オープンキャンパスのやり方、集客力を上げるには?

オープンキャンパスのやり方、集客力を上げるには?

オープンキャンパスやり方で集客力を上げる方法を解説しました。何をすればいいのかやり方に悩んでいる学校関係者のお役に立つ内容ですよ。ほとんどの学校が見落としている、欠かしてはいけない重要なポイントを紹介しているからです。

なぜオープンキャンパスのやり方が重要なのか?

なぜオープンキャンパスのやり方が重要なんでしょうか? それは、参加者を多く集めて出願に結び付けたいからですよね。ところが、思ったほど学生が集まらなかったり、たくさん来てくれても、そこから出願に至らなかったりと思ったほどの成果が上がらない場合も多いはず。

では、どうすればうまくいくのかというと、参加者が知りたいことを説明するのが良いやり方です。ところがほとんどの場合、学校側が説明したい内容を説明しているだけではないでしょうか。集客という観点で考えると、残念ながらそれでは非常にまずいんです。

そこで、どんなオープンキャンパスを開催すれば、集客力が高く出願につながるようになるのか、できるだけ具体的にお話ししましょう。

オープンキャンパスのやり方5つのポイント。

それではオープンキャンパスのやり方のポイントを説明します。やるべきことを5つ説明したので、しっかりと読み込んでください。

オープンキャンパスでやるべきこととは?

オープンキャンパスでやるべきこととは、ありのままの姿を見せることです。決して学校をよく見せることではありません。うわべだけ繕っても、参加者には簡単に見透かされてしまいます。もっと言えば、参加者が知りたいことを見せるべきなんです。

参加者がどんなことを知りたいのかよく考えてみてください。あなたが参加者だったらどんなことを知りたいですか? ある程度のことはパンフレットで分かるはずだから、そこには出てこないような情報を知りたいですよね。やや漠然としていますが、少なくとも雰囲気は知りたいはずです。

なので、何よりもまずは参加者が知りたいことが分かるような内容にすべきなんです。

どれくらいの時間が適当なのか?

ちょっと細かい話になりますが、オープンキャンパスをどれくらいの時間開催したらいいのかです。内容にもよるでしょうが、おそらく2時間が限界だと思います。もちろん途中に休憩をはさむ必要がありますが、集中力が続く間に内容をこなすべきでしょう。

ですが、詰め込みは意味がありません。参加者の立場に立って考えてもらえれば分かりますが、短時間の間にいろいろなことをやっても慌ただしいだけで、結局何も記憶に残りませんからね。内容は1つぐらいに抑えてじっくりとやる方が印象は強くなるでしょう。

つまり、学校が訴求したい情報を伝えるのに時間をかけるのではなく、参加者が知りたいことを理解するのにちょうどよい時間配分を考えてください。

楽しい内容なら集まるのか?

オープンキャンパスは楽しい内容にしなくてはいけないと、なんだか強迫観念のようなものを持っていませんか? もちろんお葬式のように暗く悲しいものをやってしまってはマズイですが、少なくとも楽しさを無理やり演出するのは避けてください。

参加者が知りたいのは、学校の本当の姿です。それをあらゆるところから嗅ぎ取ろうとしているんです。なので、無理して楽しそうにしても意味がありません。繰り返しになりますが、学生は、知りたいことがあるから参加したんです。決して楽しいから参加しているんじゃないんですよ。

学校の雰囲気が分かるように、できるだけそのまま現状を見せるべきでしょう。明るく楽しい学校もあれば、静かでまじめな学校もあるはずです。当然、人によって好みがありますから、参加者自身に合っているかどうかが分かるようにすべきなんです。

このように、楽しい内容にこだわるのではなく、参加者が知りたい本来の姿を理解できるようなオープンキャンパスを目指すべきなんですよ。

広報の仕方はどうすればいいのか?

広報の仕方についてですが、ホームページでもチラシやポスターでも関係なく、できるだけ細かく説明してください。

  • どんなことをするのか?
  • どこでするのか?
  • 何時から始まって何時に終わるのか?
  • 持ち物は必要なのか?
  • 必要に応じて相談に乗ってくれるのか?

など、ちょっと考えるだけでも5つぐらいはすぐに思いつくでしょう。実際には10を超えるような数になると思います。生徒は大人が考え付かないようなことに不安を抱えているものなので、どれだけ生徒目線に立てるかがポイントです。つまり、徹底的に不安を払しょくしてほしいんですよ。

なお、細かく説明するとオープンキャンパスに来なくなるのではないかと思うかもしれませんが、それは違います。論法としては、「これだけ細かく説明しても、ホームページや紙面では伝えきれないことがあるのでオープンキャンパスに参加してください。」とするんです。

この方が確実に説得力があるはずですよ。実際に、体験型のものや学校の雰囲気は伝えようがないですから、生徒もオープンキャンパスに参加せざるを得ないんですね。このように、できるだけ詳細な説明で広報をしてください。

どうやって学校をアピールするのか?

どうやって学校をアピールするのかというと、実はそんなに積極的にやる必要はないんです。なぜなら、生徒はホームページやパンフレットで学校の特徴をすでに知っているからです。オープンキャンパスを複数の内容で用意すれば、生徒は興味のあるものだけに参加するはずですよ。

参加者の要望は一貫しています。ネットやパンフレットからでは分からないことを知りたいんです。つまり、学校の本当の姿を見に来ているので、参加者が知りたいと思っている、外からは見えない部分がよく分かるオープンキャンパスにしてほしいんですよ。

せっかく参加してくれた学生を置き去りにしていませんか? オープンキャンパスは、学校を紹介するイベントだと思い込んでいる方が多いので、学校側としては積極的にアピールしたいでしょう。でもそれは決して成果につながりません。参加者の要望とは違うからです。

したがって、学校をアピールすることを考えるのではなく、参加した生徒が知りたいと思っていることに答える内容にしてください。

まとめ:考え方を変えましょう。

いかがでしたか?

オープンキャンパスのやり方で集客力を上げるには、参加する学生をお客さんとして考え、どれだけお客様目線で対応できるか、それこそが最も重要なポイントなんです。と言っても、もちろん接待とは全く違います。あくまでも、生徒が知りたいことを学校が教える、ただそれだけなんですよ。

繰り返しますが、オープンキャンパスは参加する学生のために行ってほしいんです。確かに、お祭りのように楽しい内容にしたら参加者は増えるかもしれません。でもそれは、お祭りに興味があるのであって、学校に興味があるわけではないんです。つまり、入学の可能性はとても低いんですよ。

出願してくれる学生をたくさん確保するためには、『参加者のためのオープンキャンパス』を開催することです。ぜひ、参加者の知りたいことに誠実に答えてあげてくださいね。

以上、「オープンキャンパスのやり方、集客力を上げるには?」と題してお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点がわかるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談