売りたい商品が売れない店長さんへ

売りたい商品が売れない店長さんへ

売りたい商品売れなくて悩んでいらっしゃる店長さんに、ぜひ聞いていただきたいお話をさせていただきました。なぜ商品が売れないのか、そしてどうすれば売れるのか、本質的な問題に触れているので、かなり参考になると思いますよ。

なぜ商品が売れないのか気づきます

仕入れた商品がなかなか売れなくてお困りではありませんか? たくさん売れると思っていたので大量に在庫を抱えてしまったという方もいると思います。でも、なんで売れないのかとても気になりますよね。売れると思って仕入れたのに...。

これから説明する内容を読んでいただければ、なぜ商品が売れないのか気づきますので、どんなところに問題があって、同じ失敗をしないために何をすべきかが分かりますよ。

どんな商品を仕入れましたか?

まず、どんな商品を仕入れたか思い浮かべてください。新商品ですか? それとも人気商品ですか? はたまたどこも扱っていないような変わった商品ですか? いずれにしても店長さんが「これを売るぞ!」とかなり意気込んで仕入れてますよね。

たぶん長年の経験から売れると見込んだんだと思うんです。おそらくそれまではそれでうまくいっていたので、次も「いける」となったんでしょう。また、過去のデータからはじき出している場合もあると思います。それなりの確証のある商品を仕入れたのは間違いないはずですよね。

だから、店長さん的には売れる商品を仕入れているはずなんです。

どんなお客さんが対象ですか?

仕入れた商品は、どんなお客さんを対象としたものですか? 既存のお客さんですか? それとも新規のお客さんですか? また、年齢層や職業などの属性はどうですか? はっきりと対象者が決まっているかどうか思い出してください。

対象者がはっきりしていないと、どうやって売ったらいいか分からなくなりますからね。ただ、これも店長さんの頭には明確にあるとは思うんですよ。こういう人がこういうものをほしがるはずだと考えているはずです。さすがにターゲットが決まっていないのはまずいですよ。

仕入れた商品はお客さんがほしいものですか?

問題はここなんです。仕入れた商品が、お客さんがほしいものであるかどうかは、一番大きいんですよ。単純に言って、お客さんはいらないものは買わないし、ほしいものは買います(実際にはそんなに簡単ではないですが)。ほしいと思わない商品を売っていれば当然売れないですよね。

これは、きちんと商売していれば売れ筋商品のデータはあるはずなので、外しにくいと思うんです。ところが、今まで扱っていなかった商品や新商品など、データがないものはおそらくことごとく失敗していると思います。なので、データのない商品はなるべく仕入れないほうがいいんですよ。

つまり、データに基づくニーズの把握をすることが重要であることを意味しています。店長さんの感覚は大事ですが、それだけではまずいんです。データがなければ、アンケートを取る方法もあるので、できるだけデータからお客さんがほしいものを把握して、仕入れるべきなんです。

思い込みで仕入れていませんか?

売れない商品の特徴として共通するものが、『店長さんが売りたい商品』ではないでしょうか。残念ながら、売りたいものは売れないんです。売れるという思い込みで商品を仕入れてしまっている場合が、とても多いんですね。

すでに仕入れてしまったのもはしょうがないので、何とかして売るしかないんですが、今後同じ失敗を繰り返さないために、しっかりと問題点を検証しておく必要があります。繰り返しになりますが、売りたいなら『お客さんがほしい商品』を仕入れるべきなんですよ。

売りたい商品をなんとしても売りたいという気持ちはよく分かります。良い商品だとみんなに知ってほしいですからね。でも、売り上げを伸ばしたいなら「売りたい商品ではなく売れる商品」を売るべきです。どうしても売りたいものがあるなら、儲けなど考えずに売るしかないと思いますよ。

売れる商品を見つけるためには?

やはり、過去のデータが重要です。「この季節にはこんなものが売れた」とか、「こんな天気の日にはこれが好評だった」とか、「いつも安定的に売れるものはこれだ」とか、必ずデータを採っておいて、それに基づいた仕入れが一番効果的です。

ところで、当サイトはネット集客を専門にやっているわけですが、基本的には実店舗で行っているやり方と同じです。過去のデータからどんな商品を売ればいいのかを判断します。また、過去のデータがなくても、ネットの場合は検索キーワードがあるので、かなり正確に分かるんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

売れる商品とは、お客さんがほしいと思う商品です。売りたい商品はなかなか簡単には売れません。たまたまお客さんのニーズと合致すれば売れるわけですが、「偶然」を頼って商売するわけにもいきませんからね。ぜひ、売れるのが「必然」の商品を見つけて仕入れてください。

なお、当サイトならあなたが取り扱っている商品の中から「お客さんのほしい商品」を見つけ出せます。ホームページでの商売を検討している方や、すでにホームページで商売をされている方で、どんな商品を売ればいいのかよく分からないときは、ぜひご相談くださいね。

以上、売りたい商品が売れない店長さんへのメッセージでした。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談