ホームページリニューアルの、業者を選ぶ時の基準とは?

ホームページリニューアル、7つの超重要ポイント!

ホームページリニューアルの、業者を選ぶ時の基準を説明しました。ホームページのリニューアルを検討している方に適した内容です。依頼する業者の判断基準について、知っておくべきポイントを詳しく説明しているからです。

なぜホームページリニューアルの業者は、集客が重要なのか?

あなたは、「ホームページリニューアルの、業者の選び方が知りたい」と考えたために、このページにお越しになられたのだと思いますが、なぜリニューアルを検討されているのでしょうか? おそらく、「そろそろリニューアルの時期だな」と思われたからでしょう。

確かに、デザインが古くなったからとか、定期的に行っているからという場合は多いですが、その根底には集客力を上げたいという想いがあるはずです。ですが、ここで問題になるのが業者の選び方です。依頼する業者を適切に選ばないと、集客力アップは難しいと思います。

なぜなら、ホームページの作成技術ではなく、集客の実力をもっている業者を見極めなくてはいけないからです。そこで、集客力をアップできる業者の、選び方として、判断基準のポイントを詳しく説明します。

リニューアル業者の選び方、判断基準7つのポイント。

それでは、リニューアル業者の選び方について、判断基準のポイントを説明します。ポイントは7つありますので、しっかりと目を通して見極めてください。

反応率の改善を目的にしている業者。

集客力をアップできる業者は、反応率の改善を目的として、あらゆる対策を行います。なぜなら、反応率を高くした方が、効率よくお問い合わせや販売が増やせるからです。例えば、お問い合わせの数を倍にするときは、普通ならアクセス数を倍にしないといけません。

しかし、アクセス数を倍にするというのは、かなり大変です。

数値で表した具体例
サイト アクセス数 反応率 お問い合わせ数
10,000 0.5% 50件
5,000 1% 50件

※ アクセス数×反応率=お問い合わせ数

お分かりですか? アクセス数が半分でも、反応率が倍ならお問い合わせ数は同じです。同じ数のお問い合わせでも、その中身はまるで違うことがわかりますね。つまり、反応率の高いbの方が効率よくお問い合わせを得ていることが、ご理解いただけるでしょう。

したがって、反応率を高くしようとする業者は、非常によくホームページ集客の実力があると言えますので、判断択基準にしてください。

対象者の絞り込みを行う業者。

対象者の絞り込みは非常に重要です。対象者の絞り込みとは、ホームページにアクセスするユーザーを、ある特定の人に限定することを指します。なぜ特定の人に限定するのかというと、ホームページの方向性を決めて、内容を濃くしたいからです。

例えば、街角で「みなさん」と呼びかけるよりも、「○○でお困りのみなさん」とした方が明らかに足を止めてもらえます。つまり、特定の問題を抱えている人に、焦点を絞るんです。こうすることで非常に強く訴求できます。実はこれが、集客の基本です。

ところが、集客を知らないと、パイが減るのは悪いことだと思ってしまい、対象者を絞り込むことはできないんです。もちろん、どのような人に絞り込むのか知識が必要ですが、対象者の絞り込みができる業者は集客の実力がありますので、判断基準にしてください。

参考 こちらが参考になります。

ホームページの改善で、押さえておくべき7点を説明しました。ホームページを改善して、集客力をアップしたい方に適した内容です。戦略の見直しをターゲットの絞り込みという、集客の基本から詳しく説明しているからです。

Webマーケティングでデータを収集する業者。

Webマーケティングでのデータ収集は必須です。これは、検索ワードを分析して需要の多いものを調べることを指します。なぜデータ収集が必要なのかというと、方向性を間違わないようにするためです。需要が無いことをやっても、商売になりませんからね。

データを基にすれば、正確にニーズがつかめます。ニーズが正確につかめれば、対象者の絞り込みもしやすくなります。なぜなら、検索ワードのボリュームとして、対象にすべき人物像が明確に現れるからです。集客をカンに頼らず、データを基に行うべき理由は、ここにあります。

したがって、ホームページリニューアルの元ネタとして、Webマーケティングによるデータ収集を行う業者は集客の実力がありますので、判断基準にしてください。

SEOをコンテンツ対策で行う業者。

SEOをコンテンツで対策するのは重要です。これは、ホームページを Google検索で上位表示させるために、内容の充実、つまりコンテンツの作り込みで対策するということです。要するに、検索ユーザーに対して、役立つ情報発信を行うということでもあります。

アクセスが少ないサイトの場合は、SEO対策によってアクセス数を増やすことも、成果を出すうえで重要な戦略の一つです。なぜなら、どんなに反応率を高くできても、アクセス数が極端に少ないのでは、集客の見込みが立たないからです。

ところで、なぜ技術的対策ではなくコンテンツ対策なのかというと、上位表示することとアクセスしてもらうことは別だからです。ある検索で1位になったとしても、2位や3位の方が魅力的なら、多くの方はそちらにアクセスします。上位に表示するだけでは足りないんですね。

魅力あるコンテンツを作ることで上位表示し、確実にアクセスを増やしたいわけです。このように、SEOをコンテンツ対策で行う業者は集客の実力があると言えますので、判断基準になるでしょう。

参考 こちらが参考になります。

ライティングテクニックがある業者。

集客を理解している業者は、ライティングテクニックがあります。簡単に言うと、非常に説明がうまいということが言えるでしょう。これは、先ほどのコンテンツ対策にも通じますが、単純に説明がうまいだけではダメなんです。明確に、テクニックを理解している必要があります。

テクニックを具体的に言うと、

  • 読み手を説得できる、文章の論理構造。
  • 読み手とコミュニケーションが取れる文章。
  • ベネフィットによる訴求。

などのポイントがあります。これらが無いと、反応率を上げることができないし、コンテンツ対策によるSEOもできません。つまり、SEO対策とライティングテクニックの間には、明確に相関関係があるということです。

このように、ライティングテクニックがある業者は、集客の実力があると言えるので、判断基準にすべきでしょう。

参考 こちらが参考になります。

ホームページの原稿作りで、知っておきたい7点を説明しました。ホームページ集客に役立つ、原稿の作り方を知りたい方に適した内容です。単なるテクニックだけでなく、伝えることの本質についても説明しているからです。

集客力のあるデザインを理解している業者。

集客力のあるホームページデザインを、理解していることは重要です。なぜなら、単純にカッコいいデザインやおしゃれなデザインでは、集客力に貢献しないからです。集客力をアップするためには、書かれている内容を読みやすくし、理解しやすくすることを重視すべきです。

したがって、どのように見せるかではなく、どのように理解させるかという視点が必要なんです。例えば、画像1枚にしても、「なぜここに挿入するのか、この画像の意味は何か?」と言ったことが理路整然と説明できなくてはいけません。

何となく華やかでカッコいいということでは、集客は無理だと言わざるを得ないでしょう。ただし、集客に対するデザイン自体の貢献度は、さほど大きくありません。したがって、デザインよりも内容の充実に力を入れている業者は集客の実力がありますので、判断基準にしてください。

参考 こちらが参考になります。

ホームページで集客する際の、デザインの問題点を説明します。読者対象は、ホームページ集客をデザインを中心に行っている方です。デザインで集客力を上げるには何をすべきなのか、具体例を示して解説しています。

集客のアイディアを積極的に提案してくる業者。

集客について理解している業者は、集客そのもののアイディアを、依頼主に対して積極的に提案してくれます。おそらく、ここが単なる制作会社との大きな違いです。例えば、「この商品は○○という特性があるので、このようにアピールしましょう。」といった具合です。

また、「このようなイベントを開催して、それをホームページで告知してはいかがですか?」といったように、アイディアをいろいろと提案してくれるものです。これは、集客を知っているからこそできることです。ホームページの作り方しか分からない制作会社では、ここまでは無理でしょう。

このようなアイディアは、過去の経験や知識だけでなく、Webマーケティングで得たデータもうまく使って生み出されます。なぜなら、データの分析結果から、商品に対するニーズがわかり、売り方も自然と見えてくるからです。

このように、集客について本当に実力がある業者は、ホームページ作成だけでなく集客のアイディアを出せるのも特徴です。ぜひ判断択基準にしてください。

まとめ:集客のアイディアを、提案できる業者を選びましょう。

いかがでしたか?

ホームページリニューアルの、業者を選ぶ時の基準を説明しました。反応率の改善が目的、対象者の絞り込み、Webマーケティングでデータ収集、SEOをコンテンツで対策、ライティングテクニック、集客力のあるデザインを理解、集客のアイディアを提案、などがありました。

繰り返しになりますが、ホームページリニューアルでは業者選びが重要です。リニューアルの一番の目的は集客力アップですから、それが可能な業者を選ばなくてはいけません。集客力をアップできる実力がある業者は、集客のアイディアを積極的に提案できるだけの知識があります。

おそらくそこが、業者を見極める最も重要な判断基準になるでしょう。デザインだけ、SEOだけでは集客力アップを図るのは難しいことを、忘れないでください。集客の実力がある業者を選んでいただき、集客力のあるホームページへリニューアルしていただければ幸いです。

以上、「ホームページリニューアルの、業者を選ぶ時の基準とは?」と題して説明しました。