InstantWP 5.3の使い方、7つの超重要ポイント!

InstantWP 5.3の使い方、7つの超重要ポイント!

InstantWP 5.3使い方について、7つの超重要ポイントを説明しました。WordPressの、ローカルテスト環境を探している方に適した内容です。インストール方法から、動作しないときの対策まで説明しているからです。

InstantWP 5.3なら、WordPressをローカルで使えます。

「WordPressをローカルで使える環境があると便利だよなあ。」と思いませんか? 事前にローカルで使うことができれば、事前テストが可能なので、ホームページ作りがとても楽になりますね。そんな時便利なのが、フリーソフトの InstantWP 5.3 です。

InstantWPは、ローカル環境つまり自分のパソコン上でWordPressを使うことができるので、事前テストにうってつけなんです。なお、以前のバージョンである 4.5 については、すでに詳しく説明しているので、ここでは最新バージョンである InstantWP 5.3 について説明しましょう。

バージョン4.5以前の名前は「Instant WordPress」でしたが、どうやらバージョン5以降は「InstantWP」に改名したようです。

InstantWP 5.3を使うときのポイント。

それでは、InstantWP 5.3を使うときのポイントを説明しますが、ここではインストールと初期設定を中心に説明します。というのも、いったん使えるようになったら、あとはWordPressの使い方だからです。

InstantWPのダウンロード。

まず、InstantWPのダウンロードを行いましょう。以下のサイトからダウンロードします。

  1. instantwp.com にアクセス。
  2. 左のメニューから[Downloads]を見つける。
  3. [Downloads]をクリックして開く。
  4. 各自のOSに合わせて[InstantWP Current ○○ Release]をクリックする。
  5. ファイルのダウンロードが開始される。(例:IWP-v5.3.4-Win.zip)

これでダウンロードが完了します。280MBを超えているので、遅い回線の場合はしばらく時間がかかると思います。

これ以降、Windows用InstantWPの説明になりますので、ご了承ください。

InstantWPのインストール。

続いてInstantWPのインストールを行います。いわゆるインストールという作業は必要なく、ダウンロードしたzipファイルを展開するだけです。なお、展開後は容量が 440MBを超えるほどに膨れ上がりますので、ディスクの空き容量には注意してください。

もし、容量を節約したい場合は、Windows の圧縮機能を使うことで、2~3割程度の縮小ができると思います。

初期設定の方法。

インストール作業が終わったら、使用できるようにするための、初期設定を行います。設定と言っても順番に進めるだけなので、特別難しいことはありませんよ。

  1. 展開したフォルダ内の[Start-InstantWP.bat]をダブルクリックする。
    ※ システムの起動に約1分間かかりますので、しばらく待ちます。
  2. 画面が表示されたら、右下の[Next]をクリック。
    Welcome to InstantWP! 1
  3. 同じような画面が表示されるので、そのたびに[Next]をクリック。
  4. 以下の画面が表示されたら、右下の[Close and Don’t Show Again]をクリック。
    Welcome to InstantWP! 5
  5. [InstantWP Control Panel]が表示されれば設定完了。
    InstantWP Control Panel

これで、初期設定が完了しました。次回からは[Start-InstantWP.bat]をダブルクリックすると、最初から[InstantWP Control Panel]が表示されます。(4番の手順で[Close]をクリックすると、次回も説明画面が表示されます。)

InstantWP Control Panel の使い方。

InstantWP Control Panel(コントロールパネル)の使い方について、簡単に説明します。

知っておくべきなのは、2つだけです。[WordPress Frontpage]と[WordPress Admin]の2つの役割がわかるだけで、使うことができます。

InstantWP Control Panel

  • [WordPress Frontpage]…IEでWordPressサイトのトップページが表示されます。
  • [WordPress Admin]………IEでWordPressのログイン画面が表示されます。

なお、終了はIEを閉じた後、右下の[Quit]ボタンか右上の[×]をクリックします。ちなみに、終了についても30秒ほど掛かりますので、気長にお待ちください。

WordPressへのログイン方法。

コントロールパネルで[WordPress Admin]をクリックして、ログイン画面を表示すると、以下のように[ユーザー名]と[パスワード]を入力する状態になります。

InstantWP Login

それぞれ入力する文字列は、以下の通りです。

  • [Username or Email Address]の欄… admin
  • [Password]の欄………………………… password

それぞれ入力したら[Log In]をクリックします。これで、WordPressにログインするので、各種操作ができます。

WordPressの日本語化の方法。

ログイン画面でわかるように、初期状態は英語なので、これを日本語化します。手順は次の通りで、設定を切り替えるだけです。

  1. ログイン直後の画面で、左下の[Settings]を見つける。
    InstantWP 英語画面
  2. [Settengs]をポイントし、[General]をクリック。
    InstantWP Settings
  3. 一番下にある[Site Language]で[日本語]を選択。
    InstantWP 日本語化
  4. [Save Changes]をクリック。
  5. 表示が日本語に切り替わる。

これで、日本語表示に切り替わりました。なお、[タイムゾーン]が表示されている場合は、日本時間に合わせるために[UTC+9 ]に切り替えます。また、WordPressを日本語で使用する場合の、不具合を抑えるプラグインである[ WP Multibyte Patch ]のインストールもお忘れなく。

参考 プラグインのインストールについては、以下のページで詳しく説明しています。

WordPressプラグインのインストール方法を説明しました。WordPressのプラグインについて、入手方法やインストール方法を知りたいという方に適した内容です。インストール方法だけでなく、アンインストール方法も紹介しました。

InstantWPがうまく動作しないときは?

現在のところ、うまく動作しないときの対処方法はわかっていませんが、InstantWPのバージョンをダウンすることで対策できるようです。実際に私の環境では、5.3.5や5.3.6はコントロールパネルでボタンが反応せず、使えませんでした。

しかし、前バージョンである5.3.4であれば、正しく動作しました。したがって、うまく動作しないときは、バージョンをダウンしてみてください。どうやら、InstantWP5.3シリーズは、まだ安定性が高くないようですね。システムが大幅に変わったので、やむを得ないでしょう。

InstantWP の[Download]ページにある、[GitHub]へのリンクを開いてみてください。そちらから、以前のバージョンがダウンロードできますよ。

付録:InstantWPのアンインストール方法は?

InstantWPのアンインストール方法はとても簡単です。フォルダごと削除するだけです。レジストリに対して、設定など何かを書き込むようなことはしていないので、とても簡単です。もちろん、削除したらすべてが消えますので、よく確認したうえで行ってください。

まとめ

いかがでしたか?

InstantWP 5.3の使い方について、7つの超重要ポイントを説明しました。InstantWPのダウンロード、インストール、初期設定の方法、Control Panel の使い方、WordPressへのログイン方法、日本語化、うまく動作しないとき、などの説明をしました。

最新バージョンのInstantWPは、起動と終了にやや時間がかかるものの、WordPressをローカルで簡単にテストできるところは健在です。しかも、WindowsとMac両方で使えるようになったのも朗報ではないでしょうか。ただし、動作の安定性については、まだ注意が必要みたいですね。

以上、「InstantWP 5.3の使い方、7つの超重要ポイント!」と題して説明しました。