ホームページ集客方法、この7つを押さえれば大丈夫!

ホームページ集客方法、この5つを押さえれば大丈夫!

ホームページ集客の方法で押さえるべき7つのポイントを説明しました。ホームページに今一つ集客の効果が感じられない方に適しています。これだけ知っていれば大丈夫という内容に絞ったので、初心者の方にも分かりやすくなっていますよ。

ホームページ集客の方法を知る必要性とは?

あなたは、「ホームページの集客はどうしたらいいんだろうか?」という疑問を持ってこのページにたどり着きましたよね。具体的な集客方法を知りたい方もいれば、ホームページでの集客を初めて意識された方もいらっしゃると思います。なので、最初に確認しておきたいことがあるんです。

それは、「なぜホームページ集客の方法を知る必要があるのか?」という点です。おそらく、ホームページはただ存在しているだけではダメだということに気付いたからですよね。もう少し具体的にいうと、売り上げを伸ばすためには、「積極的に何かをしなくてはいけない!」と感じたはずです。

そこで、インターネットを検索すると、簡単なものから高度なものまでさまざまな集客方法が紹介されています。すでに取り組んでいる方の中には、効果が感じられない場合もあるでしょうし、これからという方は何から手を付けたらいいのかさっぱり分からないという方もいらっしゃるでしょう。

ほとんどの方は「早く成果を出したいし、これ以上迷いたくない」と思われているでしょうから、数ある方法の中でも効果の出やすい方法を説明します。ぜひ参考にしてみてください。

ホームページ集客の方法、7つのポイント。

ホームページ集客の方法はいろいろとあるわけですが、効果を感じるためには、これからお話しする7つのポイントを押さえる必要があります。これらのポイントは基本的なことではありますが、意外と見落としがちなうえに、正しく理解していない場合が多いのではないでしょうか。

ぜひ、見落とすことなく正しく理解していただき、効果の高い集客を行っていただきたいと思います。

1.集客できない理由を考える。

まず最初に、集客できない理由を考える必要があります。なぜなら、原因を特定しないと何をやっても的外れになってしまうからです。そこで、具体的な例をいくつが挙げるので、自分のサイトではどうなのか少し考えてみてください。なお、これらの例は、解決策を後で詳しく説明します。

原因1:アクセスが少ない。

1つ目は、アクセスが少ないことが原因の場合です。検索で上位表示していない場合が多いと思うので、いわゆるSEO対策を行って、改善を図ります。しかし、アクセスがそこそこあるのに反応が良くない場合は、内容に問題がありますので、2つ目以降は内容について説明します。

原因2:キャッチコピーが良くない。

2つ目は、キャッチコピーが良くないことが原因の場合です。キャッチコピーはお客さんの心をつかみ、そのあとの文章を読んでもらうためにあります。キャッチコピーを修正することで、文章を読んでもらえるようになりますから、商品の良さが伝わるようになります。

原因3:説明が良くない。

3つ目は、説明が良くないことが原因の場合です。商品の良さを理解してもらうためには、仕様と価格以外に文章による説明がある程度必要です。ただし、内容は単なる商品説明ではなく、良さが伝わる分かりやすい説明にしなくてはいけません。

原因4:商品とお客さんのミスマッチ。

4つ目は、商品とお客さんのミスマッチが原因の場合です。直接販売であれば、売れる商品を扱う必要がありますし、問い合わせがほしいなら、興味を持ってらえる試供品などの提供が必要です。ニーズを正確に読み取って必要とされている商品やサービスを用意することで、反応が変わります。

このように原因を探るのは、面倒なうえに今までガンバってきたことを自ら否定することのように感じるかもしれません。しかし、集客効果を高くするためには非常に重要ですので、必ず行ってください。

2.SEO対策を行う。

SEO対策は多くの方がご存じだと思いますが、改めて確認しておきます。現在のインターネットは検索によってホームページにたどり着くことがほとんどです。したがって、検索結果のなるべく上位に表示されることで、アクセスが増える可能性があります。この上位表示を狙う施策がSEO対策です。

アクセスが少ないサイトの場合は、まず最初に取り組むべき施策ですが、いくつかの注意点があります。まず、外部からのリンクをもらうような旧来の手法が通用しなくなっている点です。現在は、コンテンツ主義で、つまり中身の充実が重要です。検索者の意図に沿った内容の提供がSEOになります。

というのも、検索大手の Google は、検索者の意図に合った良質なサイトを表示することが仕事です。したがって、内容が良くないと Google の信頼が落ちてしまいます。そこで、内容を精査できる高度なプログラムを開発して、対応しているわけです。だから、現在は内容勝負になっているんですね。

また、SEO対策はあくまでも検索結果で上位に表示されるだけであって、それをクリックしてもらえるかどうかは別問題であるという点も注意が必要です。例えば、あなたが何かを検索して結果が出たときに、3番目や4番目のリンクを最初に見た経験がありませんか?

それは、単純に1番目と2番目は見るに値しないと思ったからです。このように、順位が上だからといってアクセスが増えるわけではないんです。では、何をすればいいのかというと、検索結果に表示されるタイトルと Description の2つを魅力的に作ることが重要になってきます。

SEO対策は検索結果の上位に表示されるので非常に大切な施策ですが、魅力的な文言でクリックしたくなるように誘導することも忘れないでください。それが、SEO対策で成果を上げるためのポイントです。

3.集客戦略の立案。

ここでいう集客戦略とは、『ターゲットの特定、ニーズに合った商品やサービスの選択、ライバルとの差別化』を具体的に決める作業を指します。実は、ホームページと言っても集客なので、戦略がしっかりできていないと、決して効果が出ることはありません。

なぜこれらが必要かというと、「集客はお客さんを集める」という意味ではなく、「特定のお客さんに集中する」ことであると解釈すると理解できます。ターゲットを特定していないと万人に対して説明しなくてはいけません。年齢も性別も趣向もすべてを含めなくてはいけなくなります。

すると、非常にぼんやりとした中途半端な内容になります。しかし、例えば「ゲーム好きの若い男性」とするだけでもずいぶん範囲が絞られますね。したがって、ターゲットを絞ることで内容の濃い説明ができるようになるんです。そして、ターゲットが決まればニーズも見えてきます。

範囲が限られるので、当然ニーズも特定されるわけです。すると、ニーズに沿った商品やサービスを用意できるようになりますね。ここまで決まると、後はどのようにしてライバルとの差別化を図るかです。これも、ターゲットやニーズが明確であれば、差別化のポイントも分かります。

例えば、「この商品を買う人の多くは、オプションも買うことが多いようだ。だから他社には無いお得なセット商品を用意しよう。」といった具合です。信頼性・種類・価格など様々な差別化ポイントのうち、どれが重要で効果的なのかが見えてきます。

このように、集客戦略はターゲットの特定とニーズの把握が中心となります。分かりやすくまとめると、売れる商品を用意すれば集客は難しくないということです。みなさんが集客で苦労するのは、売れない商品を扱うからなんですね。したがって、集客戦略の立案が最も重要であると言えます。

そして、これ以降の説明は、すべて集客戦略をもとにすることで対策しやすくなるので、頭に入れておいてください。

4.キャッチコピーを修正する。

キャッチコピーはホームページの冒頭にある言葉ですが、ここでは各ページのタイトルも含めて考えてください。最初に、キャッチコピーの役割を確認しておくと、訪問者がすぐに別のサイトに移動(直帰)することを防ぐのと、その先にある文章を読んでもらうための2つです。

したがって、キャッチコピーを作るには慣れと知識が必要になりますので、詳しくは説明しようがありませんが、ポイントは押さえておきましょう。直帰を防ぐためには、検索キーワードを含んだ文章にすることです。タイトルであればSEOにも影響するのでなおさら重要です。

すると、訪問者は自分の検索意図と一致しているので「このサイトで間違いない」と認識します。また、文章を読んでもらうためには、価値が高いと感じてもらう必要があります。単純にいえば、検索者は疑問の解決策を探しているので、疑問または解決策を文章に盛り込んでください。

このようにすることで、直帰を防ぎ、その先にある文章を読んでもらえるようになります。また、ニーズが分かっていれば、それについても盛り込むことで、より強いメッセージになります。なお、カッコいい言葉を短く並べたものがキャッチコピーではありませんので、勘違いなさらないようにご注意を。

5.商品説明を修正する。

商品説明は、文字通り商品についての説明を指します。一般的には、商品の特徴・仕様・価格などを書くので、商品について知ってもらうためには必ず必要です。そのためか、商品説明だけしかないという例が多いですが、残念ながら単なる説明では魅力的に感じてもらえません。

なぜなら、特徴や仕様からその先を想像できるのは、その道に詳しい方だけだからです。多くの方は商品に詳しくないので、特徴や仕様を見ても「ふ~ん、だから何?」というふうにしか思えません。例えば車を販売する際に、「この車は8人乗れます」と特徴や仕様を説明するのが一般的です。

しかし、「この車は家族全員で食事に行けますよ」と説明する方がより理解しやすくなります。本質的には同じですが、表現が全く違いますね。8人乗りの車を購入する理由は、大人数で目的の場所に移動できるからです。したがって、目的が達成できること(ベネフィット)を真っ先に説明すべきです。

するとお客さんは「なぜ?」となるので、「8人乗れるからです」とその理由を述べるわけです。ところで、なぜこのように遠回しな説明をするかと言えば、瞬間的に理解してほしいからです。すぐに理解できなければ、お客さんは自分に関係ない内容だと思って興味を失います。

つまり、単なる商品説明では、商品やサービスに詳しいごく一部の人にしか良さが伝わらないという事態になります。しかし、ベネフィットを説明すると興味を持って文章を読んでもらえますから、商品やサービスの魅力をしっかり伝えることができるわけです。

6.デザインを修正する。

ホームページでデザインと言えば、全体的な形や色、カラムの数などですね。しかし、ここでいうデザインとは、導線設計のことを指します。なぜ導線に絞るのかと言えば、反応率に大きく影響するからです。具体的には、お申し込みやお問い合わせページへ誘導するバナーの位置がポイントです。

バナーは目立つものを適当に配置すればいいのではありません。一般的に反応が良いのは、ページの一番下に置くパターンです。これは、文章を読み終わった後にその勢いでクリックしてもらうためです。基本的にはそれで問題ないと思いますが、もちろんケースバイケースです。

少なくとも、バナーをクリックしてもらえる可能性が高い場所に配置しないと、そもそも気づいてもらえません。その先のページがどんなに良くても、見てもらえないのであれば意味がないので、デザインの中でも導線設計が最も集客に影響を及ぼすわけです。

また、導線以外の「いわゆるデザイン」だけを変えてもまず集客に影響しないことも覚えておいてください。厳密には多少の変化はあるんですが、反応率にして 0.1%も変わらないでしょう、やらないよりはましという状況です。先に説明したように、売れないものはどれだけ飾っても売れないからです。

7.集客のコツを覚える。

集客のコツというとかなり抽象的ですが、ここで説明したいのは、お客さんに対する心遣いです。簡単には説明しにくいんですが、どれだけ細かいことに気付けるかだと思ってください。例えば、旅先の旅館でおなかの調子が悪いと伝えたら夕食におかゆが出てきた、なんてことがあったらうれしいですよね。

そして、次回もこの旅館を使おうと考えるはずです。このように、お客さんに心遣いが伝われば、信頼が増してリピーターになってもらえます。しかし、これは意外に難しいことで、料理自慢の旅館だと薬を飲んでもらってでも豪華な夕食を食べてもらおうと考えるかもしれません。

ところが、おなかの調子が悪いと食欲もなくなる可能性がありますから、相手の立場に立った対応を取ることが重要になるわけです。これはホームページでも全く同じで、伝えたい情報ではなく相手がほしいと思っている情報を提供することで、喜んでもらえるんです。

例えば、ホームページ上に「駐車場あり」とだけ書くよりも、「最大8台がゆったり停められるスペースを確保しています」とすれば、よりお客様目線になりますね。つまり、駐車場が満杯になることが少ないことと、横幅の大きな3ナンバー車でも停めやすいことが伝わってきますから。

するとお客さんは、「いつ行っても私の大きな輸入車も停められそうだ。」と感じるわけです。このようにちょっとした心遣いを伝えることで、信頼へとつながって購入に発展したり、さらにはリピーターへと変化したりするので、売り上げを伸ばすことにつながるんです。

まとめ:売り上げを伸ばすために覚えておくこと

いかがでしたか?

ひょっとしたら、あなたの考えていた集客方法とは全く違ったかもしれません。なぜなら、ホームページの技術的な話をほとんどしていませんから。数えたら、SEO対策・タイトル・Description の3つぐらいしか技術的な話がありませんでしたね。

ほとんどの方は、外見を整えることや、いわゆる集客ツールと呼ばれるものを使うことを集客だと思っています。しかし、ここまでお話ししてきたように、集客戦略をベースとした内容の作り込みがまず先なんです。繰り返しますが、売れないものはどれだけ飾っても売れないんです。

ターゲットを決めて、ニーズを把握し、ライバルとの差別化で、お客さんが買いたいと思う商品を売らないといけません。まずいラーメンを売っているお店が店舗を改装しても、ラーメンをおいしくしない限りお客さんは増えませんから。まず最初に、ターゲットと商品のミスマッチを解消すべきです。

しつこいようですが、集客戦略をしっかりと立てることが、売り上げを伸ばす唯一の方法だと思っていただいて構いません。技術的な話ではないので、Web担当の方には大変かもしれませんが、ぜひご理解していただき、ホームページ集客に取り組んでいただきたいと思います。

以上、「ホームページ集客方法、この7つを押さえれば大丈夫!」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。