トヨタの強みを集客的に分析すると? – 3.技術編

トヨタの強みは表現力にあり! - 技術力編

トヨタの強みを集客的観点で分析し、技術の面から説明しました。トヨタがなぜ販売面で好調なのか知りたい営業職の方や経営者はご覧ください。トヨタの強みを解説しただけでなく、どのように集客に応用すればいいのかを分かりやすく紹介しました。

トヨタの強みを技術面から見る意味とは?

現在のトヨタは販売力だけでなく、高い技術力でも世界をリードしています。あなたも、「トヨタの強みは技術だろうか?」と疑問をもってこのページにたどり着いたと思います。昔の、品質が良くなかった時代のトヨタを知っている方には、信じられないかもしれませんね。

でも、その技術は他のメーカーとは少し違った内容のものです。もう少し具体的に言うと、トヨタの強みはお客様目線の技術にあります。そこで、トヨタの強みである『お客様目線の技術』とは何なのか、『集客』の観点に絞って解説していきます。

トヨタの強みを集客的に分析し、技術面から説明。

それでは、トヨタの強みを集客的に分析し、技術面から説明していきましょう。実際の例を基に、ライバルメーカーとも比較しながら、分かりやすく解説しました。

お客様と技術の関係とは?

メーカーは常に技術開発をして、良い製品を作ろうと日々努力しています。お客様も技術革新にはそれなりの興味を持っていると思います。そこで、お客様と技術の間にどんな関係があるのか考えてみたんですが、「開発される技術は誰のためにあるのか?」というところに突き当たりました。

例えば、日産とトヨタを比較すると、開発している技術にそれぞれ特徴があって「どちらも一理ある考え方だなあ。」と思うんですが、販売という点ではトヨタの方が優勢です。なぜそうなるかというと、よりお客様が望む技術を開発しているからなんですね。

そこで、トヨタの開発した技術の、どこがお客様のニーズを押さえているのか考えてみましょう。

お客様が望む技術とは?

車に対してお客様が望む技術とは何でしょうか? 分かりやすくするために日産とトヨタの開発した技術をそれぞれ例にとって考えてみます。

日産が開発した技術とは?

日産が開発した有名な技術は、マルチリンクサスペンション、電動スーパーHICAS、トロイダルCVTなど走りに関係する技術がとても多いです。車好きにはたまらない技術ばかりで、どんな車種でもスポーティな走りを見せます。なので、マニアや評論家からはとても高い評価を得ました。

ところが、現在ではこれらの技術を前面に押し出すことはなくなりました。中には採用されなくなった技術もあるくらいです。単純に「コストがかかるから」という理由が大きいんでしょうが、お客様からの要望が多ければ、価格が多少高くなっても採用され続けると思うんですよね。

トヨタが開発した技術とは?

トヨタが開発した有名な技術は、カンバン方式、ハイブリッドシステム、ぐらいでしょうか。名前はないですが、エアロパーツは低価格でスタイリッシュなものがかなり充実していますね。これらが示しているものは、コスト削減、低燃費、デザインの良さ、などですね。

新しい提案をして車の未来を作るというよりは、お客様の要望である、低価格で低燃費でカッコいい車を提供するということに軸があることが分かりますね。もちろん、走り系の技術も開発しているはずなんですが、正直思いつかないんですよねぇ...(汗)。

お客様の望みは走りの良さではなかった

分かりやすくするために、多少極端に例示しましたが、日産とトヨタの方向性の違いがお分かりいただけたと思います。なんとなく、日産は自分たちの作りたい車を、トヨタはお客様が望む車を作っていると感じませんか? これが、玄人の評価が高い車と売れる車の違いです。

優れた技術の車はマニア受けはいいんですが、一般のお客様はよく分からないから重視しません。この方向性を決定づけたのは、日産の電動格納式ドアミラーという発明なのではないかと思うんです。当初、トヨタはそんなもの不要だと言っていたのに、今では当たり前の装備ですからね。

電動格納式ドアミラーは完全にユーザー目線の技術で、「駐車時にドアミラーは邪魔になるから簡単に畳めると便利だよね」という発想です。つまり、売り上げを伸ばすためには、徹底してお客様が望む技術を開発することだと、日産の発明を見てトヨタは確信したんじゃないかと思うんですよ。

本当にお客様のための技術なのか?

ここ最近は、トヨタの技術がどんどん世の中に受け入れられていますが、日産の技術が不要なのかといえばそんなことはありません。非常に評価が高く世界で日産だけが持つ技術も数多くあります。ただ、「本当にお客様のための技術なのか?」と問われると少し違うように感じてしまいます。

そこで検証のために、さらに別の具体例を見ていきましょう。

トヨタはバンパーを2分割した

少し前の話なので、現在どうなっているのか不明ですが、トヨタはコストを度外視してバンパーを上下2分割にしたことがあります。お客様のためなんですが、なぜだか分かりますか? 単純に、バンパーの修理費用が安く済むからなんです。

壊してしまった時に、バンパー全体を交換すると費用が高いけれど、壊れたところだけを交換すれば安く済みます。修理といっても擦り傷以外は、交換になることも多いですからね。それで、バンパーを丸々1個交換するユーザーのほとんどが、同じような部分を壊していたそうなんですよ。

だったら、壊れたところだけを交換できるように、分割すればいいんじゃないかという発想になったんだとか。1個の部品としてみるとコストは上がるので、車の価格も上がりますが、修理の際には費用が半分で済むわけなんですね。

コストを上げたほうがユーザーの支払いが半額になるなんて、メーカーの立場で考えていたら、決してたどり着かないところですよね。

日産の技術はマニアや玄人に人気

先ほどもお話ししましたが、日産の技術はマニアや評論家のような玄人に人気が高いです。もちろん玄人の方もお客様です。でも、どんなに技術的にすごいと言われても、一般のお客様にはピンときません。技術用語を並べたてられても、チンプンカンプンだからです。

つまり、技術が自分(お客様)にどう関係するのかが想像できないんですね。だから、「ふ~ん」みたいな感じのリアクションになってしまうんです。つまり、技術のレベルが高いか低いかではなく、技術から得られるメリットがお客様に伝わっていないんですよ。

メリットを伝えるためには?

だったら、「日産もトヨタのような技術を作ればいいんじゃないか?」と思われるかもしれないですが、そうではないんです。それこそメーカーにとって、技術は他社との重要な差別化ポイントです。なので、技術がお客様にとってどれほどメリットがあるのかを伝えればいいんです。

例えば、「マルチリンクサスペンション搭載はこのクラス初!」とするよりも、「乗り心地が良いうえにスポーティに走れるのはこのクラス初!」とすべきでしょう。このように言い換えれば、何のための技術なのかが分かりやすくなりますからね。

※ 伝え方については、こちらで詳しく説明しています。

伝えるための技術について説明しました。自分の考えや感想を相手に伝えるためにどうしたらよいか調べている方に適しています。どんなことに気を付ける...

トヨタの技術を集客で考えてみる

トヨタの技術はお客様のために開発されています。なので、車が売れるのは当たり前なんです。ただ残念なのは、走りへのニーズが少ないからと言って、車に運転する楽しさを持たせてこなかったことです。でも、社長が変わってからは、運転する楽しさの部分も徐々に持ち始めていますね。

ニーズを徹底追及すると、確実に商売を成功させることができます。ただ、やりすぎると失うものもあるので、そこはバランスを取る必要があります。ホームページ集客がうまくいっていない方は、トヨタの例を参考にニーズ把握の努力をしてください。おそらくそれが確実な方法ですから。

まとめ:ニーズ把握の努力を惜しまないでください。

いかがでしたか?

全3回にわたってトヨタの強みから集客を考えてみました。一貫して見えてくるのは、すべてがお客様のニーズに従っているという点です。ほとんどのホームページが、自分のことしか書いていないという事実を考えると、集客できないのは当然なんですね。

ただ、当事者がお客様のことを考えるのは、実はかなり難しいことです。分かっているなら、すでにできているはずですからね。もし自力では無理だと感じたら、第三者の目線を頼ってください。きっと的確なアドバイスを受けることができますから。

以上、「トヨタの強みを集客的に分析すると? – 3.技術編」と題してお話ししました。

※ 販売戦略編とメンテナンス編はこちらです。

記事はお役にたちましたか? 当サイトはページが比較的多い(⇒ 全ページの一覧)ので、いっぺんに読むのは大変です。お気に入りに登録して、数回に分けて御覧になることをお勧めしますよ。

「ホームページを何とかしたいけど、いきなり依頼するのもなぁ。」と思われた方、でしたら『集客の無料相談』を利用してみませんか? ホームページの問題点が分かるので、改善のヒントが得られるだけでなく、サービスの事前体験にもなりますよ。

集客の無料相談