集客のコツ、知っておくべき超重要ポイント。

集客のコツ、知っておくべき超重要ポイント。

集客のコツ、知っておくべき超重要ポイントを説明しました。集客で成果を上げるためのコツを知りたい方に、適した内容になっています。集客についての本質を解説したので、多くの方が勘違いしている点に気付けるからです。

集客のコツを、知る意味とは?

お客さんが集まらず、商品の売れ行きが悪いと、「集客のコツが知りたい。」と思いますよね。確かに、同じようなことをやっていても、非常にうまく集客している人はいます。では、なぜ集客がうまくいく人とそうでない人が出てくるんでしょうか? それは、明らかにコツがあるからです。

集客のコツとは何か、ズバリ言うと『ターゲットを絞ること』です。ターゲットとは対象者ということですが、ある特定の人だけを対象にビジネスを行うということなんです。つまり、集客のコツを知ることには、ターゲットの絞り方を知る意味があるんです。

そこで、ターゲットを絞るということをどのように捉えればよいのか、ターゲットを絞る理由とその方法について詳しく説明しましょう。

集客のコツ、ターゲットを絞る理由とその方法。

それでは、集客のコツについて、ターゲットを絞る理由とその方法を詳しく説明します。6つのポイントに分けましたので、しっかりと目を通してください。

なぜ、ターゲットを絞るのか?

なぜ、ターゲットを絞る必要があるんでしょうか? これは、ターゲットを絞ると、訴求しやすくなるからです。最も簡単な商売は、ある特定の一人に対して商品を売ることです。これなら、その人の好みに完全に対応できるので、確実に商品を購入してもらえますよね。

しかし、たった一人のためにお店を開くことなど、収益の点で現実的ではありません(大金持ちのスポンサーが居れば話は別ですが)。そこでもう少し幅を広げて、同じような趣向を持つ人たちをターゲットにします。こうすれば、同じ商品を多くの人に売ることができますね。

つまり、本来はある特定の一人に売るべきだけれども、それでは商売にならないからターゲットの範囲を広くしているだけなんです。だから、ターゲットを絞るのは当たり前のことなんです。もっと言えば、なぜターゲットを広げてしまうのか? と考える方が無理がないんですね。

続いて、ターゲットを絞る方法について説明します。

ターゲットを絞る方法とは?

ターゲットを絞る方法について考えてみます。ターゲットを絞るには、扱う商品の特性とニーズを理解する必要があります。なぜなら、商品の特徴とニーズが一致しないと売れないからです。例えば、一般のお客さんにコスプレの服を売るのは難しいですよね。

コスプレの服を売るには、漫画やアニメのファンにターゲットを絞らないといけません。つまり、商品だけでも、ニーズだけでもターゲットは絞れないんです。必ず両方を分析して、それをうまく擦り合わせるマッチング作業が必要になるわけです。

ところで、どうしても理想的なターゲットがいない場合は、どうすればいいんでしょうか? 実は、ここに多少のテクニックがあって、商品の説明方法を工夫して、さもニーズにマッチしているかのようにするんです。つまり、表現方法の工夫で、ニーズに商品を合わせるんですね。

このように、商品とニーズを一致させることで、ターゲットを絞ることができるでしょう。

続いて、ターゲットを絞ることによるメリットを考えてみましょう。

1.ターゲットを絞ると、品ぞろえが豊富になる。

ターゲットを絞ると、品ぞろえが豊富になります。なぜなら、ある特定のニーズに特化すれば、その中でバリエーションを増やすことができるので、ターゲットを満足させることができるからです。先に説明したように、趣向は十人十色です。

したがって、それぞれの趣向に対応していたのでは、とてもではないけれど品ぞろえができません。つまり、多種多様なニーズに対応するには限界があるわけです。そこで、一般的に行われていることは、特定の商品だけを扱う専門店化です。

例えば、「洋服屋さん」とするよりも、『古着屋さん』とか、『子ども服屋さん』とした方がわかりやすいですよね。多数の古着を用意したり、おしゃれな子ども服を多数用意できれば、それらに興味のあるターゲットを満足させることができるわけです。

このように、ターゲットを絞ると、品ぞろえを豊富にすることができます。

2.ターゲットを絞ると、わかりやすい説明ができる。

ターゲットを絞ると、わかりやすい説明ができます。なぜなら、特定の人にだけ説明すればよいからです。これは例えば、初心者向けの説明と上級者向けの説明では、説明する内容が明らかに違うことからもわかると思います。

初心者の場合は、専門用語を使っても何の事だかチンプンカンプンだし、「○○とは何か?」のような根本的な説明から始めないと、全く理解してもらえない可能性がありますよね。逆に上級者の場合は、専門用語をバンバン使って説明したほうが理解してもらいやすいはずです。

ということは、初心者と上級者を同時に対象とすること自体に、無理があることがわかりますよね。もちろん、同時にうまく説明するためのテクニックはありますが。それでも、どちらかに特化した説明に勝てるようなものではないでしょう。

両者の前提となる知識量が違うわけだから、初心者にはできるだけ平易な言葉を使い、上級者には専門用語を積極的に使うといった配慮が必要です。このように、ターゲットを絞ることで、それぞれに対して最適なわかりやすい説明ができるんですね。

3.ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れる。

ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れます。なぜなら、特定のニーズに対して訴求できるからです。例えばキャッチコピーを「このトマトジュースは美味しい!」とすると、おいしい飲み物が好きな人に、訴求することになります。しかし、他においしい飲み物はたくさんあります。

したがって、わざわざトマトジュースを飲む必要はありませんよね。ところが、「トマトジュースは美肌にいい!」とすればどうでしょうか。こうすると、肌をきれいに保ちたい人や、肌荒れに悩む人だけにターゲットを絞るので、キャッチコピーが力強くなります。

ちなみに、キャッチコピーを強くできれば、購買意欲をそそることができます。なぜなら、「これがほしかったんだよ!」とお客さんに思わせることができるからです。これは、特定の人の困りごとを解決するのが商売であると理解できれば、納得がいくと思います。

このように、ターゲットを絞ると、力強いキャッチコピーが作れるわけです。

最終的には、経営者の勇気次第です。

ターゲットの絞り込みは、最終的に経営者の勇気が大きくかかわってきます。なぜなら、多くの経営者はターゲットを絞ることに消極的だからです。ターゲットを絞るということは、絶対的なパイを減らすことになります。だから、購入する確率が下がると考えてしまうんですね。

しかし、考えてみてください。店舗の来店客やホームページにアクセスしてきたお客さんが、全員商品を購入しますか? そんなことありませんよね。ほとんどの場合は冷やかしです。ここで割り切った言い方をすると、冷やかし客を相手にする必要はないんです。

大事なのは購入してくれるお客さんだけです。そしてそのようなお客さんは、ごく一部の方だけなんです。つまり、そのごく一部の方に対して強力なメッセージを送って、確実に購入してもらう方が、はるかに効率が良いです。そして、それができるのは、ターゲットを絞った時だけなんです。

ただし、これは経営判断に近いことなので、ターゲットを絞るということは経営者の勇気がなければできないことなんですよ。

なお、冷やかし客は扱いが悪くても良いということではありませんので、勘違いなさらないでくださいね。評判を落としかねませんから。

まとめ:ターゲットを絞って、効率よく訴求する。

いかがでしたか?

集客のコツ、知っておくべき超重要ポイントを説明しました。なぜターゲットを絞るのか、ターゲットを絞る方法、品ぞろえが豊富、わかりやすい説明、力強いキャッチコピー、経営者の勇気次第、と言ったポイントがありました。

繰り返しになりますが、集客のコツはターゲットを絞ることです。ターゲットを絞らないと、購買意欲の薄い人がたくさん訪れてしまうからです。しかし、ターゲットを絞れば、購買意欲の高い人が集まるようになるので、絶対的な人数が少なくても売り上げは確実に伸びます。

パイを減らすことで売り上げを伸ばすという考え方だから、かなり怖いとは思いますが、ぜひそこは勇気をもってターゲットの絞り込みを行ってほしいと思います。ところで、このようなターゲットの絞り込みが及ぼす影響は、ホームページ集客では非常に顕著です。

なぜなら、ホームページの場合は検索によってたどり着くので、明確に目的があるからです。店舗のようにふらっと立ち寄るものではないので、ターゲットが明確でないと、集客はかなり難しくなることを覚えておいてください。

以上、「集客のコツ、知っておくべき超重要ポイント。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。