⇒ サイト診断、受けてみませんか? 問題点に気づけますよ。

ホームページ作成、初心者が知っておきたい7つの手順。

ホームページ作成、初心者が知っておきたい7つの手順。

ホームページ作成で、初心者が知っておきたい7つの手順を説明しました。ホームページ作成の手順を知りたい初心者に適した内容です。単なる手順ではなく内容作りに重点を置いて、プロ並みに仕上げる方法を説明しているからです。

なぜホームページ作成の初心者は、手順が重要なのか?

ホームページ作成は初心者でも簡単にできます。なぜなら、今の時代は難しい技術を身につけなくても、ソフトを使えば簡単に作れるからです。特に、デザインはテンプレートを選ぶだけで簡単に作れてしまうので、もはや制作会社などのプロの手は必要ではないくらいです。

ソフトの作成手順に従えば、ほとんどの方はプロ並みのホームページが作れます。しかし、せっかく作っても、誰にも見てもらえなければ時間の無駄ですよね。皆さんに見てもらえるホームページを作るには、手順に従うだけでなく、見てもらえるような内容を作ることが重要なんです。

つまり、『内容の作り込みができる手順』が初心者には必要なんですね。そこで、どのような手順でホームページを作成すべきか、初心者が知っておきたいポイントをご紹介します。

初心者が知っておきたい、作成のポイントは7つある!

それでは、初心者が知っておきたいポイントを説明します。ポイントは7つあるので、しっかりと頭に入れてください。

ホームページ作成の目的を明確にしましょう。

最初にすべきなのが、ホームページ作成の目的を明確にすることです。なぜなら、目的が明確になれば、作成に必要なことが決めやすくなるからです。

  • 企業用ホームページ…自社製品の紹介や、顧客の新規開拓が目的。
  • 通販用ホームページ…カタログ的に商品を並べて、販売するのが目的。
  • 趣味用ホームページ…自分の好きなことを記事にして紹介するのが目的。

ザックリ3つに分けましたが、様々な目的があると思います。実際には明確に分けることはできないかもしれませんが、紙に書きだしてみるなどして何のためのホームページなのか、目的を明確にしてみてください。(この作業は、最初に1回だけで行えば十分ですよ。)

このように目的が明確になれば、どんな内容が必要なのか、どんなデザインが良いのかなど、すべてがはっきりと見えてきますよ。なお、ここでは作り方が難しいと思われる、企業用や通販用などの商用ホームページについて説明していきます。

ホームページの内容を考えましょう。

目的がはっきりしたら、ホームページの内容を考えましょう。例えば、企業サイトで自社製品を紹介するのが目的であれば、カタログのように商品を全て紹介するのか、商品の魅力を知ってもらうために主力製品だけ紹介するのか、技術力を紹介するのかなど様々です。

つまり、明確化した目的から、具体的に何を発信すればよいのかを考えるんですね。例えば、「この商品は使い方を詳しく説明しよう」とか「動画で説明した方が良さそうだ」とか「特徴をしっかりと伝えよう」といった具合です。

商品やサービスに合わせて、分かりやすくなるように、発信する内容を考えましょう。

ホームページのページ構成を考えましょう。

内容が決まったら、ホームページのページ構成を考えましょう。例えば、企業用で作るのであれば、以下のような構成が考えられますね。

  • 自社の紹介
  • 従業員の紹介
  • 商品やサービスの紹介
  • アフターサービスの説明
  • お問い合わせフォーム

よくわからないときは、他社のホームページを参考にしてください。おそらく、最低限必要なページが見えてくると思います。この時ポイントになるのは、「自分がお客さんだったらどんなことが知りたいだろうか?」という視点を持つことです。

すると、必要なページが見えてきますので、より閲覧者の満足するページ構成にできます。大事なことは、自分が見せたいページではなく、お客さんが見たいページを作ることですよ。

画像(写真)を用意しましょう。

内容や構成が決まったら、画像(写真)を用意しましょう。画像は必須ではありませんが、有る方が間違いなく良いホームページになりますよ。というのも、文章による説明はどうしても限界があるからです。特に形があるものは、写真を見てもらったほうが手っ取り早いですからね。

ところで、画像には大きく分けて2つの役割があります。1つはすでに説明したように、内容をわかりやすくするためです。もう1つは、文章を読ませるためです。画像があると何となく文章が読みやすくなるんですね。文章メインのページは、冒頭に画像を1枚入れてみてください。

画像をすべて自分で用意できない場合は、検索してみてください。結構いろいろと無償で使える画像が見つかりますよ。ちなみに、使用できる画像形式は、jpg・gif・png の3種類だけです。使い分けは、写真が jpg、イラストが gif または png と考えれば、まず問題ないと思います。

参考:Google 検索 ⇒ 画像 無料

ホームページの作成方法を決めましょう。

おおよその内容が決まったら、ホームページの作成方法を決めましょう。基本は、HTML というホームページ用言語での作成です。しかし、プログラム言語を覚えるのに近いので、初心者にはおすすめしません。(もちろん、プロを目指すような方は、HTML を学んでください。)

そこで、初心者におすすめするのはワードプレス(WordPress)です。これは、ホームページのサーバーにインストールされているシステムで、文章と画像を挿入するだけでホームページが作れるものです。初心者では難しいデザインも、テーマ(テンプレート)を入れ替えるだけと簡単です。

また、ブラウザから操作できるので、インターネットに接続できる環境があれば、場所を問わずに作成・更新ができます。しかも無料で使えるので、非常におすすめです。

参考 詳しくはこちらで説明しています。

ホームページ作成ソフトは、ワードプレスがおすすめであることを説明しました。無料のホームページ作成ソフトをお探しの方に適しています。ワードプレスが非常に実用的であることを、具体例を挙げて詳しく説明しているからです。

デザインを決めましょう。

続いて、ホームページのデザインを決めましょう。デザインは、大きく分けると3種類あります。いわゆるカラムの数でわかれます。

  • 1カラム……ページ内に本文だけある。
  • 2カラム……ページ内に本文と1つのメニューバー(左右どちらか)がある。
  • 3カラム……ページ内に本文と2つのメニューバー(左右)がある。

一般的には、1カラムか2カラムのデザインが多いです。最近はスマホの影響で1カラムのデザインも増えているようですが、パソコンからの閲覧も考えると2カラムも大事です。詳しくは別ページで説明しているので参考にしてください。

ホームページのカラム数は、いくつが最適なのか説明しました。ホームページのカラム数に悩んでいる方に適した内容です。最適なカラム数だけでなく、目的に応じたカラム数や位置の使い分けについても説明しているからです。

ちなみにワードプレスの場合は、スマホとパソコンで表示を自動切り替えしてくれるので、2カラムのデザインを選べば無難だと思います。(最近のテーマなら対応しています。)

公開用のサーバーを決めましょう。

最後に、ホームページ公開用のサーバーについてお話しします。ホームページの公開には、必ずインターネットから自由にアクセスできる、サーバーと呼ばれるコンピューターが必要です。しかし、これを自前で準備するのは難しいので、通常はレンタルします。

今回はワードプレスをおすすめているので、ワードプレスが使えるサーバーをレンタルしましょう。ほとんどのレンタルサーバーで使えますので、費用や評判などを参考に検討してみてください。ところで、無料のサーバーもあるんですが、無料にはそれなりの理由がありますのでご注意を。

商用で使うのであれば、最初からレンタルすることを考えてください。無料サーバーは、正式公開前の練習として使うと、効果的だと思います。サーバーが決まったら、ワードプレスでホームページ作成を始めてみてください。あなたが思っている以上に簡単ですよ。

参考 100社レンタルサーバー比較

サーバーのレンタル費用は、ひと月あたり100円ぐらいからあります。この程度の投資で済みますから、自由度も考えればレンタルがおすすめです。

まとめ:ホームページ作成、重視すべきは内容です。

いかがでしたか?

ホームページ作成で、初心者が知っておきたい7つの手順を説明しました。目的を明確に、内容を考える、ページ構成を考える、画像(写真)を用意する、作成方法を決める、デザインを決める、サーバーを決める、などの7つの手順がありました。

このような手順を説明したのは、内容づくりを重視してほしいからです。冒頭でお話ししたように、せっかくホームページを作成しても見てもらえないのでは、意味がありません。見てもらうためには内容の充実、具体的には『閲覧者が必要としている情報』が非常に重要なんです。

多くの方が、デザインから入ってしまうので、今回あえて内容を重視した手順で説明しました。内容を最重視したホームページが作れれば、プロを超えることも可能です。紹介した手順を基に、みなさんに見てもらえるホームページを作成していただければ何よりです。

以上、「ホームページ作成、初心者が知っておきたい7つの手順。」と題して説明しました。