Instant WordPress の Apache をアップデートする。

Instant WordPress の Apache をアップデートする。

Instant WordPressApache をアップデートする方法を説明しました。Instant WP のサーバーのアップデートを行いたい方に適した内容です。やり方だけでなく、作業後にどのような効果があるのかについても説明しているからです。

Instant WordPress の Apache のアップデートとは?

あなたは、「Instant WordPress の Apache は、どうすればアップデートできるだろうか?」という疑問があって、このページをご覧になっていると思います。確かに、組み込み済みの Apache は、バージョンが古いので、アップデートの方法が知りたくなるでしょう。

ところで、なぜアップデートの必要があるのでしょうか? それは、新しいApacheではいくつかの不具合が修正されているからではないでしょうか。つまり、新しいバージョンにすることで、安定動作や高速化が望める可能性があるわけですね。

そこで、Instant WordPress の Apache のアップデート方法をご紹介します。

これ以降、Instant WordPress は『Instant WP』に省略させていただきます。

Instant WP の Apache、アップデートのポイント。

それでは、Instant WP の Apache、アップデートのポイントをご紹介します。

Instant WP の Apache のバージョンを確認。

最初に、Instant WPのApacheのバージョンを確認しましょう。Instant WP にもバージョンがあって、最新版は4.5ですが、これに含まれるApacheは2.2.15のはずです。また、Apache には32bit版と64bit版の2種類があって、こちらは32bit版です。

したがって、32bit版で2.2.15より新しいバージョンのWindows版Apacheを入手して、アップデート作業を行うという方針になります。

現在入手できる Apache のバージョンを確認。

現在入手できる Apache のバージョンを確認しましょう。Apacheはフリーのサーバーソフトで、本来であれば、The Apache HTTP Server Project のサイトからダウンロードします。ところが、ある時からWindows版は扱わなくなってしまいました。

しかし、Apache Lounge というサイトでWindows版Apacheを専門に扱っていますので、こちらから最新版をダウンロードします。ただし、最新版と言っても、2.2シリーズでないと簡単にはアップデートできないので、そちらを探します。

すると、32bit版の2.2.34というバージョンが見つかりますので、これをダウンロードしましょう。なお、すでにサポートは終了していますが、インターネット上に公開するものではないので、大きな問題はないでしょう。以下のページよりダウンロードできます。

For ever-growing group of (business) webmasters, developers, home-users and programmers running the always up to date Windows 32 bits binaries, modules and othe...

最新バージョンにアップデートする方法とは?

Apacheを入手したら、アップデート作業を行いましょう。作業自体はとても簡単で、Apacheのフォルダを最新バージョンと置き換えるだけです。具体的な作業は次の通りです。

  1. Instant WP が停止していることを確認する。
  2. エクスプローラーなどで、”\iwpserver\server\”フォルダを開く。
  3. ”Apache”フォルダの名前を変更する。(Apache_bak など)
  4. ダウンロードした”httpd-2.2.34-win32.zip”を上記フォルダに展開する。
  5. フォルダ名を”Apache”に変更する。

これで、アップデート作業が完了しました。万が一の不具合を考慮して、できる限り実験用環境を用意して行うか、上記手順のようにフォルダのバックアップを行ってください。作業が簡単なだけに、かえってちょっとした油断をして、失敗する恐れがありますからね。

作業が終わったら動作を確認する。

作業が終わったら動作を確認しましょう。動作確認に特別な方法はないので、単純に起動して動きを確認してみてください。普通に動いているようであれば、まず問題なくそのまま使えると思います。私も、現在の実験環境は、Apache を上記のやり方で更新してあります。

Instant WordPress GUI(起動画面)

かなり長い間使っていますが、まったく問題が起きていません。ただし、何か特殊なことをすると不具合が起きるかもしれませんので、十分注意して使ってください。

バックアップしたApacheフォルダは、念のため削除せずに保管しておくことをおすすめします。

アップデートによるメリットは?

Apache のアップデートによるメリットとは何でしょうか? もちろん、バージョンが上がるので細かい不具合が修正されています。ただし、実験環境に影響が出るほどのものはないと思います。というのも、ほとんどの修正がセキュリティアップデートだからです。

ただし、気のせいかもしれませんが、少しだけ動作が早くなったような感じがします。具体的に何秒短縮したとかというものではありませんが、なんとなく反応が良い気がするんです。おそらく、新しいバージョンだからという先入観でしょうけれど。

いわゆる「個人の感想です。」という、テレビの隅っこに出るやつですね(笑)。

付録:バージョン表記を修正するには?

付録として、バージョン表記の修正方法をご紹介します。起動画面のバージョン表記は、自動では更新されません。なぜなら、Apache のバージョンを自動的に読みっているわけではないからです。では、どのようにしているのかというと、設定ファイルの記述を読み込んでいるだけなんです。

それでは、気になる方もいらっしゃると思いますので、具体的なバージョン表記の修正方法を以下にご紹介します。

  1. Instant WordPress が起動していないことを確認。
  2. \system\config\ フォルダを開く。
  3. iwp.ini ファイルを見つけてエディタで開く。
  4. 以下の記述を見つける
    apache_ver = “Apache/2.2.15 (Win32)”
  5. 数字部分をインストールしたApacheのバージョンに合わせて書き換える。
  6. 上書き保存する。

これで、起動画面のバージョン表記が変更されました。起動して確認してみてください。

Instant WP Apache バージョン表記修正

まとめ:バージョンアップの効果は微妙です。

いかがでしたか?

Instant WordPress の Apache をアップデートする方法を説明しました。方法はとても簡単で、ダウンロードした最新バージョンと置き換えるだけでした。たったそれだけなので、ファイル操作ができれば、誰でもできるような内容だったと思います。

なお、繰り返しますが、最新版にアップデートしても特に何も変化はありません。動きが良くなったように感じますが、先入観によるプラシーボ効果のようなものだと思われます。特に必要がない限りあまり意味はないでしょうね。

したがって、ある特定の問題が発生し、アップデートしないと動作しないといったような問題が無い限りは、そのまま使い続けることを推奨します。もちろん動作保証はもともとないので、個人の判断で対応していただければよいと思いますよ。

以上、「Instant WordPress の Apache をアップデートする。」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、ホームページ集客の『無料メール相談』を利用してみませんか? 改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

ホームページ集客の『無料メール相談』