コンテンツ)の書き方を工夫する必要はあります。いわゆるライティングテクニックのことなんですが、これはぜひ磨いてください。なぜなら、集客のためのホームページでは、説明文が非常に重要になるからです。ですが特別なテクニックはなくて、表現の仕方の問題だけです。

例えば、だらだらと説明を続けるのではなく、最初にまず結論を出してから詳しく説明することが、ホームページのライティングでは要求されます。なぜなら、ネットの世界は非常にスピードが速いからです。サッと読んで、サッと別のサイトへ移動するのが、多いパターンです。

他にも、どんなことでも理由があれば受け入れやすくなるといった、人間心理を突くような文章の書き方も必要です。あなたも、「ちょっとどいて」と言われるより、「通れないのでちょっと下がってもらえますか?」と言われた方が、言うことを聞きやすいでしょ?

このように、伝え方が非常に重要なので、記事(コンテンツ)の書き方の工夫、つまりライティングテクニックはある程度必要なんですね。

参考 ライティングテクニックについては、こちらで詳しく説明しています。

ホームページの原稿作りで、知っておきたい7点を説明しました。ホームページ集客に役立つ、原稿の作り方を知りたい方に適した内容です。単なるテクニックだけでなく、伝えることの本質についても説明しているからです。

マーケティング手法を考える。

マーケティング手法を考えることは、非常に重要でしょう。なぜなら、ここまで説明してきたポイントは、マーケティングによってニーズを把握しないと、うまくいかないからです。ニーズが把握できれば、ターゲットも商品も発信する情報もすべてわかります。

ところで、どのようにマーケティングを行うのかというと、過去のデータやアンケートが参考になります。ただし、これらは記録として残していなければ使うことは無理だし、会社やプロジェクトが立ち上がったばかりの場合は、過去の積み重ねがありません。

そんなときは、Webマーケティングが大きな力を発揮します。どのようなことをするのか、ザックリ言うと、ビッグデータ(検索キーワード)から傾向を探るものです。検索キーワードは、心の声がそのまま文字になったものなので、非常にニーズをつかみやすいんです。

したがって、過去のデータが無ければ、ここはある程度の費用が必要になるでしょう。無料で済ませるのは、難しいかもしれませんね。マーケティングで得られたデータは、このページで説明しているポイントすべての基礎になるので、ぜひしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

参考 こちらでWebマーケティングについて説明しています。

ニーズが正確にわかるWebマーケティングの代行サービスです。ニーズ調査を低予算かつ短期間で行いたい方におすすめです。検索ワードを調べるので精度が高く、ターゲット属性や他社との差別化ポイントもわかりますよ。

付録:ブログで集客できるのか?

参考までに、ブログについても触れておきます。「集客するならとりあえずブログを書けばよい」と言う人がいると思います。有名人のブログが多くのアセスを稼ぐので、なんとなくそう言うのだと思います。しかし、それは有名人のブログだから可能なんです。

一般の誰も知らない人がブログを書いても、アクセスを集めることは容易ではありません。したがってすでに「どんな情報…」で説明しているように、多くの方が知りたいと思っている内容を書かなくてはいけないので、ブログだから集客できるというものではないんですね。

ちなみに、ブログの使い道は、ホームページに書いていない内容の公開です。会社のホームページが会社案内しかなく、柔軟な変更をしにくい場合に、ブログを使うんですね。いずれにしても、何を使用して制作するかではなく、『どんな内容にするか』が重要ですよ。

まとめ:マーケティングに基づく、戦略の立案がポイントです。

いかがでしたか?

ホームページで集客する時に、知っておきたい7点を説明しました。ホームページ集客の戦略、ターゲット(対象者)を明確に、どんな商品(サービス)で集客、どんな情報を発信、検索エンジンへの対策(SEO)、記事(コンテンツ)の書き方を工夫、マーケティング、などがありました。

繰り返しになりますが、ホームページで集客する時に最も大事なのは戦略です。とりわけ、ターゲットの絞り込みと集客商品の選択は、極めて重要です。なぜなら、ターゲットと商品が決まれば、それ以外のすべての内容が決まってしまうからです。

そして、その根底にあるのはマーケティングで得たデータです。マーケティングに基づくターゲットの絞り込みと、集客商品の選択の重要性を、ご理解いただければ幸いです。

以上、「ホームページで集客する時に、知っておきたい7点。」と題して説明しました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。当方はWebコンサルタントですので、ホームページ作成の様々なお悩みにアドバイスさせていただいております。

  • ホームページの集客力が弱いのですが、どうすればいいですか?
  • ホームページの問い合わせが少ないのですが、何が原因でしょうか?
  • ホームページの文章やキャッチコピーの作り方がわからなくて困っています。

このようなお困りごとがおありでしたら、当方にご相談ください。(ご相談は無料です)

お問い合わせ

※フォームにご相談内容を入力いただくだけでOK!

サイト診断