金沢マラソンの交通規制、知っておくべきポイント。

金沢マラソンの交通規制、知っておくべきポイント。

金沢マラソン交通規制、知っておくべきポイントを説明しました。マラソン当日の交通について知りたい方に適しています。交通規制について説明しただけでなく、ルートを分析して、どこを通れば移動しやすいのかも解説しているからです。

金沢マラソン2017の、交通規制を知る意味とは?

金沢マラソン当日の交通規制はとても気になりますよね。なぜなら、金沢市内の移動は事実上、自家用車、タクシー・バスなど、道路を走る交通機関しかありませんから。したがって、金沢マラソン当日の交通規制を知る意味は、とても大きいのではないでしょうか。

ところが、情報が分散していて、1ページでまとめて見られるようなサイトがありません。それでは不便なので、このページにみなさんが必要としている情報を集めました。ビッグデータからニーズを調べましたので、たぶん必要な情報を網羅できていると思いますよ。

金沢マラソン2017の、交通規制のポイント。

それでは、金沢マラソン2017(10月29日開催)の交通規制についての情報を、詳しく説明しましょう。ポイントは大きく7つあります。

金沢マラソンのコースとは?

まず最初に、金沢マラソンのコースについて説明します。スタート地点は金沢市役所前で、ゴール地点は石川県西部緑地公園陸上競技場です。途中のルートを簡単に説明すると、市役所前をスタートした後、そこから反時計回りに中心部を一周して、窪町へ向けて一直線に走ります。

その後、窪町から山側環状道路を、若松橋へ向けて道なりに走ります。さらにそこから、橋場を経由して神谷内まで走ります。次に、福久、木越と経由して沖町まで走り、石川県庁前を通過して陸上競技場へたどり着きます。金沢市民なら、なんとなくイメージできるんじゃないでしょうか。

なお、詳しくは金沢マラソンの公式サイトで、コースマップがご覧いただけますよ。

2017年10月29日(日)に開催される「金沢マラソン2017」の大会ホームページです。開催概要やコースなどをご紹介いたします。

交通規制、通行止めの情報。

続いて、交通規制や通行止めの情報を確認していきましょう。まず、規制される時間は、午前6:00から午後4:20までの10時間20分です。さらに、西武緑地公園周辺では午後5:00まで続くところもあるようです。日中は、ほぼ規制がかかった状態になりますね。

さて、金沢マラソンの公式サイトにある交通規制情報から読み取ると、次のルートは完全に通行禁止になります。

  • 広坂から橋場を経由して、武蔵までの間。(6:00~9:30)
  • 武蔵から寺町五丁目を経由して、窪町までの間。(8:20~10:45)
  • 若松橋から賢坂辻の間。(9:10:~12:00)
  • 疋田町から福久西を経由して、木越西までの間。(9:30~13:20)
  • 松寺町東から問屋団地東口・磯部橋詰を経由して沖町までの間。(9:50~14:30)
  • 県庁北口から松村町を経由して、松村三丁目。(10:15~16:00)
  • 松村七丁目から陸上競技場。(10:30~16:20)

また、次のルートは片側車線が通行禁止です。(逆方向は通行可能です。)

  • 窪二丁目 ⇒ 若松橋詰までの間。(8:45~11:50)
  • 賢坂辻 ⇒ 疋田町までの間。(8:20~13:05)
  • 沖町 ⇒ 県庁北口。(10:00~15:05)

※他にも片側車線が通行禁止の区間がありますが、往来は可能なので省略しました。

カッコ内の時間はおおよその時間です。詳細は、金沢マラソンの公式サイトで確認してください。

交通規制から、通れる道を読み取る。

交通規制から通れる道を読み取ると、「金沢市の南東部は時計回りの一方通行」の印象です。一方、南西部は、割と自由に移動ができます。また、金沢市を縦断する場合は、国道8号線は規制の影響を受けることなく移動できますね。山側環状も、鈴見交差点から北は規制がありません。

街中を通る道路では、「泉本町から浅野本町を経由して、国道8号線田中交差点」までは規制に引っ掛かりません。この線を使うのも方法ではないでしょうか。したがって、まったく規制のかからない道路は、アルファベットのYを逆さまにした形になっていることが分かります。

ややこしいのは、金沢市の南東部です。「南東部の中の移動と外への脱出は簡単」ですが、いったん外へ出てしまうと戻ってくるのが面倒くさいですね。「国道8号線福久交差点と山側環状森本IC」の間には規制がないので、唯一ココが南東部とそれ以外の地域をつなぐ出入口となります。

その代わり、南東部の交通規制は午前中だけです。したがって、南東部にお住まいの方は午前中の外出を控えるか、いったんエリア外に出たら帰宅は午後にするといった工夫が必要ですね。

詳しくは、金沢マラソン公式サイトの交通規制情報でご確認ください。規制がかからない、推奨ルートが紹介されています。

当日の交通渋滞は?

当然、マラソン当日は交通渋滞が予想されます。通常通れる道路が通れないわけですから、間違いなく渋滞します。推奨ルートは多くの方が利用するでしょうから、これまで分散していたアクセスが集中してしまいます。交通規制情報を何度も見ていますが、なかなか抜け道はなさそうですよ。

どうしても外出しなくてはいけない方は、かなり時間に余裕をもって出発しなくてはいけないと思います。できることなら、外出は避けた方が良さそうです。交通規制情報には「沿道でのご声援をお願いします!」とありますが、遠回しに「外出は避けてほしい」と言いたいのでしょうね。

※詳しくは、日本道路交通情報センターの公式サイトをご覧ください。

高速道路、一般道の道路交通情報や、渋滞予測、開通予定などを公開しています

市内の駐車場の状況は?

当日の市内の駐車場はどうでしょうか。おそらく、金沢駅周辺の駐車場は早朝以外は、特にお昼前後に満杯になってしまうと思われます。また、通常なら武蔵周辺であれば、どこかの駐車場が空いているはずですが、マラソン関係で満杯になる可能性がありますね。

それでも、武蔵の名鉄スカイパーキングなら多少空いているかもしれません。ただし、この駐車場はかなり料金が高いので、事前に確認してください。ただし、そもそも金沢駅や武蔵にたどり着けるかどうかという問題があるんですけどね(汗)。

Google検索:金沢駅周辺 駐車場武蔵周辺 駐車場

公共の交通機関はどうか?

公共の交通機関は路線バス(北陸鉄道バス・西日本JRバス)と鉄道があるので、それぞれ確認してみましょう。

北陸鉄道バスの運行状況は?

北陸鉄道バスについて、執筆時点で情報は出ていません。もちろん大きく影響を受けますので、詳しくは、北陸鉄道の公式サイトでご確認ください。

西日本JRバス

西日本JRバスについて、執筆時点で情報は出ていません。もちろん大きく影響を受けますので、詳しくは、西日本JRバスの公式サイトでご確認ください。

鉄道各社

鉄道各社は金沢マラソンの影響をうけません。もちろん、参加者や観光客が増えて電車内が混雑する可能性はありますね。

参考:北陸新幹線IRいしかわ鉄道(在来線)、JR七尾線北陸鉄道

地元民からは、交通規制に苦情が出ている?

地元民からは、交通規制に多少の苦情が出ているようですね。確かに、完全通行止めになっている区間がありますからね。しかし、何をやっても文句を言う人は必ずいますから、ある程度の苦情は仕方ないでしょう。最初のころは、誘導員に不手際もあったようですし。

ちなみに私は金沢市の南東部に住んでいますが、特に苦情はありません。そもそも南東部は、しょっちゅうハーフマラソンのコースが設定されるので、慣れているというのもありますね。たった1日のことだし、金沢が盛り上がるのはとても良いことだと思うんですよ。

ところで金沢市民は、スポーツより文化的行事で盛り上がるという気質があります。ひょっとして、それが影響しているのかも? これが仮に文化的な行事であったとしても、通行止めが多いと文句を言う人はやっぱりいるような気がしますけどね…。

まとめ:情報発信のコツも、知ってください。

いかがでしたか?

金沢マラソンの交通規制について、知っておくべきポイントを説明しました。金沢マラソンのコースから始まって、交通規制の情報、通行可能な道、交通渋滞、駐車場、公共の交通機関、苦情などのポイントをお話ししました。これで、当日のイメージができたのではないでしょうか。

なお、このページを作成できたのは、ビッグデータマーケティングのおかげです。ビッグデータを調べたことで、交通規制の情報に関するニーズが分かりました。おそらく、公式ホームページで発信される情報に物足りなさがあると思いますが、それはニーズに応えきれていないからなんです。

情報発信とは本来、相手が必要としている情報を優先して発信すべきです。なぜなら、それが『分かりやすい情報』だからです。金沢マラソンの交通規制の情報を発信しましたが、これを通じて情報発信のコツについても、知っていただければ幸いです。

以上、「金沢マラソンの交通規制、知っておくべきポイント。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談