ホームページ集客の用語集

ホームページ集客の用語集

ホームページ集客用語を説明しました。専門用語や業界用語の意味を確認したい方に、適しています。単純に意味を説明しただけでなく、実際の使われ方や関連ページについても紹介して、理解しやすくしているからです。

ホームページ集客の用語集とは?

ホームページ集客の用語集とは、ホームページ集客の専門用語や当サイト特有の意味合いで使っている言葉について、知ることができるように説明したものです。ホームページ集約の際の用語が分からずお困りの方にはとてもお役に立つと思います。

特に、集客に関連した用語を説明ました。当サイトにホームページ作成をご依頼いただく方は、事前に用語を理解しておくと、実際の作業時に意味が分からず困るようなことが無くなりますよ。

ホームページ集客の用語一覧

それでは、ホームページ集客の用語を一覧で解説していきます。

PPC広告

PPC(Pay Per Click の略)は、インターネット広告の一種で、クリックされると費用が発生する仕組みのことを指します。検索キーワードに合わせて検索結果に表示される広告で、一位表示されたリンクのさらに上に出るリンクや右側に並んでいるリンクがそれです。

※ 参考ページ

ネットで広告を出すときに、知っておきたい7点を説明しました。ネットに広告を出そうか、検討している方に適しています。ネット広告で失敗しないために、何をすべきなのか、基本的な知識だけでなく戦略まで説明しているからです。

SEO

SEO(Search Engine Optimization の略)は、ある特定の検索キーワードで上位表示されるように対策を講じることを指します。一般的には上位表示のみを狙うものが多いですが、それだけではアクセス数は思ったほど伸びません。

そこで、当サイトではユーザーの視点に立った SEO を提供することで、クリックしたくなるような施策を行っています。

※ 参考ページ

WordPress

WordPressとは、いわゆる CMS(content management system の略)と呼ばれるもので、文章や画像などの内容とデザインを一元管理できます。現在では、HTML で作られるサイトとシェアを二分するくらいの普及度です。

テンプレートのようなものを使うので、統一したデザインになります。別の見方をすると、すべてのページデザインがほぼ同一となってしまうことになりますが、その代わりに管理が非常に楽になるのも大きな特徴です。

※ 参考ページ

WordPressとは何か仕組みを説明しました。「最近よく聞くWordPressって一体何なの?」と疑問に思っている方は、ぜひご覧ください。WordPressについて仕組みだけでなく、何が優位で人気があるのかも説明しているからです。

お客様目線

お客様目線とは、お客さんの立場から物事を考えることを指します。具体的にいえば、自分が提供したいものではなく、お客さんが求めているものを提供するということです。これは「お客さんは自分の利益しか考えていない」というところからきているもので、当サイトの基本的な考え方です。

※ 参考ページ

ホームページ集客のコツについて、ニーズの重要性を説明しました。ホームページ集客のコツを知りたい方に適しています。ニーズに基づく集客の重要性だけでなく、それをどのように伝えるのかも説明しているからです。

キャッチコピー

キャッチコピーは、「目立つ言葉を短く表現すること」と思われている方が非常に多いでしょう。しかし、ホームページにおいては、お客さんに関心を持って文章を読んでもらうための存在です。したがって、論理的かつ巧妙に作るもので、ひらめきや思いつきで作るものではありません。

※ 参考ページ

ホームページのキャッチコピーについて、知っておくべき7点を説明しました。キャッチコピーの作り方について知りたい方に適した内容です。効果の高いキャッチコピーを作るにあたっての、重要なポイントを説明しているからです。

コンバージョン

コンバージョンとは、ホームページを見ているだけの状態から、実際にお申し込みやお問い合わせという行動に移ることを指します。当サイトで最も重視していることですが、最も難しいことでもあります。つまり、コンバージョン数を増やすことが、ホームページの最重要課題なんです。

※ 参考ページ

コンバージョン率(反応率)について説明しました。ホームページのコンバージョン率の意味や目安などについて知りたい方に適しています。意味や目安だけでなく、コンバージョン率を上げる方法についても説明したからです。

サイト

サイトとは、ホームページが蓄積されて、まとまっている状態を指しています。例えば、○○株式会社のサイトといった具合です。当サイトでもそのような表現で使っていますが、「ホームページ」と呼んでいただいても差し支えないような説明をしています。

Webマーケティング

Webマーケティングとは、検索ワードを収集し分析することで、どのような言葉がどれくらい検索されているかを調査するものです。つまり、このデータを利用すれば、ニーズが把握できるわけです。すると、お客様に対する訴求点も、同時に見えてきます。

したがって、どのようなページを作成すれば集客になるのかがわかります。したがって、Webマーケティングはホームページ作成において、絶対に欠かすことができないものであると言えます。

※ 参考ページ

ニーズ調査について、検索ワードを活用した最新手法を紹介しました。ニーズの把握に苦労されている方に適しています。従来の探し方では見つけにくいニーズを明確化できる、最も新しい手法について詳しく説明しているからです。

ベネフィット

ベネフィットとは、買った商品から得られる利益のことを指します。当サイトではお客様目線を重視していますが、それを具体化したものともいえます。商品説明と混同される場合が多いんですが、ベネフィットはお客さんの側にあるという点で大きく異なります。

※ 参考ページ

商品説明のコツについて魅力が伝わるベネフィットを説明しました。説明が苦手な方や、商品をもっと魅力的に伝えたいと思っている方に適した内容です。本当に伝わる説明の仕方が、集客にとってとても重要であることがわかります。

ホームページ

ホームページは本来の意味としてはトップページのことを指します。当サイトではより一般に使われている意味に近づけており、1ページ単位で説明する際にホームページという言葉を使って表現しています。サイトとセットで覚えていただくと理解しやすいと思います。

ランディングページ

ランディングページは、直訳すると着地ページということになるので最初に到達するページになりますが、集客の世界では「着地させたいページ」と考えてください。つまり、ここでいうランディングページは、コンバージョンを得るために準備された専用ページということになります。

ランディングページとはどのようなものか、詳しく説明しました。ランディングページ(LP)について知りたい方に適した内容となっています。ランディングページが確実に理解できるように、わかりやすく説明しているからです。

集客

集客とは、一般的にはお客さんを集めるという意味で使う言葉ですが、実際には『中する、特定のおさんに』と解釈してください。なぜなら、誰でも構わずに人を集めるだけでは、ビジネスにならないからです。つまり、特定の人に問題の解決策を提供するのが、商売なんですね。

なお、当サイトでは上記の意味から発展して、『コンバージョン』を得ることも指しています。したがって、当サイトで集客という言葉を見かけたら、「特定のお客さんに問題の解決策を提供して、コンバージョンを得ること」であると思ってください。

※ 参考ページ

まとめ

いかがでしたか?

ホームページ集客でよく使われる言葉の意味を解説しました。特に、当サイトでどのような意味合いで使っているのかを説明したので、各ページを見る際の助けになると思います。このページを利用して、スムーズに記事を読んでいただければ幸いです。

以上、「ホームページ集客の用語集」と題して説明しました。