《ホームページ担当者を応援する、Web集客コンサルタントのブログ。》

ホームページ集客のノウハウ、知っておくべき7点。

ホームページ集客のコツ、知っておくべき7つのポイント。

ホームページ集客ノウハウで、知っておくべき7点を説明します。ホームページ集客のノウハウを知りたい方に適しています。単なる集客方法の説明だけではなく、コンバージョン率の向上を中心に詳しく説明しています。

なぜ、ホームページ集客のノウハウが重要なのか?

あなたは「ホームページ集客のノウハウが知りたい」という想いをもって、このページをご覧になっていると思います。確かに、集客がうまくいっているホームページを見かけると、ノウハウが知りたくなるでしょう。知ってほしいのは、『コンバージョン率』を向上するノウハウです。

コンバージョン率を向上するということは、ホームページ訪問者の内、お問い合わせなどのコンバージョン(反応)をした人の割合を高くするということです。では、なぜコンバージョン率が重要なのかというと、アクセス数を増やしただけでは、お問い合わせが思ったほど得られないからです。

どういうことなのか、以下の表を見てください。

数値で表した具体例
サイト アクセス数 コンバージョン率 お問い合わせ
10,000 0.5% 50件
5,000 1% 50件

※ アクセス数×コンバージョン率=お問い合わせ件数

上記表から分かるのは、1件のお問い合わせを得るのにaは200アクセス、bは100アクセス必要であることです。例えば350アクセスあった場合、aは1件、bは3件のお問い合わせがある計算になります。aのサイトは、非常に効率が悪いことがわかりますよね。

効率という点から、コンバージョン率を高くすることが重要であるとお分かり頂けるでしょう。そこで、ホームページ集客のノウハウとして、コンバージョン率を高くする方法をご紹介します。ポイントは以下の7つですので、それぞれ詳しく説明していきましょう。

ホームページ集客のノウハウ、コンバージョン率を高くする方法!

それでは、ホームページ集客のノウハウについて、コンバージョン率を高くする方法を詳しく説明していきます。

ホームページのターゲットを絞り込む。

コンバージョン率を高くするうえで、最初にやるべきことは、ホームページのターゲット(対象者)を絞り込むことです。ターゲットを絞り込むということは、ある特定の目的・問題・悩みを抱えている人に、注目するということです。

では、なぜターゲットを明確に絞るのかというと、内容を濃くして訴求力を高くするためです。多くの方は、対象範囲が広いと集客しやすいと考えていますが、それでは伝える内容が薄くなり、かえって集客しにくくなります。例えば、ミニバンを売ることを考えてみてください。

あらゆる方を対象にすると、『ミニバンは誰が使っても便利です』と抽象的な表現になります。しかし、幼い子どもがいる夫婦を対象にした場合は、『チャイルドシートが取付しやすい』とか『おむつを取り替えやすい装備がある』といった、ウリが具体的で明確になります。

このように、ターゲットを絞ることで訴求する内容が濃くなります。すると、特定の人に対して強く訴えられるので、コンバージョン率が向上しやすくなるわけです。

ターゲットの明確化は、最初に行わないと何も始められない、重要なポイントです。

参考 こちらで詳しく説明しています。

集客のターゲットについて、知っておくべき絞り方を説明します。読者対象は、集客のターゲットについて詳しく知りたい方です。集客ではターゲットをどのように考えればよいのか、絞り方を中心に説明しています。

検索ユーザーの問題解決を行う。

ホームページ集客は、検索ユーザーの問題解決が基本です。例えば、商品を説明したらそれで終わらず、便利な使い方やお手入れの方法など、ユーザーが知りたいことを積極的に発信します。また、自社の特徴や技術も単に紹介するだけでなく、それがユーザーの何に役立つのかを説明します。

では、なぜこのように問題解決を基本にするのかというと、検索は問題解決のため以外には使わないからです。検索は何か知りたいことがあるから行い、その答えがあると思うからホームページを訪れます。だから、ホームページは検索ユーザーの問題解決を行わなくはいけないんです。

このように、問題解決ができるホームページは、ユーザーを満足させます。満足すれば信頼感が生まれるので、コンバージョン率が高くなるわけです。

検索ワードを分析する。

コンバージョン率を高くするうえで欠かせないのが、検索ワードを分析することです。なぜなら、検索ワードを調べると、ニーズがわかるからです。検索は、問題解決のために行うので、検索ワードはニーズそのものと言っても過言ではありません。

また、ニーズの把握は、ホームページ集客の方向性を考えるうえでとても重要です。なぜなら、ニーズの無い商品や情報ではユーザーが関心を持たず、ホームページを見てもらえないからです。だからこそ、しっかりと検索ワードを分析して、ニーズを把握するんですね。

ちなみに検索ワードを分析すると、どのようなワードが存在し、それがどれくらいのボリュームで検索されているのかがわかります。例えば、「自分は○○が多いと思っていたけれど、実際には□□の方が多いなぁ。」といったように、自分の想いと現実との間のズレがわかります。

検索ワードを分析することで、ホームページ集客の方向性を間違えず、ニーズに沿ったものにできるので、コンバージョン率が向上しやすくなります。

集客商品を用意する。

コンバージョン率を高くするためには、集客商品を用意しましょう。なぜなら、漠然と「お気軽にお問い合わせください」としていても、お問い合わせは来ないからです。無料冊子や無料体験と言ったもので誘うわけですね。デパ地下の試食のようなものと考えればよいと思います。

ただし、集客商品の選び方には注意してください。なぜなら、商品やサービスには、コンバージョンを得やすいものと得にくいものがあるからです。その違いは何かと言えば、商品やサービスの入手を急いでいるかどうかです。人間は急いでいると、判断基準が変化するんです。

いつもなら値段や信頼性を重視している人でも、急いでいる時は今すぐ解決することを優先します。例えば、仕事用の重要データが格納されているハードディスクが壊れてしまった時、明日までにそのデータが必要だとしたら、どうするでしょうか?

もちろん、今日中にデータを取り出してくれる業者に依頼するでしょう。たとえ、それが他社の倍の料金であったとしても、「絶対間に合わせます!」と言われたら依頼しますよね。このように、急ぐもの(期限が近いもの)はコンバージョン率を高くしやすい商品やサービスであると言えます。

コンバージョン専用ページを用意する。

なるべく、コンバージョン専用ページを用意しましょう。一般的にランディングページと呼ばれるものですが、用意する理由は、専用ページがある方が明らかにコンバージョンを得やすいからです。逆に言えば、通常のページだけでは、コンバージョンを得にくいんです。

ランディングページがどのようなものかというと、コンバージョンを得るためにあらゆる仕掛けを施したページです。例えば、画像を多用して取っ付きやすくしたり、心理作戦を利用したりします。だから、専用ページはコンバージョンを得やすいんですね。

ランディングページは、先ほどの集客商品と組み合わせることで、コンバージョン率を最大化できます。流れとしては、検索でホームページにたどり着いたユーザーをランディングページへ誘導し、そこで問い合わせや申し込みといった反応を促します。

このように、専用ページを使って積極的に仕掛けることで、コンバージョン率を向上します。

参考 こちらで詳しく説明しています。

ランディングページ(LP)について説明します。読者対象は、ランディングページについて知りたい方です。ランディングページという言葉を初めて聞いた方でも確実に理解できるように、わかりやすく説明しています。

読み手とコミュニケーションを取る。

コンバージョン率を高くするためには、読み手とコミュニケーションを取ることが重要です。なぜなら、ユーザーとの間に信頼関係を築きたいからです。コミュニケーションをしっかり取って、信頼関係を築かないと、ユーザーはなかなか反応してくれません。

あなたも、信頼できない人に個人情報を公開したり、お金を払うのは嫌ですよね? だから、信頼を得るための工夫をするんです。具体的には、ライティングテクニックが関係します。単なる説明で終わらず、巧みに読み手を巻き込みながら、対話しているように説明します。

したがって、コンバージョン率を向上するためには、ユーザーとのコミュニケーションによる、信頼の獲得が欠かせないんですね。

デザインはシンプルで構わない。

みなさん、デザインについて気になりませんか? 実は、コンバージョン率の高いホームページは、意外とデザインがシンプルなんです。なぜシンプルなのかというと、コンバージョン率の向上に対する貢献度が低いからです。ちょっと意外かもしれませんが、紛れもない事実です。

デザインを売ることが目的なら話は別ですが、一般的な会社のホームページであれば、「デザインが2割で、内容が8割」です。デザインを良くすることは必要ではあるんですが、真っ先に取り掛かる部分ではないことが、これまでの話を振り返ればお分かりいただけると思います。

したがって、デザインよりも内容の作り込みを重視したほうが、はるかに効率よくコンバージョン率を高くできるんです。だから、デザインはシンプルで構わないんですね。ちなみに、ダサいデザインでも繁盛しているホームページが存在するのは、このような理由からなんです。

まとめ:コンバージョン率の向上を目指すべきです。

いかがでしたか? ホームページ集客のノウハウ、知っておくべき7点を説明しました。

今回ご説明したのは、ホームページのターゲットを絞り込む、検索ユーザーの問題解決を行う、検索ワードを分析する、集客商品を用意する、コンバージョン専用ページを用意する、読み手とコミュニケーションを取る、デザインはシンプルで構わない、などのポイントがありました。

ホームページ集客のノウハウとして、コンバージョン率を高くする方法を説明しました。なぜかというと、アクセスを増やすだけでは不十分で、効率が悪いからです。ホームページはアクセスが多ければ、それで集客になると思っている方が少なくありません。

もちろん、一定以上のアクセスが必要なのは間違いありませんが、コンバージョン率の向上がなければ、非常に効率が悪いと言わざるを得ません。アクセスを増やすと同時に、効率よくコンバージョンをアップすることが、重要であることをご理解いただければ幸いです。

以上、「ホームページ集客のノウハウ、知っておくべき7点。」と題して説明しました。

⇒ こちらの小冊子も読んでみませんか? (おかげさまで、とても好評です♪)

ホームページの集客率を3倍に上げる方法!

どんな業種のホームページでもお役立ていただける小冊子です。(特定の業種に偏らないように、配慮して書きました。)

江尻竜也

業績が伸びずお悩みの方、ホームページで集客しませんか?

メールによるご相談を、受け付けしております!

(経験豊富なWeb集客の専門家が、親身に対応させていただきますよ。)

※ただ今に限り無料ですので、何でも遠慮なくお話しくださいね。 ⇒ 無料メール相談