集客の原理原則、わかりやすくまとめました!

集客の原理原則、わかりやすくまとめました!

集客原理原則を、わかりやすくまとめました。読者対象は、集客の原理原則や基本を知りたい初心者ですが、すでに集客に取り組んでおられる方にも適すると思います。集客の本質について、詳しく説明しているからです。

なぜ、集客の原理原則が重要なのか?

「集客の原理原則が知りたい」と感じて、あなたはこのページをご覧になっていると思います。確かに、集客の基本を理解していなければ、デタラメなことをやってしまって集客が難しくなることが予想されますよね。なので、原理原則を知るのはとても重要です。

ところで、あなたの集客に対するイメージはどのようなものでしょうか? おそらく、いろいろなテクニックの駆使を想像するのではないでしょうか。しかし、実際にはそれ以外の部分が大きく幅を利かせます。つまり、正しい考え方を理解しておく必要があるんですね。

そこで、集客の基本となる原理原則を知っていただけるように、まとめてお話ししましょう。

集客の原理原則を、7つのポイントにまとめました!

それでは、集客の基礎・原理原則を説明します。ポイントは7つありますので、何度でもしっかり目を通してください。

1.商売とは何か?

最初に「商売とは何か」を再確認します。なぜなら、そもそも商売に対する認識が間違っていると、集客に対する正しい理解に到達できないからです。ですので、商売をよくわかっていらっしゃる方にも、再確認の意味でご覧いただければ幸いです。

では、商売とは何かというと「人助け」だと言えるでしょう。一見するときれいごとのように聞こえるかもしれませんが、実際に商売は人助けになっています。例えば、誰かが困っていたとして、それを他人が解決して対価をもらったら商売ですよね。

つまり、人助けしたその代わりにお金をもらうことが『商売』と言えるでしょう。あなたも、自分ではどうすることもできない問題を解決するために、お金を払って物を買ったりサービスを受けたりしているはずですよね。このような行為が、商売であると考えられます。

参考ページ

ホームページでビジネスをするときの、知っておくべき基本を説明します。読者対象は、ホームページでビジネスを行う方です。ネットでビジネスをするときのポイントだけでなく、ビジネスの本質も分かりやすく解説しています。

2.集客とは何か?

では、集客とは何でしょうか。集客とは、先ほどの商売の中で『問題』に注目したものだと言えるでしょう。人は、何か問題が発生するとそれの解決のためにお金を払うわけですが、その問題がどこで解決できるのかを調べて探さなくてはいけません。

逆に言えば、問題を解決できる業者側が「その問題、うちなら解決できますよ!」と広く伝えられれば、自然と人(お客)が集まってくることになります。これが集客の基本なんですね。つまり、問題が解決することをアピールするのが、集客だと言えるでしょう。

これが集客の原理原則であり、このポイントに気づけるかどうかが集客の成否に大きく関わります。どうしても、「面白いこと」や「目立つこと」をやることに注目しがちですが、それは気づいてもらうための施策であって、集客の本質ではないんですね。

参考ページ

ネット集客とは何か、意味を説明します。読者対象は、ネット集客について初歩的なことから知りたい方です。ネット集客とは何か、基本的な意味だけでなく成功に導くためのポイントまで、分かりやすく説明しています。

集客を成功に導くためには?

ここまでの説明で、集客の原理原則がお分かり頂けたと思います。続いては、具体的に何をすれば集客を成功に導けるのか、お話ししましょう。

3.商品やサービスが、お客さんのためになっているか?

集客で重要なのは、問題解決が可能であることのアピールですが、その解決策である商品やサービスがズレていたのでは誰も見向きしません。例えば、「そばが食べたい」と言っている人にうどんを勧めても、食べてくれないですよね。これが問題のズレです。

当然ですが、提示する問題がズレていると集客になりません。お客さんは、自分の抱えている問題が解決することを望んでいるので、違う問題を示されたのでは何も感じないでしょう。だから、根本の部分でズレが生じると、致命的であると言わざるを得ないんですね。

もし、アピールがうまくいっているのに思ったほど集客できない時は、ズレがあると思って間違いないでしょう。あなたが売ろうとしているものが解決策として適切かどうか、お客さんの抱える問題とのズレを今一度点検してみてください。

参考ページ

しゃべる家電は誰のためにあるのか考えてみました。家電に興味のある方はもちろんのこと、集客に関係のある方にもお役にたちますよ。実はしゃべる家電の存在が、集客を考えるうえでとても重要なことを教えてくれるからなんです。

4.お客様に目が向いているか?

先ほど、問題のズレについてお話ししましたが、なぜそのようになるのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ズレが生じる理由についてお話ししますので、問題をうまく修正できない方はぜひ目を通してください。

なぜ問題がズレるのかというと、売る側の「売りたい!」という気持ちがじゃまをするからです。つまり、『お店が売りたいもの』と『お客がほしいもの』は、必ずしも一致しないということなんですね。実は、ここに気づいていない方がとても多いんですよ。

確かに、問題解決のアピールが重要なので、そこに注目することは大切です。しかし、自分が売りたいものがあると、お客さんが必要としているものがいつの間にか霞んで見えなくなってしまいます。結果的に、売りたいものと問題がいつの間にかすり替わってしまうんですね。

お客様に目が向いているかチェックしてみてください。とりあえず、自分がお客様の立場になって考えてみれば、見えるものがあると思います。

参考ページ

売りたい商品が売れない店長さんが、知っておくべき5点をお話ししました。せっかく仕入れた商品が売れずに、お困りの方に適した内容です。商品が売れない原因だけでなく、どうすれば売れるようになるのかを説明したからです。

5.商品やサービスの見せ方を工夫するには?

ここまでの説明で、問題を正確に把握してそれに対応した商品やサービスがあることをアピールするのが、重要であるとお分かり頂けたと思います。しかし、どのように表現すれば問題の解決策として伝わるかが、知りたいのではないでしょうか。そこで、工夫のポイントをご紹介します。

商品やサービスの見せ方のポイントは、ズバリ『ベネフィット』です。ベネフィットとは商品から得られる利益のことですが、これが極めて重要であることを知ってください。なぜなら、お客さんは商品がほしいのではなく、ベネフィットにお金を払っているからです。

つまり、お客さんが求めているベネフィットを見つけ出すと、そのまま見せ方になるわけです。例えば蕎麦で考えると、一番大事なのは『おいしい』ということですよね。「そば粉、食感、つゆ、店構え、場所」なども考えられますが、それらはおいしいの裏付けです。

このように、ベネフィットを訴えることで、商品を問題の解決策として示すことができますよ。

参考ページ

トヨタの強みを販売戦略の面から分析します。読者対象は、トヨタの強みを知りたい方ですが、営業職の方や経営者にも適した内容です。例示を使って強みを解説しただけでなく、集客への応用の仕方も詳しく説明しているからです。

6.お客さんの行動パターンや心理を読みましょう

ベネフィットを打ち出しても、それがちゃんと届かなくてはお客さんが動いてくれません。「動かざること山の如し」という言葉がありますが、お客さんを動かすのは簡単ではないんです。しかし、ウソのように簡単に動き出すときがあるのをご存知ですか?

それは『タイミング』が合った時です。例えば、おいしいお寿司が目の前にあっても、満腹の時は食べられませんよね(「寿司は別腹!」という方もいるでしょうが…)。しかし、おなかが空いていればいくらでも食べられてしまうのではないでしょうか。

つまり、お客さんの行動パターンや心理を読み取って、いつ欲しくなるのかを考えるわけです。そして、そこにタイミングを合わせてアピールすることで一気に売り抜くんですね。実は、商売上手と呼ばれる人は、皆一様にタイミングのつかみ方がうまいんです。

どんな商売でも、タイミングがありますのでそれを見つけてみてください。驚くほど集客が楽になりますよ。

参考ページ

プレミアムフライデーを販売に生かす、5つの戦略について説明しました。プレミアムフライデーを販売に生かして、売り上げを増やしたい方に適した内容です。どのような戦略を採ればよいのか、具体的に説明しているからです。

7.アピールを第一に考える

集客では、内容の充実より真っ先にアピールすることを考えてください。なぜなら、誰かに伝えなければ売れるものも売れないからです。誰も知らないものが売れるわけがないのは、お分かり頂けますよね。だから、まずは知ってもらうことが第一なんです。

ところが、良いものを用意すれば売れると思っている方が、驚くほど多いんですよ。どんなに良いものであっても、誰も知らないものが売れるはずがありません。逆に、特別良いものでなくても、巧みな説明によって売り抜くことは可能です。

つまり、商品の良さをどれだけ丁寧に説明して、しっかりと伝えるかがとても重要なんです。もちろん良いものが用意できればそれに越したことはありませんが、その良さが伝わらないのでは意味がないんですよ。だからこそ、アピールを第一に考えてほしいんですね。

もちろん、アピールするのは『ベネフィット』ですので忘れないでください。

まとめ

いかがでしたか?

集客そのものをご理解いただきたくて、本質をご紹介しました。商売の基本からまとめましたので、原理原則がなんとなくでも理解できたのではないでしょうか。知るべきことは、テクニックではないことがお分かり頂ければ、それだけでも十分な成果だと思います。

大事なことは、お客さんが興味を持つものである「問題」をしっかりと示すことです。そして、その解決策として商品やサービスをアピールすることが、集客になるのです。このような基本がなければテクニックを駆使しても効果がないことは、すでにお気づきでしょう。

一言で言いかえると、「ニーズに沿った商売をすること」が集客の原理原則です。つまり、いかにしてニーズをつかむかが最も大切であり、お客さんを理解するということなんですね。

以上、「集客の原理原則、わかりやすくまとめました!」と題して説明しました。

「今すぐ問い合わせが増えないだろうか…」とお悩みの方、ぜひご相談ください。

集客アップのアドバイスをいたします

ご存知ですか? デザインが良いホームページを作っても集客できないことを。実は、訴求点や集客戦略といった、目に見えにくい部分を作りこまないとうまくいかないんです。ウェブソルブでは、集客対策のお手伝いをしています。

無料相談

(ご相談は無料ですが、アドバイスには別途費用が必要です。)

こちらのページはもう読まれましたか?

ホームページ集客の最も重要なポイントが分かる必読ページです。まだお読みでない方は、ぜひ目を通してください(絶対オススメです!)。

ホームページ集客できない理由と対策を解説しました。成果があがらずお困りの方は必ず目を通してください。何をすべきか、外してはいけない極めて重要なポイントを、初心者の方にも分かりやすく説明しているからです。