ホームページの集客戦略、7つの超重要ポイント!

ホームページの集客戦略、7つの超重要ポイント!

ホームページの集客戦略について、7つの超重要ポイントを説明しました。ホームページで集客するにあたって、どのような戦略が必要なのか知りたい方はぜひご覧ください。具体的な戦略の立て方を詳しく説明しました。

なぜホームページの集客戦略が重要なのか?

あなたは、「ホームページで集客するにはどんな戦略が必要なんだろう?」と考えてこのページをご覧になっていると思います。ホームページ集客はデザインよりも戦略が重要ですから、そこに気づかれている時点で相当鋭い方だと思います。

しかし、多くの方が、更新時期・商品の見せ方・SEO対策などホームページそのものだけに注目してしまいます。確かにそれも重要ですが、ホームページといえども商売に変わりはありませんので、テクニック的な話ではなく商売のやり方、つまり集客戦略の構築が最も重要なんです。

したがって、店舗での商売にも結び付くお話ですので、誰が聞いても参考になる内容です。

ホームページの集客戦略のポイント。

ホームページの集客戦略のポイントは7つあります。これらを基にして作り上げられた戦略を使ってホームページを制作することで、集客に結び付くと理解してください。

1.ターゲットを絞り込む

最初にターゲットを絞り込みます。ターゲットとはもちろん対象とするお客さんのことですが、なぜ絞るのかというと、商品を売りやすくするためです。一見すると絞らないほうが売れそうですが、実際には中途半端になってしまい、かえって売れなくなってしまいます。

例えば、洋服であれば年齢・性別・好みに応じて様々なものがあり、店舗も専門店が多いですよね。また、日用品であっても歯ブラシは、大人用・子ども用・男性用・女性用など、やはり分かれています。ターゲットを絞ることで特定のお客さんに特化できるので、売りやすくなるんです。

つまり、「これは○○さんのための商品です」というように強いメッセージを出せるので、それを見る受け手も非常に分かりやすくなります。集客とは、ズバリ「特定のお客さんに集中する」という言葉の略であると解釈すれば、理解しやすいと思います。

2.マーケティングを行う

マーケティングつまり商品ニーズを調査する必要があります。ここを疎かにしている方が意外と多いんですが、非常に重要です。なぜなら、売れない商品を扱っていたのでは意味がないからです。どんなに強力なホームページを作っても需要がない商品を売るのは非常に厳しいです。

そのため、ニーズを正確に把握する必要があるんですが、これはターゲットの絞り込みと深い関係があります。というのも、どうしても商品を変えられない場合があるからです。例えば、うどん屋さんがある日を境に、ニーズに合わせてラーメン屋さんになるということは難しいでしょう。

したがって、ニーズを見ながら、ターゲットに商品を合わせるのか、商品にターゲットを合わせるのかということになります。つまり、ターゲットの絞り込みとマーケティングは同時進行になって、最良のマッチングを見つけることになります。

3.自社や商品の訴求点を挙げる

自社や商品の訴求点を挙げてみましょう。訴求点は別の言い方をすれば、強みです。どんなことが得意なのか、あるいはどんなところが優れているのかを整理します。ただし、ここで注意してほしいのは、できるだけお客様目線で導き出してほしい点です。

どうしても、売る側が注目するポイントを挙げてしまうと思うので、お客さんは実際どう思っているのかをよく考える必要があります。例えば、ある商品について担当者は機能が強みだと思っていたけれど、実際にはデザインの良さが受けていたということも考えられます。

したがって、強みと考えられるものをすべて挙げたうえで、それが本当にお客さんのメリットになっているのかを検討する必要があるでしょう。なお、先のニーズ調査がうまくできていれば、ある程度は選別の指針になるのではないかと思いますよ。

4.他社との差別化ポイントを考える

他社との差別化ポイントを考えてみましょう。差別化なので他社との違いということですが、先ほどの訴求点の中から選べると思います。見つけるのは、お客さんのメリットでありながらも、他社と違う部分です。例えば、他社が『安い』としていれば自社は『安心』で勝負みたいなことですね。

この時気を付けないといけないのが、他社との違いだけに囚われてしまうことです。違うだけでは差別化になりません。お客さんに利益がなければ意味がないからです。ぜひこの点に気を付けて、差別化ポイントを考えてください。

5.売れるタイミングを考える(重要)

売れるタイミングをしっかりと考えてください。注意してほしいのは、売りたいタイミングではなく売れるタイミングである点です。ほぼすべての商品には必ず売れるタイミングがあって、別の見方をするとある時期だけお客さんが買いたくなるんです。

身近な例でいえば、おなかが空いていれば食事をしますが、満腹なら飲み物すらいらないでしょう。つまり、人間は何らかのタイミングに合わせて商品を購入しているんです。おなかが空いていれば何を食べてもおいしいように、どんな商品でもタイミングが合えば高い確率で売れます。

したがって、いかに正確にタイミングを合わせるかが、楽に売るための最重要ポイントになると思ってください。ある意味で、今までの手順はすべてタイミングを調べるためにやってきたと言っても過言ではありませんよ。

6.商品の売り方のアイディアを出す

商品の売り方についてアイディアを出しましょう。要するに、どうやって売れば効果的かを考えるわけです。ターゲット、商品、訴求点、差別化ポイント、タイミングが分かっているので、これらを手がかりにしてアイディアを出します。

何もないところから出すのではないから、「アイディアを出すのは苦手だなぁ」という方でもそんなに難しくはないと思いますよ。内容的には商品名を考えたり、キャッチコピーを考えたりと、ホームページに書く内容を決めればよいだけです。

これまでの手掛かりをザックリまとめると、ターゲットに対して商品の良さをアピールしながら、今購入しないとマズイことになるよ、というように伝えるだけです。これをターゲットの属性や心情に合わせてうまく表現するんです。初めてここで、表現のテクニックが必要になるんですね。

したがって、アイディアといっても「分かった手がかりをまとめ上げる作業」であると思ってもらって良いと思います。

7.販促のためのイベントを考える

販促のためのイベントを考えます。最初はどうしても勢いがほしいですから、イベントによって盛り上げる必要があるでしょう。イベントといわれると、店舗での販売に限られそうですが、ホームページでも特設ページを作って告知すれば、ある意味でイベントになると思います。

ここで必要になるのが、例えば初回無料とか特別割引など、普通とは少し違うポイントでしょう。もちろん、金額だけの話ではありません。分かりやすいので無料や割引を出しましたが、お祭りでもいいし、何だったら特別なことをせず言葉だけで盛り上げてもいいんです。

ここは、対象者がどんな人物であるかを考えれば、やるべきことは絞られると思います。例えば、子どもが対象なら「ゆるキャラ」を呼ぶ、みたいなことです。したがって、販促イベントも何か奇抜なことをするわけではなくて、求められていることをするだけなんですね。

ちなみに、手順が後になればなるほど、ターゲットの絞り込みやマーケティングなど、最初の手順が重要になっているのがお分かりいただけると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ホームページの集客戦略について、7つの超重要ポイントを説明しました。ターゲットの絞り込みやマーケティングから始まって、訴求点や差別化ポイントを出し、最も重要なタイミングを考えて、アイディアやイベントも考えました。

最初にお話しした通り、ホームページでは集客戦略の構築がポイントです。店舗で行っている商売がホームページに置き換わっただけなので、本質的には何も変わらないんです。集客である以上、表面的なテクニックでは太刀打ちできないことをご理解いただきたいと思います。

中でも、売れるタイミングを知ることは、すべての商売に通じる最も重要な要素です。ホームページ集客で成果を上げるためには、ホームページを知ることよりも、まず最初に商売を知ることが必要です。しっかりとした集客戦略を構築すること、これがホームページ集客の第一歩ですよ。

以上、「ホームページの集客戦略、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談