ホームページリニューアルの、失敗しない進め方とは?

ホームページリニューアルの、失敗しない進め方とは?

ホームページリニューアルの、失敗しない進め方を説明しました。ホームページのリニューアルを検討されている方に適した内容です。どのようなところに気を付ければよいのか、リニューアルならではの注意点を説明しているからです。

なぜホームページリニューアルは、手順が重要なのか?

このページをご覧になっているということは、「ホームページリニューアルの、失敗しない進め方が知りたい」と考えている方だと思います。作成してからかなりの年数が経ったとか、デザインを変えたいとか、スマホ対応したいなど様々な理由でリニューアルを検討していらっしゃるでしょう。

しかし最も気になるのは、集客できるどうかではないでしょうか。せっかくリニューアルするのであれば、何らかの成果が出てほしいですよね。そのためには、正しい手順で進めることが重要ですが、「正直言って具体的なことは分からない」という方が多いのではないでしょうか。

そこで、ホームページリニューアルをどのような手順で進めれば、失敗せずに成果を上げることができるのか、ポイントをご紹介しましょう。

失敗しないリニューアルの進め方、手順7つのポイント!

それでは、失敗しないリニューアルの進め方について、手順のポイントを説明します。ポイントは7つありますので、しっかり頭に入れてください。

リニューアルの目的を明確にする。

まず、最初にすべきことは、何と言っても目的を明確にすることです。なぜなら、どのような目的でホームページのリニューアルを行うのか明確になっていないと、何をすべきかが決められないからです。したがって、目的の明確化は最初の重要な仕事です。

具体的には、「かなり年数が経って古いから新しくしたい」、「スマホ対応したい」、「事業刷新に合わせたい」、「集客できるようにしたい」など、様々でしょう。最初はぼんやりとでも構いませんので、「これがしたい」というものを明確にしてください。

そして、明確にした目的を「なぜそれをしたいのか?」と、問うことを繰り返して細かく具体化すればよいと思います。そうすることで、リニューアルの目的がはっきりしますので、何をすべきかが見えてくるでしょう。

リニューアルによる、効果やメリットを考える。

リニューアルの目的がハッキリしたら、効果やメリットについて考えましょう。なぜなら、効果やメリットが無いのにリニューアルを実施してしまっては、費用が無駄になるからです。本当に効果があるのか、メリットは何か、シッカリと検討します。

例えば、「古くなったから新しくリニューアルする」というときに、本当に新しくすることに意味があるのかということです。サイトのつくりが完成されていて、非常に扱いやすいものだとしたら、変えることによってかえって使いにくくなってしまうことも考えられます。

また、業者に依頼するのであれば、費用をかけるだけの意味があるかも考えてください。莫大な費用をかけてリニューアルしたのに、一向に集客力が上がらないのでは赤字になりかねません。本当に目的が達成できるのか、業者からの見積もりや提案書で十分検討してください。

このように、効果やメリットを考えて、場合によってはリニューアルを見送ることも視野に入れ、無駄な出費を抑えてください。

デザインのリニューアルはどうすべきか考える。

おそらく、多くの方はデザインの変更を行うと思います。やはり、リニューアルと言えばデザインの変更と考える方も少なくないでしょう。もちろん、良いデザインになるのであれば、積極的に変更すべきだと思います。

ただし、気を付けていただきたいのが、事業の性格に合わないようなデザインにしないことです。当然いくつかのデザイン候補が上がるでしょうが、「おっ、このデザイン良さそう。」と思って選んだものがイメージに合わないことは十分考えられます。

自分が良いと思っても、利用者や閲覧者が納得しないのでは、意味がありません。本来、ホームページのリニューアルは、利用者のために行うはずです。決して、独りよがりにならないようにしてください。また、スマホ対応がされていないのであれば、それも同時に考えてください。

アクセスの半分以上が、スマホというサイトも少なくないはずです。アクセス記録の分析などで、スマホ対応の必要性も検討しましょう。

リニューアルのタイミングを考える。

リニューアルをするうえで、考えたいのがタイミングです。なぜなら、タイミングが悪いと機会を逃してしまう可能性があるからです。つまり、いつリニューアルをするかというのが重要です。一般的に多いのは、定期的に行っているという場合ではないでしょうか。

しかし、リニューアルは定期的に行うものではないと思います。つまり、理由なく一定期間ごとに行うのではなく、必要性が出たら初めてリニューアルすればいいのです。例えば、ここまでいくつかの話を出していますが、スマホ対応する時だとか、集客力をアップしたいときなどです。

もし、高頻度でリニューアルしてしまうとどうなるでしょうか? ユーザーがせっかく操作に慣れたころに、デザインが変わってしまい、また操作方法に慣れなくてはいけないという状況になりかねません。つまり、ユーザーフレンドリーではなくなってしまいます。

したがって、大きくリニューアルするのであれば、タイミングをよく考えて繁忙期を避けるなどの措置は当然すべきです。ちなみに、本来は毎日のように細かく修正して、「気付いたら大きく変わっていた」ぐらいが良いと思いますよ。

このように、リニューアルのタイミングは、ユーザーのことを第一に考えて決めてください。

リニューアルによるSEOの効果を考える。

リニューアルによるSEO効果は気になるところでしょう。なぜなら、ホームページリニューアルの最大の目的は、集客力の向上だからです。SEO対策による検索順位の上昇は、集客力の向上にかなり影響します。したがって、リニューアルによる検索順位の変動は気になりますね。

ホームページをリニューアルすることで検索順位を上昇させるには、既存のページであれば内容の見直しが必要です。現在のSEOはコンテンツ対策が基本ですので、内容の見直しは必須です。少なくとも、デザインの変更だけで順位を上げることは、ほぼ不可能だと思ってください。

そのため、コンテンツ対策が施されたSEOページの追加が、手っ取り早いかもしれません。いずれにしても、リニューアルしただけではSEO対策にはなりませんので、検索順位を上昇させたいのであれば、コンテンツの見直しは必ずしてください。

リニューアルで、ドメインの変更が必要か検討する。

ホームページのリニューアルでは、ドメインの変更が必要かどうか検討してください。なぜなら、ドメインを変更すると、波及する影響が大きいからです。ドメインでなくても、URLが大きく変わるようであれば、やはり影響は大きいと考えられます。

というのも、ドメインが変わってしまうと、当然ながら周知する作業が必要です。技術的には、リダイレクトという機能を使えば、旧ドメインへのアクセスを新ドメインへ、強制的に飛ばすことができます。ところが、ドメインを知っている方へは周知しないといけません。

また、URLが印刷物になっている場合などは、当然のことながら修正が必要です。したがって、技術的な問題ではなく、すでに周知しているドメインの扱いを考えなくてはいけません。このような理由がありますので、安易にドメインの変更はしないように注意してください。

リニューアル業者の選び方を考える。

ホームページリニューアルを業者に依頼する場合は、業者の選び方が非常に重要です。なぜなら、集客力アップを目的としたリニューアルの場合に、業者の実力が影響するからです。つまり、集客の実力があることを、見抜く必要があるんです。

具体的には、実力がある業者は反応率の向上に力を入れます。もちろんSEO対策のようなアクセス数を増やす施策も行いますが、集客で最も効果の高い方法は反応率の向上です。したがって、反応率の向上を中心とした施策を行う業者は実力があるとみて、間違いないと思います。

なお、反応率以外にも見るべきポイントがありますので、詳しくは以下のページでご確認ください。かなり詳しく説明しています。

ホームページリニューアルの、業者を選ぶ時の基準を説明しました。ホームページのリニューアルを検討している方に適した内容です。依頼する業者の判断基準について、知っておくべきポイントを詳しく説明しているからです。

まとめ:まずは、リニューアルの目的を明確にしましょう!

いかがでしたか?

ホームページリニューアルの、失敗しない進め方を説明しました。リニューアルの目的を明確に、効果やメリットを考える、デザインのリニューアル、リニューアルのタイミング、リニューアルによるSEOの効果、ドメインの変更が必要か、リニューアル業者の選び方、などがありました。

繰り返しになりますが、ホームページリニューアルは手順がポイントです。中でも目的の明確化は最も重要で、最初にしっかり行わないとそれ以降の手順がすべて狂ってしまいます。逆に、目的が明確にできれば、失敗することなく確実に成果を上げることができるでしょう。

ぜひ、目的を明確にして手順をしっかりと考えていただき、失敗なくホームページのリニューアルを行っていただければ幸いです。

以上、「ホームページリニューアルの、失敗しない進め方とは?」と題して説明しました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。当方はWebコンサルタントですので、ホームページ作成の様々なお悩みにアドバイスさせていただいております。

  • ホームページの集客力が弱いのですが、どうすればいいですか?
  • ホームページの問い合わせが少ないのですが、何が原因でしょうか?
  • ホームページの文章やキャッチコピーの作り方がわからなくて困っています。

このようなお困りごとがおありでしたら、当方にご相談ください。(ご相談は無料です)

お問い合わせ

※フォームにご相談内容を入力いただくだけでOK!

サイト診断